遺留分放棄の撤回

相続
遺留分

一度した遺留分の放棄を撤回することはできますか?

相談者(ID:)さん

2014年04月07日

弁護士の回答一覧

大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)

まず、遺留分の放棄は、家裁の許可(審判)で行う必要があります。家裁の審判を経ていなければ、遺留...

まず、遺留分の放棄は、家裁の許可(審判)で行う必要があります。家裁の審判を経ていなければ、遺留分を放棄したことにはなりません(民法1043条)。
そして、東京高裁昭和58年9月5日決定(判時1094号33頁)は、遺留分放棄許可審判の取消しの余地を認めています。
ただし、取消しを求める合理的理由、すなわち、放棄の前提となる客観的事情の変更、が必要です。単に、気が変わっただけでは、取消しを求めることはできません。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)
住所東京都新宿区神楽坂3-2神楽坂Kビル7階
対応地域全国

離婚、相続、国際離婚、親権等家族法、一般民事、刑事、入管、その他、幅広い分野を扱っています。 英語、中国語、韓国語、比語、タイ語の多言語対応の事務所です。依頼者に寄り添い、ベストな解決を目指します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る
中尾 武史
弁護士(虎ノ門法律経済事務所大阪支店)

遺留分の放棄をした場合(民法1043条) 裁判所の許可審判が必要になります。申立が認容された...

遺留分の放棄をした場合(民法1043条)
裁判所の許可審判が必要になります。申立が認容された場合,不服申し立てはできません。

もっとも,「審判の取消又は変更」という規定があります。

(審判の取消し又は変更)
第七十八条  家庭裁判所は、審判をした後、その審判を不当と認めるときは、次に掲げる審判を除き、職権で、これを取り消し、又は変更することができる。
一  申立てによってのみ審判をすべき場合において申立てを却下した審判
二  即時抗告をすることができる審判
2  審判が確定した日から五年を経過したときは、家庭裁判所は、前項の規定による取消し又は変更をすることができない。ただし、事情の変更によりその審判を不当と認めるに至ったときは、この限りでない。
3  家庭裁判所は、第一項の規定により審判の取消し又は変更をする場合には、その審判における当事者及びその他の審判を受ける者の陳述を聴かなければならない。
4  第一項の規定による取消し又は変更の審判に対しては、取消し後又は変更後の審判が原審判であるとした場合に即時抗告をすることができる者に限り、即時抗告をすることができる。

参考にしてください。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
中尾 武史
弁護士(虎ノ門法律経済事務所大阪支店)
住所大阪府大阪市北区西天満4-4-18梅ヶ枝中央ビル3階
対応地域

注力分野
この弁護士の詳細を見る
過去掲載の弁護士

相続開始前の遺留分の放棄は家庭裁判所の許可を受けた時に限り、その効力を生じます。ご質問者が家裁...

相続開始前の遺留分の放棄は家庭裁判所の許可を受けた時に限り、その効力を生じます。ご質問者が家裁の許可を受けていない場合には遺留分の放棄の意思表示をしたとしても取り消しは可能でしょう。
これに対し、もし、家裁の許可を受けていた場合には、家事審判の取消変更の手続きが必要となります。裁判所は許可後の事情の変更の有無を検討して取り消しを認めるかどうかの判断をしているようです。ただ、裁判例によれば、取り消しを認めることはかなり高いハードルがあるように思われます。
いずれにしても一度専門家にご相談されるべきではないでしょうか。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0

この質問に関連する法律相談

遺産相続

祖父の遺産相続の争いです。

私の父が他界したので私と私の兄で遺留分請求を叔父にしたのですが応じてくれないので弁護士を探して遺留分を相続したいです。

叔父は、45年前に私の父が祖父に土地購入(約100坪)のお金の一部をを無心したことにこだわって...

2
0
相談日:2018年05月13日
相続

遺留分減殺請求が1年間なされないと権利が消滅すると聞きました。ほかの相続人から手紙で権利を主張しますといってきました。こんな簡単な文章の手紙でも請求がされたとみなされるのでしょうか?

2
0
相談日:2015年03月20日
建物撤去と遺留分減殺請求への対処

私は父の遺言状により父の財産全てを相続することになっています。現在、父が住んでいた建物に弟が一部改築して住んでいます。この一部改築部分を撤去して退去してもらいたいのですが可能でしょうか。弟からは遺留分減殺請求が届いております。この減殺請求については、それ...

4
0
相談日:2016年01月25日
遺留分侵害額請求後の協議

公正証書遺言書(遺贈は無し)の相続人に対して、法定相続人の一人である私が遺留分侵害額請求を行った後、法定相続人のあいだで協議した結果、相続人三人が協議相続をして、申告することは可能ですか? 相続分が、遺留分割合を越えるか、越えないかは、未定です。

1
1
相談日:2019年12月08日
遺留分請求開示後の流れは

遺留分請求 財産開示を内容証明にて
送りスミ
開示の送付書類来た後 自分の遺留分金額は
どんな形で振り込まれるのか?

1
0
相談日:2017年11月09日
認知症の親の遺留分侵害額請求について

昨年父が102歳で亡くなり、相続人は母(96歳)、姉、私の3人です。
父は95歳の時に信託銀行による公正証書遺言書(88歳時の遺言の書き直しで、姉が深く関与していたと思われます)を作成しており、相続財産及び配分は
①不動産(4億5千万円):姉100%...

1
0
相談日:2021年02月20日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る