兄弟が遺産分割協議にいない場合の対処法

相続
遺産分割協議

父親の死亡に伴い、遺産分割協議で法定相続分に従い遺産の分割をしようという話を進めていますが、どうしても一人だけ所在が分からず連絡のとれない兄がいます。その場合、協議の場にいなければ話も進められないので遺産を分配する必要はないですよね?

相談者(ID:)さん

2015年05月18日

弁護士の回答一覧

過去掲載の弁護士

遺産分割は相続人全員の協議による必要がありますので、一人でも欠けるとその遺産分割協議は無効とな...

遺産分割は相続人全員の協議による必要がありますので、一人でも欠けるとその遺産分割協議は無効となります。
ただ、速やかに遺産を分割したい場合もあると考えられますので、その場合には、不在者の財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立てるか、もしくは、失踪宣告の制度の活用を考えるかになるでしょう。
いずれにしましても、速やかに遺産分割をする必要があるのならば、一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

遺産分割は相続人全員でする必要があり、行方不明者がいる場合には、不在者財産管理人を選任するとか...

遺産分割は相続人全員でする必要があり、行方不明者がいる場合には、不在者財産管理人を選任するとかをして、その選任された管理人と分割協議をすることになり、管理人はその職責上放棄等はできず法定相続分は何らかの形で管理下に置かれることになります。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る
中尾 武史
弁護士(虎ノ門法律経済事務所大阪支店)

千葉の組人  様 結論としては,遺産を分配する必要があります。その相続人が死亡などして...

千葉の組人  様

結論としては,遺産を分配する必要があります。その相続人が死亡などしていない限り,たとえその人が行方不明でも,です。

そのため,対処方法としては,まず,お兄さんが行方不明となってからどれぐらい経つのか,がポイントです。

仮に7年間経過しているのであれば,「失踪宣告」という制度があります。家庭裁判所に対してお兄さんが行方不明になってから7年間経過したことを説明し,それが認められた場合には,行方不明になった時から7年間経過した日にお兄さんが死亡したもの,として扱われます。そうすると,お兄さんに子どもや孫等が居ない限りは分配する必要はありません。

お兄さんが行方不明になってから7年間経過していない場合,上記失踪宣告の制度は利用できません。そのため,家庭裁判所に申し立てて「不在者財産管理人」を選任してもらうこととなります。
その上で,選任された管理人を交えて遺産の分割協議を行います。この時,注意が必要なこととして,管理人は,分割内容について,家庭裁判所に対して「権限外行為特別許可申立」を行い,「その分割内容で問題ない。」と許可をしてもらう必要があります(この許可がもらえないと協議が有効になりません。)。家庭裁判所から許可をもらうためには,行方不明のお兄さんについて,原則として法定相続分通りの分配を行う必要があります。
なお,分割方法については「お兄さんが戻ってきたときに法定相続分通りの金銭などをお返しします,それまででは他の相続人がもらっておきます。」という「帰来時弁済型」の分割方法がお勧めです。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
中尾 武史
弁護士(虎ノ門法律経済事務所大阪支店)
住所大阪府大阪市北区西天満4-4-18梅ヶ枝中央ビル3階
対応地域

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

遺産分割協議で揉めている

今年9月に祖父が亡くなり長男長男嫁長女次女で遺産相続で話し合いがまとまりません。遺産は現金50数万円と土地5200万で、長男が現金を姉妹にあげるから半分ずつして、自分はこの家を守っていくから不動産は全て貰う話となって、かつ長男の嫁が税金対策だといい(相続...

2
0
相談日:2015年12月14日
遺産分割協議でもめてます

父親が他界し、遺産分割相続協議でもめております。

相続人は私と妹の2名です。
相続財産は土地建物と現金・預貯金・株式です。
土地建物は約3,500万
現金・預貯金・株式で1,800万です。

妹からは代償分割を要求されており、私に800万...

2
0
相談日:2018年02月27日
被相続人に生前借金をおわせた再婚相手から遺留分減殺請求された

数ヶ月前に父が亡くなりました。
父は亡くなる1年ちょっと前に再婚相手がいました。その再婚相手は父と結婚した後数ヶ月は一緒に生活していたのですが、新しい苗字になってからクレジットカード等により借金だけ残し突然行方をくらましました。行方をくらましてる間も父...

3
0
相談日:2020年06月06日
遺産分割協議書を守らなかった場合

今年母が亡くなり、遺産分割協議書を父が税理士に依頼して作ったのですが、その内容が母の遺産(株、預金)を全て父が取得して、その代わりに子供には法廷相続分の現金を渡す、とのことでした。子供は、法廷相続分の相続税を払うそうです。

そこで質問なのですが、遺...

2
1
相談日:2015年11月13日
親子のお金の貸し借りについて

親が他界しました。親が生前、長男に多額のお金を貸している事がわかりました。金銭貸借契約書が見つかり、親と長男の署名と実印が押印されています。
内容は、「毎月、月10万円を親の銀行口座に支払うこと」となっています。
親の銀行口座を調べた所、毎月10万円...

1
0
相談日:2020年03月14日
遺産分割協議の要否

「遺言」がある場合の「遺産分割協議」の要否について教えて下さい。 知人の女性が昨年12月に実の弟を亡くしました。 弟には配偶者がいますが、子供は無く、また両親は既に他界していますので、実の姉である彼女も法定相続人の一人だと教えました。 

ところが、...

2
0
相談日:2017年02月26日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る