前任者からのメールで誹謗中傷

労働問題

以前勤務していた会社を諸事情により退職することになりました。

当時の上司に退職を伝えたのは私が実際に退職した日の約3カ月前でした。退職する前の1カ月ほど前から後任者(年齢が一回りほど離れている後輩)との引継ぎを行いました。残念ながら全ての業務を引き継ぐことはできなかったので、その後数カ月は不明点があれば連絡をするという形を取り、平日の夜にメールや電話でやり取りをしておりました。

その後、数年間は他企業で勤務しておりましたが、会社に戻って来ないかというオファーを頂きました。一度退職した会社とは言え、人間関係に問題はなく、また報酬もそれなりに良かったため、戻ることを決心しました。

当初はその後任者はそのままの業務に就き、私は彼の上司として違う業務を予定しておりましたが、その後任者は私と一緒に仕事をすることを拒み、結局彼は異動となりました。彼とは特に人間関係に問題があったわけではありません。むしろ私としては短い引継ぎ期間しかなかったため、申し訳ないなと思い、その後も全力でサポートをしようという気持ちでいっぱいでした。

しかしながら客観的に見ても私の方が彼よりも優秀であることは明白であり、その私と比較されることをひどく嫌ったために、私と一緒に働くことを拒みました。また私が戻って来なければ、彼はそのままの業務に就いていた可能性は大ですので、彼は私に仕事を取られたと思っております。結果的には私が彼を追い出した格好となってしまいましたが、私は会社からオファーがあったために、戻って来たにすぎず、私自信に落ち度はないと確信しております。

結局、私が彼に渡した仕事を再度、私が引き継ぐことになったのですが、私のことを避けているのは彼の態度からも明白であり、引継ぎはほとんどありませんでした。

彼は同グループの違う会社に異動となり、そこで新しいメールアドレスを使うことになりました。彼が以前使用していたメールに何かが送信された場合には私のメールアドレスに自動的に転送されるようにIT担当者が設定してくれ、また彼の昔のメールの閲覧権についても私に付与されました。私が不在だった数年に何があったのか分かるために閲覧権が付与されたというのがその理由です。

その彼のメールには私に対する誹謗中傷のオンパレードでした。一例をあげるならば、「どの面さげて戻って来たんだ」、「殺したい。。。」、「あまりにも自己中」「人間的に問題がある。」などです。

これらのメールは数人程度にしか送付されていないようですが、その中には私と面識のない方もおり、彼らには私はどうしようもない人間だと思われているようです。また異動先でも誹謗中傷を繰り返している場合には、私の評判がさらに悪くなることは容易に想像できます。(異動先でも誹謗中傷を繰り返しているという証拠はありません。)

彼が社内メールで私の評判を落とそうとしたことは事実であり、またはっきりとした形で残っております。この場合、このメールを証拠として名誉棄損等で訴えることはできるのでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

相談者(ID:1901)さん

2018年06月13日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

お困りのことと存じます。お力になりたいと思います。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回...

お困りのことと存じます。お力になりたいと思います。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたしますと、損害賠償請求等可能です。ただ、本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。本件の言動が、違法であるかどうか、証拠に基づいて、子細な分析と慎重な対応が必要です。

気軽に、ということであれば(その場合も真剣な相談でお願いいたします)、労働局に相談されて下さい。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、本件に関係した法理等にも通じた弁護士に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

弊所は、ここ=ネットでは、回答を終えさせて頂き、さらなるご質問は、希望される場合にのみ、有料相談でお受けいたします。お力になりたいと思います。クラウンズ法律事務所https://www.crownslawoffice.com
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る
好川 久治
弁護士(ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所)

名誉棄損に該当するかどうかはともかく、あることないこと言いふらして他人の信用を損ねているとすれ...

名誉棄損に該当するかどうかはともかく、あることないこと言いふらして他人の信用を損ねているとすれば事実ですので、その広がりいかんによっては違法となる可能性はありますが、具体的事実の前提もなく、単に自分勝手な主観的評価を限られた友人知人等に知らせているだけでは単なる論評の範疇にとどまりますので、慰謝料を請求できない可能性もあります。弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
好川 久治
弁護士(ヒューマンネットワーク中村総合法律事務所)
住所東京都港区虎ノ門1-4-5文芸ビル8階
対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

【弁護士歴20年】【初回面談30分無料】【虎ノ門駅から徒歩1分】【休日・時間外対応可】豊富な経験と実績に裏打ちされた総合力で、適切な問題解決へと導きます。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon houmu企業法務
Icon kotsujiko交通事故
Icon roudou労働問題
Icon saimu借金・債務整理
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

残業代請求を同僚に気付かれずに行う方法

残業代などが払われていないので請求したのですが、同僚などに気付かれずに請求するには何かいい方法はありますでしょうか?

1
0
相談日:2015年06月12日
ミスをポケットマネーで補填させる

介護施設で働いています。
施設利用者に寿司や鰻などの出前をとることがあるのですが
注文ミスで個数を多く注文してしまうことが時折あり
余った分はミスをした注文者がポケットマネーで買取弁償となっています。
千円程度のものですが、業務内で起こったミスを...

1
0
相談日:2016年11月04日
無断欠勤による解雇について

26歳息子について相談します。
ある会社で5年勤めました。非常にハードで夜勤などもあり、残業が月100時間近くなることもありました。最近は会社も残業規制などもしていたようですが、効率などを指摘されるとプレッシャーになってしまう性格です。

そんな会...

1
1
相談日:2019年05月09日
失業保険

失業保険を申請しようとしたら、勤務年数と雇用保険の加入期間に何年もの差があるのですが本来の勤務期間分で計算してもらう事は可能ですか?
また給付期間の不足分を会社に請求する事は可能ですか?

1
0
相談日:2016年02月03日
労働時間の見解

一件あたりいくらの仕事の労働時間について質問します。
現在一件あたり1500円で契約交わしてます。
8時半から17時半までだと7件くらい回れます。
契約書には移動時間、待機時間、準備、片付けなども1500円に含むと明記してあるのですが、戻ってきてか...

1
0
相談日:2016年04月07日
派遣契約の仕事内容について

現在、第4条2号機械設計で派遣契約をしております。
派遣先にて、原価低減活動があるのですが、原価低減する対象の車が、私が設計者として参加していない車です。
派遣契約の仕事内容として、原価低減活動に参加する必要があるでしょうか?

1
0
相談日:2017年05月24日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る