不祥事をした場合の対応、懲戒解雇になるか?

労働問題
労働審判

大学で働いております。
業務に関係なく、学生からの依頼により、職場のコピー機、ならびにコピー用紙を大量に使ってしまったこと(年間1000枚ほどを3年前から)を今年の6月下旬ごろに他の職員に密告され、ただ今審査委員会が開かれる前でございます。コピーした内容は、過去問、ノート(板書)、授業のプリント等です。(前科はありません)
大学関係者の事情聴取が数回あり、今はコピーした内容、枚数等を事情聴取されております。審査委員会(処分の審査)が来週、もしくは人事委員会(処分の通知)が再来週に行われる予定です。私自身、聴取があるということなので、毎日出勤しているのですが、仕事がなく、他の課員も私には挨拶だけで、上司からも仕事を与えられません。(メールもCCをつけてもらえません) 電話応対、ならびに大学案内や規定集を読んだり等で、何とか時間をつぶしているのですが、毎日が憂鬱で、夜も眠れなくまた食事ものどを通らない状況です。(病院には行っておりません)事務局長(事務のトップ)からは、パワハラに近い形でやめるように勧告も受けておりますが、家庭があるので、減給、出勤停止、降格でもいいので、懲戒解雇だけは、避けたい旨も伝えております。
ここで、質問なのですが、
1.夏休み(残り4日)や有休(残り35日)を使ったりしても宜しいのでしょうか?
2.いきなり懲戒解雇の処分が下されるという事もあるのでしょうか? 
アドバイスのほうを宜しくお願いします。

相談者(ID:309)さん

2017年09月07日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

お辛い琴と存じます。法的に対応されたい場合には、労働法にかなり詳しく、懲戒法理にも通じた弁護士...

お辛い琴と存じます。法的に対応されたい場合には、労働法にかなり詳しく、懲戒法理にも通じた弁護士に、相談に行かれて、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討すべきです。

1と2について、状況を詳しくお伺いしないと正確なアドバイスは難しいです。ただ、1については、一般的に可能ではあります。

本件については有料でご相談をお受けいたします。お力になりたいと思います。
クラウンズ法律事務所https://www.crownslawoffice.com
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

内示の取り下げ

3/17に内示があり、係長への昇格というものでした。
自分としてはシングルマザーで、高校受験を控えた息子があること、現状でも家庭、仕事と目一杯でこれ以上の負担は無理だと感じ、取り下げていただきたいと直属の上司に訴えました。
すると、これは断れない、こ...

1
0
相談日:2017年03月19日
会社が後日ミスジャッジを認めた降格、職務の変更、転勤。現実的に職種の原状回復不可能な際の解決金の算定基準

当社で27年間営業マンとして関西で勤務し最終的には営業所長を務めておりましたが、部下の指導法が悪いために退職者が多く私の下では働けないとの声が多くあると言う当時の上司がクレームをつけて降級、降格、所長剥奪、転勤を言い渡されました。

しかし、今になっ...

1
0
相談日:2017年02月06日
給与の不当減額か否か

8月16日に退職意思を示し、会社は承諾済みです。
退職日が9月15日に確定している者です。
職種は営業職です。

給与項目の中の「インセンティブ」と言われている項目欄の異常な減額について、不当であるか否かの質問です。

給与体系は15日締、2...

1
0
相談日:2016年08月27日
労働条件や解雇等について

無料相談を拝見したので、何らかの手は打てないかと思い、相談させていただきます。

先日会社を退職しました。
その会社は9月に起業し、在職期間は2ヶ月ちょっとになります。

退職理由としては、経営状態が乏しく、辞めるように促された為になります。
...

1
0
相談日:2016年11月12日
労働条件への不満

福祉関係の個人事業所に勤めています。社員の雇用の仕方について相談します。現在勤めている事業所は、設立1年5か月になります未だ就業規則がありません。オーナーには、6月に作る様に訴えましたが、製作に携わっているとは言っていますが現在まだありません。
4月1...

1
0
相談日:2016年09月27日
年次有給休暇について

2012年9月から2012年9月末までアルバイトとして勤務(所定労働時間7時間 週5日勤務)
2012年10月より無期の正社員として勤務中
事業主は同じです。

この場合、有給発生要件(出勤率8割以上)は満たしている場合、正社員として勤務開始の1...

1
0
相談日:2017年02月04日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る