公正証書遺言と遺留分

相続
遺留分

今回、公正証書遺言を作成するにあたって
相続人の一人を除外する予定です。

法的に相続人欠落ということはありませんが
金の無心をしたり、親の介護もせずに自分は遊び呆けているので
両親も他の相続人も相続させたくないという意見で一致しています。

ただし、遺留分の問題があると思うのですが
公正証書遺言と遺留分減殺請求ではどちらが優先されるのでしょうか。

相談者(ID:)さん

2014年02月28日

弁護士の回答一覧

渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

遺言が作成されて相続が開始した後に遺留分の減殺を主張するかどうか、という順番になります。

遺言が作成されて相続が開始した後に遺留分の減殺を主張するかどうか、という順番になります。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る
過去掲載の弁護士

遺言と遺留分減殺は制度が異なります。遺言は、被相続人の最終の意思が一定の方式の下で表示されたも...

遺言と遺留分減殺は制度が異なります。遺言は、被相続人の最終の意思が一定の方式の下で表示されたものであり、遺言者の死に伴い、遺言者の一方的な意思表示のみで効力が発生します。つまり、相続人の一人に何も相続させないというもの遺言者の意思表示となります。
これに対し、遺留分制度は、遺言者すなわち被相続人が所有していた相続財産の一定割合の取得を一定範囲の法定相続人に保障する制度となります。
したがって、遺言によって一切の相続財産がないとされたとしても、遺留分のある法定相続人は遺留分減殺請求ををして遺留分を確保することができることになるのです。
遺言公正証書の作成にあたっては、一度専門家にご相談されることをお勧めします。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)

遺言よりも、遺留分が優先します。 遺留分は、本人が減殺請求権を行使して初めて問題になります。...

遺言よりも、遺留分が優先します。
遺留分は、本人が減殺請求権を行使して初めて問題になります。したがって、ご本人が納得して、減殺請求権を行使しなければ、それも一つの解決です。
法律上、遺留分を失わせるには、相続人の廃除が必要です(民法892条、893条)。ご本人に著しい飛行がある場合、家庭裁判所への申立てで、排除することができます。ただし、よほどの程度でないと、認められません。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)
住所東京都新宿区神楽坂3-2神楽坂Kビル7階
対応地域全国

離婚、相続、国際離婚、親権等家族法、一般民事、刑事、入管、その他、幅広い分野を扱っています。 英語、中国語、韓国語、比語、タイ語の多言語対応の事務所です。依頼者に寄り添い、ベストな解決を目指します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る
長 裕康
弁護士(イージス法律事務所)

上林さん はじめまして。 (公正証書)遺言と遺留分との関係ですが、遺言という被相続人(...

上林さん

はじめまして。
(公正証書)遺言と遺留分との関係ですが、遺言という被相続人(財産を残される方)の遺志と、
推定相続人の法定相続分がもらえるとの期待との調和を図る制度が遺留分減殺請求権ですので、
ご質問にあるとおり、どちらが優先されるのかということであれば、遺言に載せない方の相続分は、
遺留分(法定相続分の2分の1)の範囲内で保護されるということになります。
もっとも、金の無心をしたというのであれば、既に受け取っている分を特別受益と考えることができるので、
遺留分から控除することもできます。


弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
長 裕康
弁護士(イージス法律事務所)
住所東京都中央区銀座6-2-1Daiwa銀座ビル3階
対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

【中国語対応スタッフ所属】【銀座駅徒歩3分】法律に関するお悩み、お話下さい。依頼者様の精神的負担を軽減し、納得のいく解決を目指すため、粘り強い交渉を心がけています。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon keiji刑事事件
Icon houmu企業法務
Icon kotsujiko交通事故
Icon gaikokujin外国人問題
Icon saimu借金・債務整理
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

遺留分減殺請求の弁護士さん費用について

遺留分減殺請求後に、和解協議から入っていただき、調停までかかわっていただく場合に、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。仮に、遺留分が固定資産評価額の合計が3200万円で、簡易査定で、4000万円の場合、着手金と成功報酬はいくらぐらいかかるのでしょうか。

2
0
相談日:2016年02月19日
異母兄弟の遺留分

生前父は、公正証書遺言書をのこしており、母が全ての遺産を相続しました。
異母兄弟がいて、遺留分を渡したいのですが、遺産総額に母の預金(扶養の範囲内で働いていました)は含まないのでしょうか?

また、母が遺留分を渡す事に積極的ではなく、困っています。...

1
0
相談日:2019年01月23日
遺留分減殺請求

父が亡くなりました。遺言執行者が銀行さんです。財産目録の土地の評価額が固定資産税評価で出されています。

遺留分減殺請求するのに財産目録の土地の価格が固定資産評価額で計算されてるのでそれに基づいて遺留分減殺請求金額されるのでしょうか?

2
0
相談日:2018年11月21日
遺言公正証書の効力

叔母が亡くなりました。相続人は甥姪の6人です。甥のkが叔母を生前に誘導して弁護士税理士を証人にして相続分を半分受ける公正証書遺言を作成しました。他の甥姪には遺留分の権利もなく、このまま受けるしかないのでしょうか。

3
0
相談日:2016年04月27日
遺留分減殺請求についての内容証明郵便

相談させていただきます。


遺留分減殺請求通知の内容証明を送ろうと考えております。
対象は贈与されていた土地についてなのですが、
この贈与の内容を書面にて示す際、何を記載すれば宜しいのでしょうか。

所在、地番、登記の目的、原因、受付年月...

1
0
相談日:2018年11月16日
遺留分減殺請求

3月に遺留分減殺請求しました(内容証明郵便で送付)
5月末日までにきちんとします。と回答がきました。
ずっと待っていましたが、何も連絡がありません。
今からどのようにすればいいのですか?

3
0
相談日:2016年06月01日
フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る