業務委託契約終了後の競業禁止についての条項について

労働問題
労働審判

業務委託契約終了後の競業禁止についての条項についてご質問
させていただきます。

就業していただく技術者との基本契約書には
業務委託又は派遣契約終了後1年間は、甲(弊社)の事業に対して
職務として接触または顧客への転職等、又はこれを試みることを
してはならない。

また、乙(就業者または取引先会社)は業務委託又は派遣契約
終了前1年間に甲の職務として接触又は取引のあった顧客及び
顧客取引先の引き抜きをしないものとする。

このような項がございます。
こちらからの了承が得られた時には該当しないとも明記しております。

職業選択の自由などもありますが、就業前に基本契約を締結していても
このような条項を基本契約書に明記する事は法令違反に該当するもの
なのでしょうか。

皆さまのお知恵をお聞かせいただけますでしょうか。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

kj3さん

2016年12月12日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

労働契約の場合は、退職後の競業避止義務の有効性について、労働者にある程度有利な法的ルールが存在...

労働契約の場合は、退職後の競業避止義務の有効性について、労働者にある程度有利な法的ルールが存在しますので、合意内容すべてが有効になるとは限らないです。しかし、合意すること自体まで無効にするものではないです(その他、公序良俗違反の内容がない限りは)。

ご相談内容によれば、労働契約ではなく、業務委託契約ですよね・・・ 同契約が労働契約だと法的に評価されうるか否かがまずは問題となります。されなかった場合には、上記ルールの適用はないです(ただ、趣旨の準用などはありうる??)。

専門的な問題ですから、法的にきちんと対応されたいならば、労働法にかなり詳しく、退職後の競業避止義務問題にも通じた弁護士に相談に行かれて、法的に正確に分析してもらい、この後の対応を検討するべきです。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

仕事中の人間関係について

先日、あまり仲の良くない同僚と二人で仕事中に同僚の過失で骨折しました。労災にはなったのですが同僚からの謝罪の言葉がなく、一方的に靴の状態が悪い、骨所しょしょうじゃない、只の打撲で  と言われようのないことばかりを言われました。
労災は、おりましたが、こ...

1
0
相談日:2017年08月08日
退職について

退職の事で質問があります。
退職届けを7月10日に1ヶ月後の8月9日付けで提出した所、会社の締日が25日なので7月25日付けで退職して下さいと言われた場合、自主退職になるのでしょうか?会社都合の退職になるのでしょうか?どちらになりますか。
因みに社内...

1
0
相談日:2016年07月13日
給与がありえないほど低賃金

仕事の内容にたいして報酬がありえないです、パワハラもうけています

1
0
相談日:2017年06月19日
修理代の全額負担

運送会社で働いてる者です。事故でトラックの修理代を全額ドライバー負担と口頭で言われて給料の無事故手当の一部から毎月一定額を引かれています。全額負担は正当なんでしょうか?また辞める時に残りを請求されたら払う必要はありますか?

1
0
相談日:2016年02月15日
降格について

今回会社の辞令で等級が1つ下がります。
会社の説明では、職位統合が目的であり、減給を伴わないので降格ではないといいます。

ただ、現状1等級下の職位の人たちと同じ職位になります。

これは、会社の説明通り本当に降格ではないのでしょうか?

...

1
0
相談日:2017年08月25日
退職届について

アルバイトで事務をしています。

管理職を含む、不特定多数の人から嫌がらせを受けて3年経ちます…。
職場で孤立させられ、課長にも嫌味を言われるので、相談できる人もいないです。

ここ最近では、急に契約時の労働内容とは違う、事務以外の作業に変えら...

1
0
相談日:2017年04月11日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る