給与に関して

労働問題
不当な減給・降格・異動

私はある会社(A社)の契約社員として入社しました。そこは営業代行の会社なのでインセンティブで稼ぐには契約社員として時給で働いた方が固定給よりも稼げるので最初の6ケ月は全員契約社員としての入社となると聞いていました。その後、固定給が良ければ正社員として半年経過以降は勤務も可能という制度の会社です。その会社で半年は契約社員として働き、法人営業の立ち上げを一人で行っていましたが、人材派遣の部署からある会社(B社)に行って欲しいと言われ、派遣としてその会社で今は働いています。
派遣契約内容はB社がA社にお金を払い、その中から私にA社より給料が振り込まれます。私がA社と結んでいる契約内容は、一般的な就業日と就業時間に休憩時間で週の所定労働時間は40時間です。
別途、残業代や休日労働に関しても問題ない内容で記載されています。
休日は土日祝が基本で年末年始やGWも取れます。(平日は有給扱い)
2ケ月毎の契約更新で
基本賃金:時給958円 残業時給1198円
手当て:交通費30000円/月 手当て24000円/月
新手当て3577円/日
(内訳:営業手当て2177円/日 勤務手当て1400円/日)
時間外 イ (法超過)25% ロ 休日(法定休日)35%
    ハ 深夜25% 
退職金:なし
ちなみに交通費は毎月▲5000円です。
上記内容で2018年9月末まで勤務していました。

2018年10月より、東京都の最低時給が958円から985円に変更となったとの事で、10月分の給与明細(11月支給分)が再送されてきました。

変更点は
時給958円→985円 残業時給1198円→1231円
新手当て3577円→3289円(内訳:営業手当2379円/日 勤務手当て910円/日)▲288円
1日で▲288円となり22日出勤でしたので▲6336円

支給項目に「調整額」というものがこの月だけあり、+1263円
時給アップに伴う基本給+4745円 残業時給+328(計5073円)
5073円と調整額1263円を足すと6336円

最低時給が上がった事による所得の増額分を手当て減額してその過不足分を調整額で支給した形の明細が来たのです。

私の契約は最低賃金の958円契約だったのでそこが985円になり、その分の所得アップによる所得税率に変動は無い為、増えた分の所得税を控除されて終わりだと思うのですが違うのでしょうか?

手当ての減額も聞いていませんし、会社に聞いたところ「時給が上がってもB社からA社に支払われる金額に変動が無いので変わりません」との事でした。

この場合、A社がB社に派遣対価のアップを交渉するべきであって、労働者である私が損益を被る必要が無いと思うのですが私は泣き寝入りをするしか無いのでしょうか?

会社に意見を言うに当たり、通例としてどちらが正しいのか教えて下さい。
宜しくお願い致します。

おしんさん

2019年01月17日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いた...

お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

1.労働条件の変更ですが、就業規則による変更であれば、本件、労働契約法10条本文=就業規則の不利益変更 の問題だと思われます。周知、合理性の要件を満たすかどうかです。後者については、必要性、不利益性、相当性、(労働組合)との交渉、その他の事情から判断されます。
2.過去の裁判例等に照らした専門的な分析と判断が必要です。素人判断は大いに危険です。本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。

弊所は、ここ=ネットでは、回答を終えさせて頂き、さらなるご質問は、希望される場合にのみ、有料相談でお受けいたします。良い解決になりますよう祈念しております。お力になりたいと思います。クラウンズ法律事務所https://www.crownslawoffice.com
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

試用期間中・パワハラによる減給合意の撤回について

試用期間中に能力不足を理由として約40万円の減給を求められ同意してしまいました。実際の業務ではその上司からパワハラといえる言動があり、「同意しない」という選択ができる状況ではありませんでした。
パワハラは周囲の人も気付いていましたが黙殺状態で、その後に...

1
0
相談日:2019年06月17日
労働条件通知書が誤記で賞与が大幅に下がります。

労働条件通知書の賞与額が誤記で大幅に下がることがわかりました。

私は、昨年10月に転職致しました。転職にあたって労働条件通知書の記載内容を基に転職しました。労働条件通知書には、2017年度ベースで詳細に賞与金額も書いてあり、それと給与を足した年収ま...

1
0
相談日:2018年04月27日
会社都合の減給

会社の経営難という理由で、一方的に半額以上の減給を通告されました。それに応じられないなら退職をと。今転職出来ない理由があり、この通告を受け入れなければなりませんが生活が成り立ちません。法律的に対処する方法はありますか?

1
1
相談日:2019年08月09日
急な、かつ一方的な役職変更と大幅減給について

【大幅は減給のご相談】
昨日金曜日に、代表取締役に来季組織体制の件で部長クラスには事前に報告があるとの事でMTGを実施しました。
その際、下記の報告が一方的にあり、これは『内示』になる為、週明け月曜日までに可否を下さい。もし否の場合には規則上退職の選...

1
0
相談日:2016年12月10日
辞令と給料カットについて

社会福祉法人(乳児院)で現在、洗濯などの雑務を行なっている間接職員なのですが、現在朝8時から夕方16時半の勤務になりますが、調理室への移動を命じられました

勤務体系が2交代で早出の勤務時間が朝6時45分からになるのですが、幼児2人と年長の子を抱えて...

1
0
相談日:2017年10月24日
降格人事による減給

降格人事による職務等級の格下げにより大幅な減給となりました。評価に納得がいかないので異動通知書に同意のサインをせず保留にしました。ネットで調べると降格に伴って減給する場合は就業規則や賃金規定に明確に記載することと本人の同意が必要とあるのですが、就業規則、...

1
0
相談日:2018年09月09日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る