黒井 新 弁護士

( 諏訪坂法律事務所 )

  • 初回の面談相談料無料
  • 住所
    東京都千代田区平河町2-4-5平河町Kビル7階
  • 最寄駅
    有楽町線 麹町駅 南北線 永田町駅 半蔵門線 半蔵門駅 半蔵門線・有楽町線 永田町駅
  • 対応地域
    茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

現在営業時間外

営業時間
09:30〜17:30

得意分野

取扱分野:不動産トラブル

《不動産オーナー様》不動産が絡む問題は、解決手段を選択する際に豊富な知識に基づく判断が必要です。経験豊富な当事務所へご相談ください!

ご相談は初回無料のご面談から、有料お電話やオンライン面談までご用意!

1:【初回無料】ご面談をご希望の方|初回面談30分無料

 


“あなたの弁護士”からご予約いただいた方の面談料は初回30分無料(※土日除く)です。

一つ一つの手続きが、多様な知識が必要とされる不動産トラブル。

弁護士 黒井は弁護士歴15年以上、不動産に関して知見があり多くの土地問題を解決へ導いた実績を有しております。

ご面談ですと、気軽さに欠けてしまうかもしれませんが、資料を拝見しながら、具体的な解決策のご提案がしやすく、認識の違いや漏れも抑えることができます。

まずはお電話かメールにて、ご希望の面談日時をお伝えください。
 

2:【有料】利便性の高いお電話相談・オンライン面談


当事務所では、『新型コロナウィルス』への対策も考慮して、有料のお電話相談、オンライン面談にも対応可能です。

●有料のお電話相談か、zoomやGoogleMeetを使用したオンライン面談が可能
いずれも30分5,000円(税別)です。

※カード決済にも対応しており、便利です。ご予約日にすぐお電話・オンライン面談でご相談いただけます。

また、事務所でも、アクリル板・除菌スプレーの設置、マスクの着用や、換気を行っていますので、安心してお越しください。
 

このような不動産トラブル、お任せください。

不動産オーナー・管理会社のみなさま

  • 賃料・家賃を滞納されている/明け渡しも一緒に請求したい
  • 退出した部屋の傷みがひどく、修繕費を払ってほしい
  • 騒音などの迷惑行為が多く、他の住民から苦情が出ている
  • 契約人以外が住んでいるようなので、契約解除したい
  • 設備を改善したので、賃料を値上げしたい  など

不動産が絡む相続問題

  • 残された相続財産に不動産が含まれている
  • 不動産の分割方法で揉めている
  • 不動産を相続されたが、何から始めたらよいかわからない など
     

顧問契約は月額3万円~!】顧問契約についてもお気軽にご相談ください

長期的なサポートをご希望の場合には、顧問契約のご案内もいたしております。

主な顧問先としては、不動産や機械メーカー、またこれまで多く医療事故に携わってきた豊富な知識と実績を活かし、医療・介護業界なども対応可能です。

業界に関わらず、幅広いご相談をお受けいたしております。

個人の顧問契約

月3万円

企業の顧問契約

月5万円

なお、顧問料につきましては、提供させていただくサービスと事業規模に応じ、柔軟に対応しております。

御社に合ったリーガルサービスを行ってまいりますので、まずは面談相談をご検討ください。

不動産トラブルの弁護士費用

下記に掲載中の弁護士費用は2020年07月16日現在のものです。実際の依頼時にどれくらいの費用がかかるかについては直接弁護士にご確認ください。

初回相談料

初回30分無料(“あなたの弁護士”からご予約いただいた方)

通常、30分5000円(税別)

着手金

20万円~(税別)

報酬金

300万円以下の場合 16%
300万円を超え3000万円以下の場合 10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合 6%+138万円
3億円を超える場合 4%+738万円
顧問料:個人事業主の方:月額3万円
企業・法人の方:月額5万円

顧問料

個人事業主の方:月額3万円
企業・法人の方:月額5万円

不動産トラブルの解決事例

  • 所有しているビルで賃料不払いが発生している

    女性 60代

    依頼前の状況

    所有していた賃貸ビルの一つのテナントで長期的な賃料不払いが生じていました。

    依頼後の結果

    受任後、内容証明郵便を賃借人に発送して賃料の支払いを催促しましたが対応が無く、裁判所に建物明け渡し請求訴訟を提起しました。
    明け渡しを命じる判決が出たもののなおも任意の明け渡しに応じなかったため、強制執行を申し立てたところ、具体的な執行前に自主的に退去していきました。

    《コメント》
    長期間の賃料不払いなど、明確な契約解除条件が整っていれば、裁判そのものは長引かずに終了(明け渡しを命じる判決)することが多いですので、早めに弁護士に相談することが大切です。

  • 断続的な賃料不払いが生じている

    男性 70代以上

    依頼前の状況

    賃貸していたマンションで、断続的な賃料不払いが生じていました。
    未払賃料の請求をすると、全額には足りない賃料が支払われ、また翌月も一部しか支払われないなどの状況が続いていました。

    依頼後の結果

    受任をして、賃料支払いを催促するとともに、支払わなければ明け渡しを求める旨の内容証明郵便を送付したところ、未払賃料全額が支払われました。

    《コメント》
    その場しのぎの賃料支払いがあると、つい解決を先延ばししてしまう賃貸人の方が多いのも現実です。早めに弁護士に相談いただき、根本的な解決に結びつけて欲しいと思います。

黒井新弁護士に問い合わせする
電話での問合わせはこちら

050-5267-7518

営業時間

09:30〜17:30(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜)

定休日

土曜/日曜/祝日

問い合わせはコチラへ

まずはお気軽にお問い合せください

只今の時間は営業時間外です

050-5267-7518

当事務所は本ページに掲載中の弁護士のほか、複数の弁護士が在籍しており、お問い合わせには所属の弁護士が対応する場合がございます

対応体制

  • 当日相談可能
  • 女性スタッフ在籍中
  • 24時間面接予約受付
  • 初回の面談相談料無料
  • 分割払い対応可能
  • 後払い対応可能
  • カード払い可能