伊伏 康典 弁護士

( 目黒・白金法律事務所 )

  • 初回の面談相談料無料
  • 着手金0円プランあり
  • 完全成功報酬プランあり
  • 住所
    東京都港区白金台3-19-3アイテクノビル6階
  • 対応地域
    茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 静岡県

現在営業時間外

営業時間
10:00〜21:00
備考:事前予約で夜間・休日対応可能です

得意分野

取扱分野:相続

【初回面談なら30分無料】【まずは電話5分でご予約を】【目黒駅徒歩5分】相続トラブルは当事務所へお任せください

このようなお悩みはございませんか?

  • 故人の遺産に不動産が含まれており、兄弟でどのように分ければよいかわからない
  • 相続人の中で1人だけが話し合いに応じてくれず、話がまとまらない
  • 実家をめぐり、売るか住むかでもめている
  • 遺言書が見つかり、不公平な内容になっているため納得できない
  • 家族が自分の死後もめないよう、法的に適切な遺言書を作りたい
  • 財産の中に借金が含まれるため相続権を放棄することを検討している
  • 故人が経営者で、借金の連帯保証人になっていたため今後の処理が不安…

このような相続に関わるお悩みは、ぜひ当事務所へご相談ください。
 

弁護士 伊伏が選ばれる理由

【初回面談相談30分無料】お気軽にご予約ください

弁護士 伊伏は、初回の面談相談を無料でお受けしております。

事務所は、目黒駅東口徒歩5分のアクセスの良い場所にあります。

営業時間外であっても、可能な限り対応できるよう務めておりますので、まずはお気軽にご予約ください。
 

豊富な経験と実績

弁護士 伊伏は、これまで多くの相続トラブルを解決に導いてきた実績がございます。

また、「遺産分割実務マニュアル」(第3版 ぎょうせい 共著)や「遺言書・遺産分割協議書等条項例集」(新日本法規出版 共著),「どの段階で何をする?業務の流れでわかる! 遺言執行業務」(第一法規・共著)の執筆に携わるなど,専門性を高めるために日々研鑽を積んでいます。

ご依頼者様の経済的利益はもちろん、真に納得のできる解決案を考えご提案いたしますので、まずはあなたの抱えているお悩みをお聞かせください。

※これまでの実績の詳細については、「解決事例」のページをご確認ください。

実績紹介

【役職・活動】

東京弁護士会法律相談員(一般、家事など)
日弁連交通事故相談センター東京支部交通事故相談担当
東京弁護士会消費者問題特別委員会 委員(2015,2016年度)
中央大学法科大学院 実務講師(2015年4月~2017年3月)
中央大学法務研修運営委員会特別部会修習生指導共同部会長(2016年度)
NPO法人 遺言・相続リーガルネットワーク 会員

【著書・執筆】

事業再生と債権管理(2014年1月5日号 金財 共著)
遺産分割実務マニュアル(第3版 ぎょうせい 共著)
遺言書・遺産分割協議書等条項例集(新日本法規出版 共著)
証拠収集実務マニュアル(第3版 ぎょうせい 共著)
民事弁護ガイドブック(第2版 ぎょうせい 共著)

相続の弁護士費用

下記に掲載中の弁護士費用は2020年07月08日現在のものです。実際の依頼時にどれくらいの費用がかかるかについては直接弁護士にご確認ください。

初回相談料

30分無料

着手金

20万円〜

事案によって異なりますので、柔軟に対応させていただきます。
面談時にお見積りを作成いたしますので、お声掛けください。

報酬金

経済的利益の額によって算出いたします。

300万円以下の場合…16%
300万円を超え3000万円以下の場合…10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合…6%+138万円
3億円を超える場合…4%+738万円

日当(弁護士が外部に赴いた場合) 3万円~

事案によって異なりますので、柔軟に対応させていただきます。
面談時にお見積りを作成いたしますので、お声掛けください。

相続の解決事例

  • 実家の土地建物の遺産分割の交渉を成立させた事例

    依頼前の状況

    ご依頼者様は、亡くなったお母様の相続について、法定相続人である兄弟姉妹間での遺産分割協議をしようとされました。

    しかし実家で母親と同居していた兄弟の一人が、母親名義の実家の土地建物を「自分のものである」と主張して遺産分割協議に応じてくれず、ご依頼者を含めた他の兄弟姉妹は困り果てていました。

    依頼後の結果

    ご依頼後、弁護士は遺産分割協議に応じてくれない兄弟を相手方とし、家庭裁判所へ遺産分割調停を申立て相続分に従った遺産分割を求めましたが、相手方は家庭裁判所の説得にも応じませんでした。

    そこで弁護士は、家庭裁判所の審判に基づき、実家の土地建物を競売した結果、相続分に応じて分割された売却代金をご依頼者様が取得することができました。

    【弁護士からのコメント】
    遺産分割は、裁判前の交渉と裁判所での調停により解決できることが多いですが、本件は相手方が調停による解決に応じてくれなかったため、家庭裁判所での審判へ移行し、審判に基づき競売をした上で、売却代金を相続人で分割するという解決となりました。

    遺産分割手続で競売となることは珍しいですが、このように話し合いに応じてくれない相続人がいらっしゃる事件にも対応可能です。

  • 相続人の一人に主張された寄与分を大幅に減額できた事例

    依頼前の状況

    ご依頼者様は、実母の相続について、法定相続人である兄弟間での遺産分割の協議を求めました。

    すると兄弟の一人が、「実母の介護を長年していたこと」や「実母の稼業を手伝っていたこと」を理由に、「他の兄弟よりも多くの財産を相続できるはずである」と主張(いわゆる寄与分の主張)したため、遺産分割協議がまとまらず、困り果てていました。

    依頼後の結果

    ご依頼後弁護士は、家庭裁判所での遺産分割調停手続の中で、介護を受けていた当時の実母の病状や入通院歴などを医療記録などに基づいて主張立証しました。

    また弁護士は、実母の稼業の経営状況や兄弟へ給与の支給額などを税務申告書類などに基づいて主張立証しました。

    その結果、相手方の主張していた寄与分は大幅に減額となりました。

    【弁護士からのコメント】
     寄与分の主張は、被相続人の生存当時の介護や稼業などの状況を明らかにするため、適切な証拠を収集し、丁寧に主張していくことが必要です。

    どのような証拠があり得るか、証拠に基づきどのように主張をするかなど、常に適切な主張立証を心がけ、ご依頼者の方にとっての最善の解決を目指しております。

伊伏康典弁護士に問い合わせする
電話での問合わせはこちら

050-5384-0285

営業時間

10:00〜21:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日)

定休日

年中無休

備考

事前予約で夜間・休日対応可能です

問い合わせはコチラへ

まずはお気軽にお問い合せください

只今の時間は営業時間外です

050-5384-0285

当事務所は本ページに掲載中の弁護士のほか、複数の弁護士が在籍しており、お問い合わせには所属の弁護士が対応する場合がございます

対応体制

  • 全国へ出張可能
  • 当日相談可能
  • 土曜日の相談可能
  • 日曜・祝日の相談可能
  • 女性スタッフ在籍中
  • 24時間面接予約受付
  • 初回の面談相談料無料
  • 着手金0円プランあり
  • 分割払い対応可能
  • 後払い対応可能
  • 完全成功報酬プランあり