相続財産の権限

2016年04月20日

相続財産の権限
家内の両親は現在、健康ではありますが、いずれも高齢で両親ともに介護認定を受けています。そこで、何時、家内に相続が発生するか判りませんので、相続財産の権限についてご質問いたします。
実は、家内の両親の内、母親は再婚のため、家内と母親の関係に血縁関係はありません。また、家内の兄弟2人はいずれも亡くなり、現在、両親の子供は家内が一人残っています。母親が死亡した場合は、母親と家内が血縁関係がないため、相続時のトラブルの事を考え、家内を母親の養子にしたいと考えています(母親の了承済み)が、相続の際、借金の有無以外で問題となることはありませんか。
なお、この場合、家内の苗字を変更しなくてもよいのでしょうか
お忙しいところ、申し訳ございませんが教えていただけないでしょうか

弁護士の回答一覧

  • 回答弁護士橘高 和芳

    養子縁組について

     養子縁組では、相続時の借金の有無以外で、よく問題となる点については、①養子縁組が可能な認知レ... 養子縁組では、相続時の借金の有無以外で、よく問題となる点については、①養子縁組が可能な認知レベルであったか否か、②扶助義務(生活の面倒を見る義務)の程度があると思われます。ご質問者様の質問内容からすると、お母様に相続人がいるかわかりませんが、養子縁組は、相続対策として有効と思われます(他にも遺言作成などの方法もあり得ます)。  また、養子縁組の際に奥さまの姓の変更が必要か否かですが、民法810条ただし書により、戸籍の筆頭者の配偶者が養子となる場合には姓を変更しなくてよいとされています。ご質問者様が戸籍の筆頭者の場合には、奥さまは養子となっても姓の変更は不要となります。弁護士回答の続きを読む

  • 回答弁護士渋谷 徹
    対応地域全国

    相続財産の権限

    血縁関係がないのであれば養子縁組は検討に値すると思われます。養子縁組の場合、夫婦でと言う必要瀬...血縁関係がないのであれば養子縁組は検討に値すると思われます。養子縁組の場合、夫婦でと言う必要瀬などもあるので、他相続人の有無も勘案して、弁護士に一度相談したほうがいいかと思います。弁護士回答の続きを読む

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    050-3519-4309

    営業時間:09:30〜17:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜)
    定休日:土曜/日曜/祝日

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間外です。
    メールでのお問い合わせをオススメします。

  • 回答弁護士篠原 優太

    本件で起こりうる問題

    1 相続の際、借金の有無以外で問題となることはありませんか。   本件の場合,お母様が介護認...1 相続の際、借金の有無以外で問題となることはありませんか。   本件の場合,お母様が介護認定を受けているようですので,意思能力の有無が争われるリスクが有ります。   認知症などがない場合,養子縁組届けをお役所で記入されてはいかがでしょうか。その時の記録をとっておけば,意思能力の点について争われても,証拠になります。   また,公正証書遺言を作成することもおすすめします。公正証書遺言は,公証人介入の元作成されるので,同じ時期に作成されれば,意思能力があった1つの証拠になりえます(もちろんお母様が公証人と合う必要がありますが)。 2 なお、この場合、家内の苗字を変更しなくてもよいのでしょうか   民法810条は「養子は、養親の氏を称する。ただし、婚姻によって氏を改めた者については、婚姻の際に定めた氏を称すべき間は、この限りでない。」と規定されております。  相談者様の奥様が婚姻の際に名前を変えているならば,養子に入ったとしても変える必要はございません。弁護士回答の続きを読む

  • 回答弁護士白木 智巳
    対応地域大阪府

    養子縁組

    ご両親が健康であれば(認知症がない、もしくは軽度)、基本的に養子で問題はなく、氏の変更もいりま...ご両親が健康であれば(認知症がない、もしくは軽度)、基本的に養子で問題はなく、氏の変更もいりません。ただ、遺産の額や後妻さんの現時点での相続人の有無等がわからないので何とも言えませんが、後妻さんの相続発生時の財産が多額で、お父さんと結婚する前に子供がおらず、たくさん兄弟又は代襲相続人がいるような場合、奥さんを養子にせずに遺言書を作成して全部相続させた方が、相続税の基礎控除額が多くなり、相続税の納付額がかなり低くなることもあります。税金についてもご留意ください。弁護士回答の続きを読む

  • 回答弁護士西田 広一
    対応地域愛知県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県

    相続財産の権限

    家内の両親は現在、健康ではありますが、いずれも高齢で両親ともに介護認定を受けています。そこで、...家内の両親は現在、健康ではありますが、いずれも高齢で両親ともに介護認定を受けています。そこで、何時、家内に相続が発生するか判りませんので、相続財産の権限についてご質問いたします。 実は、家内の両親の内、母親は再婚のため、家内と母親の関係に血縁関係はありません。また、家内の兄弟2人はいずれも亡くなり、現在、両親の子供は家内が一人残っています。母親が死亡した場合は、母親と家内が血縁関係がないため、相続時のトラブルの事を考え、家内を母親の養子にしたいと考えています(母親の了承済み)が、相続の際、借金の有無以外で問題となることはありませんか。  亡くなったご兄弟のお子さんなども相続人となります。奥さんが遺産全てを相続したいという場合、遺言をして貰うのがよいでしょう。債務については、遺言に関係なく可分債務として債権者との関係では法定相続分に応じて債務負担してしまいます。変更したいなら、遺言内容や予め合意書の検討、作成を検討して下さい。 なお、この場合、家内の苗字を変更しなくてもよいのでしょうか  戸籍の筆頭者の配偶者(婚姻により氏を改めている者)が養子となる場合には、養子の戸籍に変動はなく、身分事項欄に縁組をしたことが記載されるだけです。この場合、養子の氏(苗字)と養親の氏は、異なるものになります(民法810条ただし書)。たとえば、婚姻により夫の氏(苗字A)を称している妻(苗字B→A)が、実父(苗字B)の後妻(苗字B)と養子縁組をした場合、養子の戸籍に変動はありませんので、養子の氏にも変動はなく、養子と養親の苗字が異なることとなります(養親である後妻の苗字はB、養子は苗字Aのまま)。民法810条は、「子は、養親の氏を称する。ただし、婚姻によって氏を改めた者については、婚姻の際に定めた氏を称すべき間は、この限りでない。」と規定しています。 弁護士回答の続きを読む

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    050-3519-3098

    営業時間:09:00〜20:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜)
         09:00〜17:30(土曜)
    定休日:日曜/祝日

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間外です。
    メールでのお問い合わせをオススメします。

Q&Aを探す

この質問に関連するQ&A

  • 特別代理人は必要か相談日:2016年10月17日

    1月に父が亡くなりました。相続は自動車と不動産です。相続人は母、姉、私の三人です。母は認知症のため、最近私が後見人になりました。不動産は共有の名義にし、法律通り、母が二分の一、姉と私が四分の一にします。自動車はだれも乗らないので、いったん私の名義にし廃車...

    弁護士回答数 /2回答
    質問を見る
  • 遺産分割調停と生活保護相談日:2019年04月26日

    母が、認知症ケアのグループホームで生活していますが、その費用を生活保護受給で支払っています。
    最近、母の兄弟から遺産分割調停を起こされ、亡祖父の家の共同名義人になっている事を私達子供が知りました。資産が有るとなって、生活保護が打ち切られない為には、どう...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 特別受益になるかどうか。相談日:2019年05月17日

    私には離婚経験があり、その際弁護士の先生を依頼しました。その費用は、先日、亡くなった父に、訳あって、払ってもらいました。
    その件について、妹が特別受益に当たると言い出し、遺産分割が進みません。
    妹の言う通り、特別受益になるのでしょうか。

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 外国籍の妹への相続相談日:2016年02月02日

     私は妻も子供もなく、老いた両親を除けば直系の相続人は妹だけなのですが、妹が海外に嫁いでいてアメリカ籍になっています。

     遺産及び生命保険の受取人を、老いた両親でなく外国籍の妹にしたいのですが、可能でしょうか。また、具体的な手続きについてご指導頂け...

    弁護士回答数 /2回答
    質問を見る
  • 孫への遺産相談日:2017年10月13日

    父と兄弟二人、兄は独身実家暮らし私は実家を離れ子供二人がおります
    母は亡くなっています。
    父と兄の仲は良くなく弟の私が父を引き取って介護しております、このたび遺言書を作ろうということになったのですが、兄の今までの悪行や色々な行いから相続分を減らしてや...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る

相続問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す