遺産相続

2018年05月13日

祖父の遺産相続の争いです。

私の父が他界したので私と私の兄で遺留分請求を叔父にしたのですが応じてくれないので弁護士を探して遺留分を相続したいです。

叔父は、45年前に私の父が祖父に土地購入(約100坪)のお金の一部をを無心したことにこだわっています。母の話だとそのお金は祖父に借りていたもので、すぐに完済したそうですが、証拠がありません。ですが借りた証拠もありません。

この場合、生前贈与とみなすと相手が主張したらどうなりますか?遺留分をすでに貰ったことになってしまいますか?

叔父は祖父に公正証書を作らせていました(全てを叔父に相続する内容)。財産は不動産価値役2800万と、祖父名義の預貯金は提示してくれていません。

弁護士の回答一覧

  • 回答弁護士中尾田 隆
    対応地域茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

    ご質問について

    以前に十分な贈与を受けていた場合は、遺留分は侵害されていないと判断される場合はあります。

    遺留分などの計算は難しく、また相続等を知ってから1年以内に請求する必要があるため(民法1042条)、最寄りの弁護士に相談されることが良いでしょう。

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    050-3519-2934

    営業時間:10:00〜17:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜)
    定休日:土曜/日曜/祝日

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間外です。
    メールでのお問い合わせをオススメします。

  • 回答弁護士島津 守
    対応地域茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 長野県 静岡県

    遺留分の制度は、被相続人の方が所有していた相続財産の一定割合を一定の法定相続人に承継させる制度です。そして、遺留分の額を計算するにあたり、相続人に生前贈与がなされたいた場合には、その贈与が相続開始より相当以前にされた場合でも、基本的には遺留分減殺の対象となるとするのが判例の立場です。
    お尋ねの生前贈与が遺留分減殺請求にどのように影響するのか、今後の遺留分減殺請求のタイミング(1年の時効があります)も含めて関係資料をご持参のうえ、一度専門家にご相談されてみてはいかがでしょうか。

Prevent banner

Q&Aを探す

この質問に関連するQ&A

  • 相続人に異母兄弟がおり、その遺留分はどうなるのでしょうか。相談日:2014年01月17日

    父の現妻の子です。連れ子ではありません。

    父が前妻の子には相続させないと言っており遺言を書きました。ただ、色々調べていくなかで遺留分という存在を知り、通常は法定相続分の二分の一だと思うのですが、異母兄弟の場合も違わないのでしょうか。

    ちなみに...

    弁護士回答数 /3回答
    質問を見る
  • 寄与分と遺留分について相談日:2018年07月24日

    母が亡くなり、相続人は兄と私の二人です。

    母は生前、要介護1で、兄とは今も絶縁状態です。
    約25年私が母の身の回りの世話をし、その後兄が5年間母を引き取ったのですが、その5年の間に公証役場にて全財産を兄に相続させる、との遺言書を作成しておりました...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺言公正証書の効力相談日:2016年04月27日

    叔母が亡くなりました。相続人は甥姪の6人です。甥のkが叔母を生前に誘導して弁護士税理士を証人にして相続分を半分受ける公正証書遺言を作成しました。他の甥姪には遺留分の権利もなく、このまま受けるしかないのでしょうか。

    弁護士回答数 /3回答
    質問を見る
  • 遺留分の時効について相談日:2014年04月04日

    相続が発生した事をしってから1年というのが時効だと思いますが
    例えば内容証明を送ったとして、その後の時効などはあるのでしょうか。
    折り合いが付かず、延々とお互いの主張を曲げないとなると最悪、裁判でということになるのでしょうか。

    弁護士回答数 /4回答
    質問を見る
  • 相続で生前贈与されたものは遺留分の対象となるか相談日:2014年01月23日

    相続人は私と妹。母は父がなくなる2年前に他界しています。

    父と私は諸般の事情で疎遠になっており、ここ五年間連絡を取っていませんでした。妹幼少時からは父にとても可愛がられていました。今回、父が亡くなったことで判明したのですが遺産のほとんどが妹への生前...

    弁護士回答数 /3回答
    質問を見る

相続問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す