時短勤務者の残業手当

労働問題
不当な労働環境

時短勤務を申請して続けていますが、会社の都合で仕事量がふえ、更にリストラの影響でさらに仕事が増えているためやむを得ず、帰宅後に仕事をしたり休日仕事した分を残業として申請してます。しかし、その時間が通常労働時間以上になったため、通常給与にし、他の社員と同じくみなし残業の25時間は残業手当を出さない方向だと言われました。
そもそも時短勤務は残業しないのが通常であることから、就業規則には残業が通常勤務以上になった場合の対応は記載されてません。
私自身、事情があっての時短勤務なので好んで残業などしてるわけではないのですが、この人事からの通達はのまなければならないでしょうか。
ちなみに残業や休日出勤は基本的に事前に上司の申請が必要で、申請しております。

マモルさん

2019年03月15日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

お悩みのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いた...

お悩みのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

1.確かに時短勤務の趣旨からすれば、好ましくない事態ではあります。
2.しかし、時短勤務者に対しても、勤務時間を超えて業務命令を出す事は可能です。就業規則上根拠があって、権利濫用にならなければ、有効です。有効性が認められやすい傾向にあります。有効な命令を拒否すれば解雇等になります。
3.また賃金支払いについては、就業規則、賃金規定等、本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。

納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 弊所は、ここ=ネットでは、回答を終えさせて頂き、さらなるご質問は、希望される場合にのみ、有料相談でお受けいたします。良い解決になりますよう祈念しております。お力になりたいと思います。クラウンズ法律事務所https://www.crownslawoffice.com

弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

みなし残業およびパワハラの定義

会社員です。
自分の務める会社ですがフレックス制度を採用しております。
コアタイムは12-17時です。
みなし残業が給与に45時間分計上されているのですが、このみなし残業に対し部長クラスの人間が「定時で帰るのはおかしい、みなし残業分毎日22時までは...

1
0
相談日:2019年02月21日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る