滞納家賃及び退去費用の分割交渉

2017年11月13日

10月末日にある物件を退去しました。
不動産会社を通さず、個人間で賃貸契約を結んでおりました。
事情があり、失業をしてしまい、払えずに滞納となっていた9、10月分の家賃(104,000円)と退去費用(105,000円)の請求を受けております。
11/20までに一括で支払わないと、連帯保証人である父に請求するといった内容の書面をいただいております。
契約書を交わしたことは確かですが、連帯保証人の署名は父ではなく、私がしており父には契約書は一切見てもらってません。
そういう場合は連帯保証人として父は成立するのでしょうか。また、新たに仕事をし始めましたが、一括支払いはとても難しく困難なので、分割交渉などは可能なのでしょうか。大家には父に頼んで一括支払いしてくださいと言われております。

弁護士の回答一覧

  • 回答弁護士早坂 英雄
    対応地域全国

     初めまして。連帯保証契約は当然のことながら、本人が認識して署名をしないと成立しません。ですの... 初めまして。連帯保証契約は当然のことながら、本人が認識して署名をしないと成立しません。ですのでお父様は、契約不成立を主張して賃貸人からの請求を拒絶できます。但し、ご本人がお父様の了解なく勝手に保証人としてお父様の署名押印をしたことは法律上の不利益があります。交渉となると相手方次第ではありますが、賃貸人側が、一括請求をしても払ってもらえる見込みがないとして、分割になってでも回収したいという気持ちになれば、分割交渉に応じる可能性は残されていると思います。賃貸人と直接交渉をしたくないということであれば、簡易裁判所に民事調停の申立てをして、調停委員という第三者を介する形できちんと取り決めをされるとよろしいかと思います。弁護士回答の続きを読む

Q&Aを探す

この質問に関連するQ&A

債権回収問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す