不当に雇用契約 変更

労働問題
不当な減給・降格・異動

57歳 男性 一部上場 企業 勤務。
54歳で ヘッドハンティングによる転職。

2016年4月 雇用契約取り交わし正社員として入社。
2018年3月末、一方的に 契約見直し 役職待遇降格 減給を 言い渡される。その際、不服を申立て合意せず。
2018年4月になり 即 大病が発覚、2019年1月中旬まで 長期療養を余儀なくされる。
その後 会社 社会復帰も、会社の規定と言われて 特別社員/時短扱い。 今日に至る。

仕方がなく 社会復帰の際 特別社員等の契約にサインはしましたが、昨年一方的に提示された 減給条件に納得が出来ず。

2018年3月の条件見直し提示の際に明確な説明は一切なし。
思い当たる事として、入社後、担当役員から かなりの嫌がらせと、それに乗じて 直属上司の嫌がらせ ネグレクトがかなり酷くかった事。 その背景が とある社員による 事実無根の悪口。
(その社員は 同様の事を多くの人に行っていたことが周知され失墜。 ただし 会社としてはお咎めなし、未だ在籍中)

既に復職後 特別社員としては就業しておりましが、2016年当初と比べると年収60%ダウンという状況に至っています。

ちなみに 当該役員は 社内でも有名な パワハラ行為横行の人物です。

尚 病気も 因果関係の証明は難しいですが、この期間 かなりのストレスが蓄積されていった事は間違いありません。

今 病気は持病として残ってはおりましが、通常の生活には問題ありません。

当初の条件に戻してほしいのですが、良い方法はないでしょうか?




相談者(ID:9437)さん

2019年09月15日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)

ご質問の件ですが、契約形態の変更に合意してしまっているので覆すのは基本的には難しいです。 も...

ご質問の件ですが、契約形態の変更に合意してしまっているので覆すのは基本的には難しいです。
もっとも、賃金減額を伴う契約変更の場合には真摯な同意が必要とする最高裁の判例もあるので、
裁判で勝てる可能性もあるとは思います。


ただ、交渉ではおそらく会社は当初の条件に戻すことはしないと思われるので、裁判までやらないと
難しいかと思います。在職中に裁判を起こすのはかなりハードルが高いと思いますので、その点も
検討する必要があるかと思います。

宜しくお願い致します。

弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
回答した弁護士のご紹介
本多 芳樹
弁護士(二子玉川総合法律事務所)
住所東京都世田谷区玉川1-9-20スタンダビル1階
対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

親身にお話をお聞きし、最善のアドバイスをご提示いたします。依頼人の方々一人一人の事情に沿った解決を心掛けております。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon houmu企業法務
Icon roudou労働問題
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

給与減額について

会社から給与規程の改定により、来月から月額固定給が大幅に減額になる旨、総務担当から話がありました。減額理由は規程の改定に伴い毎月定額支給されていた支給項目の一つが廃止となり、その部分の支給金額が5万円以上も減額となります。当然ながら納得できない為、会社側...

1
0
相談日:2020年03月15日
時間外労働賃金を責任もって払ってもらいたい

娘の話ですが今春、大阪から離れて新卒で就職に就きました。

ですが、初任給の未払い→10日以上遅れての支給。その1ヶ月は291時間労働の休みは3回。そこから不利益な労働条件の変更の話に。社会保険等は自分で/家賃補助なし/減給と。それが無理ならば辞めて...

1
0
相談日:2018年06月02日
納得のいかない降格

私はダンサー兼講師です。ダンススタジオの代表を任されています。

昔から、オーナーに対し不振な点が多々ありそれについて追求した際に、全く納得出来ない返信だった為「このままじゃ私は納得できません」と伝えたら、「無教養の人は私から離れて行きますね。」と私...

1
0
相談日:2018年08月29日
会社都合の減給

会社の経営難という理由で、一方的に半額以上の減給を通告されました。それに応じられないなら退職をと。今転職出来ない理由があり、この通告を受け入れなければなりませんが生活が成り立ちません。法律的に対処する方法はありますか?

1
1
相談日:2019年08月09日
労働時間の改ざん

まず、
今現在勤めている会社の社長と交際しています。

社長には奥さんが居て奥さんも同じ会社の事務員
として働いているのですが
婚姻生活約20年、お子さんは授からず
「いつ離婚してもおかしくない程夫婦関係は破綻している」
「自分の中では離婚...

1
0
相談日:2018年11月07日
試用期間中・パワハラによる減給合意の撤回について

試用期間中に能力不足を理由として約40万円の減給を求められ同意してしまいました。実際の業務ではその上司からパワハラといえる言動があり、「同意しない」という選択ができる状況ではありませんでした。
パワハラは周囲の人も気付いていましたが黙殺状態で、その後に...

1
0
相談日:2019年06月17日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る