相続人の一人が、被相続人に返さないままであったお金は特別受益と認められますか。

相続
特別受益

特別受益について、法律の一般書籍で調べたところ、
被相続人から相続人への生前贈与があったことを立証できれば
特別受益が認められるとされています。

生命保険金や、求償権の放棄なども認められることがあると
書いてあります。

こうした趣旨を考えれば、
相続人のうちの一人(A)が本来被相続人に返すべきであったお金
(預かったままであったお金)を
返す機会がないまま被相続人が亡くなってしまった場合は、
生前贈与と同等にAの生計に貢献したといえると考えられます。

ならば、他の相続人Bは、Aの特別受益を主張できるのではないか
というのが私の疑問ですが、
こうしたことが認められた判例はこれまでにあるのでしょうか。

それとも、こういった前例はなく、全く判例も存在しないのでしょうか。

私が直面している件は、被相続人、相続人2人(AとB)ともに兄弟なので
長年の兄弟関係の中で、こうしたケースはどこにでもよくあることだと思います。

前例が全くないならあきらめなければならないのかな、
と思っています。

回答していただきますよう、お願いいたします。

相談者(ID:20680)さん

2021年10月17日

弁護士の回答一覧

依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)

いや、むしろ被相続人の預金返還債権についても相続がされたと考えるべきです。 つまり、Aさん以...

いや、むしろ被相続人の預金返還債権についても相続がされたと考えるべきです。
つまり、Aさん以外の相続人がそれぞれ自分の相続分の割合で算定された債権額をAに対して支払うよう請求出来るわけです。
Aさんについては、自分の相続分の割合の金額分については、被相続人の債権を相続したと同時に自分が債務者でもあるというわけで、債権者の地位と債務者の地位とが混同してしまうため、結局、自分が相続した限りでは預け金は返還しなくてもよいことになるのです。

従って、Aさんにお金を預けたのが10年以上も前のことであれば、預け金の返還を求める権利は消滅時効にかかっているということになるので、Aさんはもらい得になってしまいますが、それは仕方のないことです。
ただその場合でも、お考えの通り、特別受益であると看做した上で、預け金相当額を贈与を受けた財産と同視して持ち戻し計算をするという解決をすることも、相続人間で同意ができれば可能です。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)
住所東京都豊島区西池袋5-1-6第2矢島ビル4階A室
対応地域茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 静岡県

【まずはメールでご相談ください!】弁護士歴25年以上●離婚・不動産などご相談ください。あなたの事情に合わせたベストな解決を目指します

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon shohisha消費者被害
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

特別受益の確認方法

父母が亡くなり現在遺産分割協議中です。特別受益と考えている件があります。被相続人(母)が相続人Aの口座を開き、被相続人(母)の銀行印で相続人A の名義口座に500万円預金通帳があります。

分割協議で相続人Aは自分名義の500万円は自分が母にお金を渡...

4
0
相談日:2016年06月22日
特別受益か贈与か?

よくわからないのでご教示いただければ幸いです。

両親ともにすでになくなっており、今回独身の長兄がなくなって、相続人は私と弟の2名です。

弟は以前、両親と兄名義の家に住んでおり(兄は同居せず)、その時に兄に断りなく名義を書き換え転売しようとして...

4
0
相談日:2014年07月22日
生前贈与と特別受益

父母死亡後、相続人3人で遺産分割協議中です。相続人の1人であるAは父母生前時父母から約1千2百万円を払い戻したことが判明。

Aは払戻を認めている。Aいわく父母から口頭で生前贈与を受けたため払い戻したとの一点張り。

贈与契約書なし。生前贈与を立...

2
0
相談日:2017年08月16日
遺留分における特別受益

民法改正により7月から、遺言証書が発効した時点から10年より以前に被相続人から生前贈与された不動産は、当該法定相続人の遺留分には算入されない、という理解で良いでしょうか?

1
0
相談日:2019年10月05日
特別受益の範囲

特別受益に判断されますか。
(父が亡くなり、公正証書で、すべて長男にとあります。)

①生前贈与をした土地と建物
②生前贈与した時の贈与税を、贈与した本人が支払った金額
③贈与の数年後に、贈与した建物の壁の塗り替え費用を、贈与した本人が支払いま...

1
0
相談日:2016年02月17日
特別受益について

主人の父の相続について、主人は3人兄妹の長男で、妹が2人。下の妹が父母及び叔母(母の妹独身H21.11月死去)の財産を横領しています。叔母の死期が迫った10前に、母を叔母に見たたせて定期預金を解約させ、死後はATMで毎日100万円降ろし、2000万円余も...

1
0
相談日:2017年03月18日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る