労働。損害賠償

2018年03月11日

今日ポスト開けて前2日間だけ働いていたネイルサロンから損害賠償の請求を求める書面が送られてきてました。

請求額が105,000円
セミナー代、30,000円
2月1日~28日の15日無断欠勤5000円×15日=75,000円
まだ無断欠勤するとなれば金額は増えると記載されてました。

ここのサロンは技術面などレベルが低く合わないと思い、無断欠勤し着信拒否などしました。
無断で辞めたのは私が悪いと承知です。
書面での契約などはしておらず、口頭でもしお客様に入れる技術力になったら最初は委託という契約でと言われました。
ジモティでのネイリスト募集内容はアルバイト・社員で面接に行った時に委託になると違うことを言ってきました。
セミナーという名の受講は受けてませんし、それが出勤した日の研修2日間のことを指すのであれば教えて頂いたのは4時間程度です。
無断で辞めたのは悪いのは分かりますが、受けていないセミナー代・無断欠勤でのお金を支払いたくありません。
どうにかする事出来ませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

弁護士の回答一覧

  • 回答弁護士藤川 久昭
    対応地域全国

    ご回答いたします

    大丈夫である可能性は十分にあると思いますが、太鼓判はおせないです。リスクはゼロとはいいきれないです。詳しい事情がわからないので、問題となる点を、一般論としてご回答いたします。

    第1に、採用時に、どのような合意があったどうか、その合意についての証拠はあるか、等の検討が必要です。
    第2に、セミナーについて、客観的な目からみた検証が必要です。
    第3に、使用者側に発生した損害について、客観的な目から見た検証が必要です(大丈夫だとは思いますが・・・)。

    気軽に、ということであれば(その場合も真剣な相談でお願いいたします)、労働局に相談されて下さい。法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記関連法理等にも通じた弁護士に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

    弊所は、ここ=ネットでは、回答を終えさせて頂き、さらなるご質問は、希望される場合にのみ、有料相談でお受けいたします。お力になりたいと思います。クラウンズ法律事務所https://www.crownslawoffice.com

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    050-3519-1964

    営業時間:10:00〜22:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日)
    年中無休

    メールで問い合わせする

    現在は営業時間中です。
    お気軽にお問合わせください。

Q&Aを探す

この質問に関連するQ&A

  • 未払い給料、突然の解雇にどう対処すればいいか相談日:2015年11月09日

    新会社立ち上げということで、会社設立前から社員として給料などの条件を話し合い合意できたため、設立に関する(事務所の賃貸契約、内装工事など)交渉なども社長に代わり行ってきました。
    給料は設立準備中で資本金を動かせないとのことで銀行口座開設後一ヶ月遅れで一...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 退職条件相談日:2017年06月09日

    海外工場赴任での条件にて入社しましたが海外赴任2ヶ月後に工場の閉鎖の通知がありました。
    日本本社での勤務もしくは、退職の選択をせまられました。
    自宅から本社までは、遠距離のため通勤は不可能の上住宅手当は、3万円とのこと、退職での条件は最終出社日より1...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 契約書、誓約書にサインをしなくても良いか相談日:2018年04月06日

    息子の事です。
    リフォーム会社勤務で退職願を提出しております。

    退職の理由といたしまして、高額の仕事を取って来ても歩合の金額の低さ、取って来た仕事がキャンセルになると一度支払われたボーナスを返還させられるとか不満やストラスが重なり同業種での独立を...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 労働時間の短縮はハラスメントか相談日:2017年05月09日

    即戦力にならない人の労働時間を減らしたらハラスメントですか?

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 6ヶ月更新の委嘱契約について相談日:2018年03月05日

    契約書には、「契約期間満了日の1ヶ月前迄に、私と会社のいずれからも契約を更新しない旨の申し出がない場合は、本契約は契約期間満了の際に同一の条件をもって更に6ヶ月間延長されたものとし、以降も同様とする。私又は会社は、相手方に対し、1ヶ月前迄に文書により予告...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る

労働問題問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す