個人の自己破産 管財人のケース

借金・債務整理
個人再生

個人の自己破産が管財事件となるケースは何割ぐらいでしょうか?
また管財事件になりやすい一般的なケースはどのようなケースになりますか?

相談者(ID:4098)さん

2020年03月24日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)

管財事件になる割合は統計を確認したわけではなく、あくまでも感覚的なところで申し上げれば15パー...

管財事件になる割合は統計を確認したわけではなく、あくまでも感覚的なところで申し上げれば15パーセント程度かと思います。
管財事件になりやすいのは、不動産など換価するのに一手間かかるような財産のあるときや、免責不許可事由の存在が疑われるときです。
また個人事業主で仕事に関わる債権債務がある場合も法人と同様に破産管財人が付いた方がよいとされるかと思います。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
回答した弁護士のご紹介
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)
住所東京都豊島区西池袋5-1-6第2矢島ビル4階A室
対応地域茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 静岡県

依頼者様が納得いく解決をもたらすサポートを心掛けています

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon shohisha消費者被害
この弁護士の詳細を見る
早坂 英雄
弁護士(早坂法律事務所)

 あくまで感覚ですが、個人の自己破産が管財事件になる割合は、1~2割程度と思われます。管財事件...

 あくまで感覚ですが、個人の自己破産が管財事件になる割合は、1~2割程度と思われます。管財事件になるケースとして主なものは、①換価すべき資産を保有している場合、②自営業者や会社代表者である場合、③浪費やギャンブルなど免責不許可事由に該当する可能性がある事情がある場合、です。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
早坂 英雄
弁護士(早坂法律事務所)
住所埼玉県さいたま市浦和区高砂3-5-7高砂建物ビル504
対応地域全国

【ご相談無料】【さいたま地裁・家裁至近】【全国対応】長年の経験と実績に基づき、高品質のリーガルサービスのご提供に努めております。安心していただけるよう笑顔での接客を心掛けております。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon saimu借金・債務整理
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

破産について

個人再生を準備しておりましたが
債権者から破産するように言われており
自宅を任意売却するか
そのまま競売にするのか迷っております。
また、費用も追加で払わなければ
ならない事案なのでしょうか?
任意売却の場合破産前にするべきなのでしょうか?
...

1
0
相談日:2019年12月10日
個人再生認可直後のマンション売却にういて

昨年、自己所有のマンションを残したいとの気持ちで個人再生の手続きを致しました。弁護士さんから今月3月中には認可が下りると聞いています。
今年に入り、家庭環境が変わり、マンション売却を考え見積もりをして頂き手元に300万円程残る予定です。
そこで相談な...

1
0
相談日:2020年03月05日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

借金・債務整理に関する法律ガイドを見る