遺留分と法定果実

2017年01月08日

去年1月に父が死に 土地と建物、その他全ての財産を母にという遺言書があり 5月検認をしました。5月に父が亡くなったのを知ったので7月に遺留分請求しました。相続人は母、姉と私、妹の4人です。

母曰く土地とアパート総額約5000万以外財産はないとのことでした。アパートに母が住んでいます。家賃収入は約30万です

調べた所 遺言書を作成から死亡までの2年間に預金を50万以上ずつ引き出していました。(合計約2000万)病院代 葬式代 生活費以外でです。それ以前では 大きな金額引き出しはありませんでした。妹と私は両親から嫌われています。母にあげる=姉と言ってもいいかもしれないのですが そういったこともあり 姉にも残してはいません。

遺留分の時に その2年間の引き出し分と 死んでからの家賃収入の遺留分?法定相続分?も請求しました

母に内容証明を出した後 母の弁護士から 土地とアパート以外の遺留分以外 私や妹がもらえる分はなく 他の弁護士さんへいかれても そう言われるとの内容証明が来ました

そこで質問です。
①検認する前の遺言書で 死亡後に預金を下ろしたり 名義変更は可能なのか?私と妹が死亡を知る前の 父の死亡次の日にも500万円引き出しされてました。(2000万円以外で)この500万はどう請求すれば良いでしょうか?

②いろいろ相談してみると 死亡した1月からとか 死亡をしった5月からとか 遺留分請求後からとか 次期はいろいろ弁護士さんでも言われたのですが 実際遺留分が支払われるまでの家賃収入は いつから請求になりますか?遺言書がある為 家賃収入は全て母という弁護士さんもいました。

③調停申込は私と妹で共同で申立は可能ですか?またその時は2人で一緒に弁護士さん?もしくは母と話をするのですか?

④調停時に私と妹で弁護士さんに依頼する場合は いくらくらいを見ていれば良いでしょうか?

よろしくお願いします

弁護士の回答一覧

  • 回答弁護士橘高 和芳

    遺留分について

     ①の死亡の翌日に出金されている点ですが、遺留分減殺の請求は相続開始時(死亡時)の財産が原則となりますので、出金前の財産額より請求することになります。
     ②遺留分減殺請求の遡及効の問題を意識されていると思いますが、民法1036条より請求以後の賃料を請求することになります。
     ③共同申し立ては可能です。調停室に、申立人と相手方(母)と交互に入ってお互いの主張立証をすることになります。ただし、弁護士を選任する予定の場合には、地裁へ裁判提訴したほうがよいことが多いです。
     ④これは、弁護士によってバラバラですので、いろいろな弁護士に相談、またはHPをご覧になったほうがよいでしょう。

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    050-3519-1970

    定休日:月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間外です。
    メールでのお問い合わせをオススメします。

  • 回答弁護士中村 洸士

    回答

    ①検認する前の遺言書で 死亡後に預金を下ろしたり 名義変更は可能なのか?私と妹が死亡を知る前の 父の死亡次の日にも500万円引き出しされてました。(2000万円以外で)この500万はどう請求すれば良いでしょうか?

     → もし、金融機関がお父様の他界を知っていたのであれば、口座は凍結するはずですので、検認前の遺言書で預金の引出しには応じてくれないでしょう。金融機関に他界の事実を伝えることなく、勝手に引き出したと思われます。他界後に引き出されていたとしても、遺産であることは間違いないので、遺留分減殺請求で請求します。内容証明に記載されている内容はその点で間違っている可能性があります。

    ②いろいろ相談してみると 死亡した1月からとか 死亡をしった5月からとか 遺留分請求後からとか 次期はいろいろ弁護士さんでも言われたのですが 実際遺留分が支払われるまでの家賃収入は いつから請求になりますか?遺言書がある為 家賃収入は全て母という弁護士さんもいました。

     →家賃収入は、遺留分減殺を行った日以後の家賃が、遺留分割合に応じて相談者のものとなります。つまり7月以降の家賃収入のうち、約12分の1が相談者のものとなります。民法1036条には「減殺の請求があった日以後の果実を返還しなければならない。」と規定されており、ここでいう「果実」とは賃料収入等のことを言います。弁護士でもこの条文を知っている人は少ないように感じます。

    ③調停申込は私と妹で共同で申立は可能ですか?またその時は2人で一緒に弁護士さん?もしくは母と話をするのですか?

     →調停申立ては、2人共同でも可能ですし、別々でも可能です。2人で1人の弁護士に依頼することも可能ですし、別々の弁護士に依頼することも可能です。2人が一体となって母親の弁護士と交渉することもできますし、2人が別々に母親の弁護士と交渉することもできます。ただ、共同で請求する方が進行はスムーズでしょう。

    ④調停時に私と妹で弁護士さんに依頼する場合は いくらくらいを見ていれば良いでしょうか?

     →事務所ごと、弁護士ごとに異なります。回収見込額に応じて着手金の設定をするところもあれば、それとは別に設定するところもあります。基本的には、事件着手の段階で着手金を、回収できた場合に報酬金を、という2段階の設定になっています。一度ご相談に行って、弁護士から見積もりを貰う方がよいでしょう。
     

この質問に関連するQ&A

  • 遺留分減殺請求の時効相談日:2014年02月04日

    親兄弟と長い間疎遠で、ついこの間両親が亡くなっているのを知りました。遺産の分割を求めたのですが遺言で相続はさせないとの記載があるようなので遺留分減殺請求をしようと思うのですが、期限などはあるのでしょうか?
    また、書式などはどのようにすればよいのでしょう...

    弁護士回答数 /3回答
    質問を見る
  • 遺留分の減額相談日:2013年10月23日

    両親が死別し、相続を行う必要があるのですが
    長男に一切、遺産を分け与えたくありません。

    両親の介護を一切せず、亡くなる時も見舞いにすら来ませんでした。
    遺言書にて長男に相続をさせないことは両親が書いておりましたが
    遺留分減殺請求というものの存...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 遺留分請求時の税金について相談日:2016年11月02日

    相続人からの質問です。

    相続税が3億円の場合に配偶者1人、子3人の場合、
     配偶者1億5千万
     子 各5千万円
    が、通常の税金の配分となると思いますが財産がすべて株式、かつ遺言で跡継ぎとなる子1人に対してすべての株が行くとなっていた場合、その...

    弁護士回答数 /2回答
    質問を見る
  • 相続財産、30年前 贈与された土地相談日:2017年11月21日

    私は長男で亡き母の公正証書にての遺言で「すべてを長男に譲る」と書いてあります(今年母死亡、父は故人)
    他兄弟2人いますが2人は30年前に土地の贈与を受けています。
    遺留分の請求を受けていますが、その土地価格は遺留分を上回っていると考えられます 裁判に...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 相続の排除はできるのか?相談日:2014年07月17日

    私には、妻と2人の息子がいます。
    息子の両方は大学を出ており、次男は大学卒業後銀行に勤め、結婚もし落ち着いた生活をしているのですが、問題は長男の方で、大学を中退したにもかかわらず、5年たっても定職に就かず、私から生活費を取ってはギャンブルや風俗通いなど...

    弁護士回答数 /3回答
    質問を見る

相続問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す