死亡後の預金引き出し

相続
遺留分

父が死に 母と姉と私がいます。死ぬ一年前、遺言書を作成後から50万以上ずつ だいたい1ヶ月おきくらいに引き出しています。入院費とかではありません。

さらになくなった日と次の日に300万ほど引き出しています。

このなくなった日と次の日の文について質問です。死亡前までのは 4分の1の遺留分として請求しようと思っているのですが 死亡日と次の日の分は 特別受益となりますか?それとも不当利得になりますか?またこの2日間の分だけを法定相続分で請求するのは難しいですよね。。やはり遺留分でしょうか。

よろしくお願いします

相談者(ID:)さん

2016年10月19日

弁護士の回答一覧

橘高 和芳
弁護士(たちばな総合法律事務所)

 遺留分の対象は、特別受益と相続開始時(死亡時)の相続財産となります。そのため、死亡した日以降...

 遺留分の対象は、特別受益と相続開始時(死亡時)の相続財産となります。そのため、死亡した日以降に出金しても遺留分の金額の計算結果に影響はありません。ご質問者様のお考えのとおり、遺留分として請求することになります。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
橘高 和芳
弁護士(たちばな総合法律事務所)
住所大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26上六光陽ビル2階
対応地域

注力分野
この弁護士の詳細を見る
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

遺産分割の関係では、前後の引き出しは不当利得だと言われています。遺留分との関係でも不当利得法理...

遺産分割の関係では、前後の引き出しは不当利得だと言われています。遺留分との関係でも不当利得法理で通用するかは理論的に難しい面もあるかもしれません。とりあえずは調停を申し立ててその中で解決を図ってみることは可能かもしれません。解決できない場合、不当利得法理と整合させるには、それぞれの遺産(あるいは不当利得分)について遺留分割合で請求する、と言うことになりそうです。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

遺留分の計算

現在の夫には前妻がおり、その前妻と夫に間には子供が一人だけいます。この場合、後歳である私の遺留分は法定相続分の2分1になるのでしょうか。

1
1
相談日:2013年09月17日
遺留分と法定果実

去年1月に父が死に 土地と建物、その他全ての財産を母にという遺言書があり 5月検認をしました。5月に父が亡くなったのを知ったので7月に遺留分請求しました。相続人は母、姉と私、妹の4人です。

母曰く土地とアパート総額約5000万以外財産はないとのこと...

2
4
相談日:2017年01月08日
被相続人が連帯保証人の場合の遺留分減殺請求

A・被相続人
B・被相続人の親族、Aの養子になる
C・Bの親、同族会社の代表取締役
D・Aの配偶者
E・Aの実子

Aは所有する土地を無償でC代表取締役の会社に貸していた

AはBを養子にし、公正証書の遺言を作成し、その土地のみ
をBに...

2
0
相談日:2016年04月15日
相続人に異母兄弟がおり、その遺留分はどうなるのでしょうか。

父の現妻の子です。連れ子ではありません。

父が前妻の子には相続させないと言っており遺言を書きました。ただ、色々調べていくなかで遺留分という存在を知り、通常は法定相続分の二分の一だと思うのですが、異母兄弟の場合も違わないのでしょうか。

ちなみに...

3
0
相談日:2014年01月17日
生前贈与が行われていた場合の遺留分について


相続人が私含め3人いるのですが、私以外の2人が生前贈与を受けていることが判明しました。
遺言は公正証書で私には相続させないとの記載があります。
遺留分を計算するときは生前贈与を含めて遺産総額を出すのでしょうか。
それとも生前贈与された金額は除い...

3
0
相談日:2014年03月13日
所有者が異なる建物が建つ土地への遺留分減殺請求訴訟

遺留分減殺請求訴訟を予定しています。計算上、被告が相続した土地に請求可能です。ただ、その土地内に被告の息子が居住し、登記もしています。
裁判で請求権が認められた場合、息子にどのような影響が有りますか?

通行権などは、認めないといけないのでしょうか?

2
0
相談日:2016年07月21日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る