相続で生前贈与されたものは遺留分の対象となるか

相続
遺留分

相続人は私と妹。母は父がなくなる2年前に他界しています。

父と私は諸般の事情で疎遠になっており、ここ五年間連絡を取っていませんでした。妹幼少時からは父にとても可愛がられていました。今回、父が亡くなったことで判明したのですが遺産のほとんどが妹への生前贈与でなくなっていたのです。

私と父との関係が悪かったこともあり、遺言に私に相続はさせないとあるらしいのですが、遺留分も満足にもらえないほど妹への贈与がありました。まとまりのない文章で申し訳ありません。

お聞きしたいことは、私が遺留分を主張した場合、妹に贈与された分は含めて計算するのでしょうか?それとも含めないのでしょうか?

相談者(ID:)さん

2014年01月23日

弁護士の回答一覧

渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

細かい論点はありますが、基本的には、被相続人は相続開始時に有していた財産と、生前の贈与(い年以...

細かい論点はありますが、基本的には、被相続人は相続開始時に有していた財産と、生前の贈与(い年以内か遺留分権利者に損害を加えることを知っていた場合)、になります。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る
大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)

遺留分は、相続人に対する特別受益を持ち戻して計算します(民法903条)。特別受益を得た時期には...

遺留分は、相続人に対する特別受益を持ち戻して計算します(民法903条)。特別受益を得た時期には関係なく、原則として、贈与した資産の価格を加えた金額を遺産と仮定して計算し、遺留分を算定します。遺産の殆どが、妹さんへ生前贈与されていたのであれば、特別受益に該当するでしょう。
なお、遺留分の計算の前提となる贈与の持ち戻しは、原則、1年以内のものに限るとの規定(民法1030条)は、相続人以外の第三者への贈与の規定なので、妹さんへの贈与とは関係がありません。
法律事務所にて、より詳しいご相談を受けられることをお勧めします。
当然、私の事務所でも、ご相談をお受けしております。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
大貫 憲介
弁護士(さつき法律事務所)
住所東京都新宿区神楽坂3-2神楽坂Kビル7階
対応地域全国

離婚、相続、国際離婚、親権等家族法、一般民事、刑事、入管、その他、幅広い分野を扱っています。 英語、中国語、韓国語、比語、タイ語の多言語対応の事務所です。依頼者に寄り添い、ベストな解決を目指します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る
過去掲載の弁護士

遺留分算定の基礎となる財産は、相続時の財産と生前に贈与された財産全部から相続債務を引いたものと...

遺留分算定の基礎となる財産は、相続時の財産と生前に贈与された財産全部から相続債務を引いたものとなります。本件では妹さんに生前贈与された部分は特別受益と考えられますので、すべてを加算して計算することになるものと考えられます。なお、遺留分減殺請求は相続開始を知った時から1年間のみ行使できますので、すみやかに専門家にご相談されることをお勧めします。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0

この質問に関連する法律相談

遺留分減殺請求 合意書について

遺留分減殺請求をされていますが、和解にて納めてたいと思っております。後々 問題が起きないように 合意書を結んでおきたいと思い、Webを見て 書式を作成してみましたが、何か不備等ありましたら ご指摘お願いします。また 印鑑は実印の方がいいのでしょうか? そ...

2
3
相談日:2016年04月13日
相続の遺留分減殺請求と寄与分に関して

お世話になります。
相続に関して揉めております。

弁護士さんに相談しましたがなかなか良い返事も無く困ってしまいました。
実家の母の死亡に伴う相続の発生です。

私は経営者ということもあり実家には相当な金額の寄与を半ば強制的にやらされてまいり...

1
0
相談日:2016年05月06日
相続地が自宅と離れている場合

相続地が自宅と離れている場合(約3時間)
 
 遺留分減殺請求をするのですが、相続地の弁護士さんに依頼するのがいいのか、打ち合わせのことを考えて自分の近くの弁護士さんに依頼するのがいいのかどちらなのでしょうか。

ただ、弁護士さんが相続地と遠いの...

4
0
相談日:2016年02月24日
実父の遺言書無しに遺留分全て実母に相続させる方法

家族構成は実父、実母、姉、私の4人。
実父が余命短いながら、遺言書を残せない状況です。

実母は実父死後、遺産の半分が、私たち子供たちに法定相続されたら、自身の老後資金が不足してしまうと心配しています。
実父が亡くなっても、遺産の全部を遺言書無し...

3
0
相談日:2016年12月12日
財産の乗っ取りを防ぐには

夫の叔母が先日入院し末期の癌と発覚したとたん接近をしてくる友人がいます。
先日その友人が叔母さんの養子になり財産を相続しようとしていることがわかりました。

叔母さん自身には当然養子縁組をする意志などはないのですが、その友人が少し強引なところがある...

2
0
相談日:2014年09月27日
認知症の親の遺留分侵害額請求について

昨年父が102歳で亡くなり、相続人は母(96歳)、姉、私の3人です。
父は95歳の時に信託銀行による公正証書遺言書(88歳時の遺言の書き直しで、姉が深く関与していたと思われます)を作成しており、相続財産及び配分は
①不動産(4億5千万円):姉100%...

1
0
相談日:2021年02月20日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る