名義貸し預金口座の投資信託運用益は分割対象になりますか

相続
遺産分割

遺産分割で話し合いをしています。
被相続人は親で、相続人は子二人(仮にA、Bとします)です。

A、Bが同意していることとして以下3点あります。
・親がA名義の口座を管理していた(通帳を親が保管していました)。
・親はA名義の口座へ親自身の資金を振り込んだ(振り込み履歴があります)。
・A名義の口座へ振り込まれた親の資金は、すべてA名義の投資信託の運用資金として使用された(買付報告書等を親が持っており、購入日や金額を確認しました)。

Aはこの件について、配当金を受け取っていたのはA名義の口座だからA自身の資産だと言っています。
また、A口座を親が運用していたのも一時的で、投資信託購入の時期あたりのみであると言っています(根拠資料はなく、自分の口座のことだからわかると言っていますが、A名義の通帳はまだ親の家にあります)。

Bは、投資信託の利益は親の資産を前提としているのではないかと感じ、それがAのものになることに納得できないため、ご相談させていただきました。

親の家に通帳があり、投資信託の運用資金を親が出していた場合、投資信託の運用益は親の相続財産として分割対象になるでしょうか?

また、Aが投資信託の運用益をA自身の保険料やクレジット払いに消費した場合は、どうなるでしょうか?

長文になってしまい申し訳ありません。
ご回答、よろしくお願いいたします。

相談者(ID:5513)さん

2020年09月08日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)

そもそもなぜ被相続人の親が投資信託をA名義の口座で行っていたのか、議論する必要があります。 ...

そもそもなぜ被相続人の親が投資信託をA名義の口座で行っていたのか、議論する必要があります。

節税のためなどの理由であれば、実際には親が自分自身の資産運用であるのにA名義の口座が利用されていたに過ぎないとして、相続財産に含めて考えなければなりません。

しかしそうではなくて、もともと子であるAの為に少しでも資産の有効活用をして遺してあげようということでA名義の口座で資産運用していたのかも知れません。そうであるならば、A名義の銀行口座は親がAの為に遺す意思であったと考えられますから、その預金口座に残っている預金残高はAが相続することを認めるほかないと思います。
その代わりにあなたとしては、ほかの被相続人の遺産からA名義の銀行預金残高に見合う金額を相続することができることになります。

>Aが投資信託の運用益をA自身の保険料やクレジット払いに消費した場合は、どうなるでしょうか?
のご質問について、親がA名義の銀行預金口座を利用して投資信託をしていた趣旨が、前述の後者の場合であれば格別、問題になることはありません。自分が相続できることが決まっている財産についてどのように使おうがAのの自由だからです。
前者の場合は、Aさんが遺産の預金を勝手に使い込んでしまったということになるわけですから、地方裁判所または簡易裁判所に不当利得返還請求訴訟を提起して清算を求めることになります。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)
住所東京都豊島区西池袋5-1-6第2矢島ビル4階A室
対応地域茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 静岡県

【まずはメールでご相談ください!】弁護士歴25年以上●離婚・不動産などご相談ください。あなたの事情に合わせたベストな解決を目指します

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon shohisha消費者被害
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)

遺産分割で話し合い、とありますが、この状況では解決はできないと思われます。早期に調停を申し立て...

遺産分割で話し合い、とありますが、この状況では解決はできないと思われます。早期に調停を申し立てて裁判所の見方を参考に進めるべきでしょう。その場合でも遺産の範囲が確定できずそれは訴訟提起が必要、ということも想定されます。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
渋谷 徹
弁護士(渋谷徹法律事務所)
住所東京都文京区千駄木3-36-8シルバーパレス千駄木202
対応地域全国

【千駄木駅1分】親しみやすい弁護士。弁護士歴20年以上のベテランが、あなたに寄り添い納得のいく解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

遺産相続での相続人範囲について

私は(60代女性)両親は他界しており、兄弟が2人います。弟Aはすでに他界。今回弟Bが他界しました。弟Bは独身で結婚歴はありません。(子いない)弟Aは結婚はしていましたが子はいません。
今回弟Bがなくなった事で私が相続人になると思うのですが、父親には前妻...

3
0
相談日:2016年05月11日
相続と遺言に関する懸念

下記の質問内容よろしくご教授下さい。
1.遺産相続
亡き祖父Aが残した家屋付き土地があり、その家屋に居住しているDがいるにも拘わらず、元所有者Bが嫌がらせで家屋を一部破壊。
その後、再度来ないようにAの長男CとBが覚書を交わしました。
Cの他界後...

2
0
相談日:2015年08月16日
親再婚同士の相続で考えられること

実母が再婚いたしました。
実母はこの再婚前に相続で財産不動産(本財産)を取得しており
この再婚相手(Bとします)Bとは婚姻継続中です。

仮に実母がBより早く亡くなった場合、本財産はBにも相続の権利が発生しますでしょうか?
実母の子は私を含め兄...

1
0
相談日:2015年09月29日
相続時の預金利息分割方法

被相続人の普通預金と定期預金の分割は合意出来ていますが、それぞれの預金に対する利息はどのような分割方法を行えば良いのでしょうか?

2
0
相談日:2016年11月16日
遺産の有無の確定

[前提]
○父親が無くなったとの『噂』を聞きました

○父と母が離婚して以来交流はありません

○父親は母親と離婚後別の女性と再婚しました

○父親は現夫人と結婚の際、母親と離婚調停後結婚したため
現夫人と私の交流はありません(連絡先は共...

3
0
相談日:2014年06月26日
不動産の代償分割について

不動産を売却せずに、別途金銭で分割を受ける場合
金額はどのタイミングでの評価額になるのでしょうか。

4
0
相談日:2014年05月22日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

相続に関する法律ガイドを見る