退職日を繰り上げされました。

労働問題
不当解雇

先日、12月31日日付で自己都合による退職願を出しましたところ、社長から、「退職日を10月31日にしてくれ」と言われました。退職日を前倒しするのは、当然、会社の都合ですから、「では、10/31での退職は会社都合でいいですよね?」と確認したところ、「退職するのは自分の意思なんだから、会社都合にはできない」と言われました。本来は、円満退職したく、争議になるようなことはしたくありませんが、こちらの言い分が全く聞いてもらえないのは納得できません。もし、争議になった場合、過去の例からして、どのような決着が考えられるでしょうか?

相談者(ID:)さん

2016年08月30日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

カピバラ3 さん 第1に、10/31退職に納得がいかなければ、合意をしては絶対にいけません。...

カピバラ3 さん
第1に、10/31退職に納得がいかなければ、合意をしては絶対にいけません。第2に、それでも会社が強硬に10/31の退職を強要してくるなら、それは解雇です。第3に、さらに、カピバラ3さんの、退職意思表示が労働契約合意解約の申し入れととらえれば、それとは違った条件で、新たに会社からの合意解約の申し入れを行ったことになり(民法528条)、カピバラ3さんの申し入れは「なかったこと」になります。

意外と難しい問題ですので、納得のいく解決を望まれるならば、労働法にかなり詳しく、退職、辞職、合意解約、解雇の法理と実務にも通じた弁護士に相談に行かれて、法的に正確に分析してもらうべきです。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

不当解雇 慰謝料を請求したいと思っています。助けて下さい。

33歳結婚しており子供もおり男性です。仕事を始めてから5ケ月なんですが、技術不足を理由に解雇してもいいかと聞かれました。

文面で服装がだらしないとか、作業をしないとか、いかにも私だけがそうゆう風に仕事をしてると書かれているんですが、注意されたことや...

1
0
相談日:2015年10月21日
不当解雇??

先日、社長から解雇通告されました。理由は、やる気が見えない事や職務経歴を少なめに記入している事でした。確かに職務経歴は経験会社を少なめに書きましたが、社長が知ってから1年以上たっています。また、やる気がないとのことですが営業職で成績は悪くない方でした。そ...

1
0
相談日:2016年02月05日
退職を迫られています

上司から呼ばれ利用者さんの娘さんに家族会に出席して施設長に言うべき事は言った方が言いとは言ったが焚き付けていないのにあなたが言ったんですよねって何度も強要された
しかもラインのやりとりをコピーしたのを施設長にわたし録音までされ証拠をとっていた
辞める...

1
0
相談日:2016年05月28日
解雇は妥当でしょうか?

先日、外資系の会社の業務縮小のため、突然、解雇の通告を受けました。また、個室に呼ばれ、解雇のための同意書にサインをさせられました。もう、本国での決定事項なので、サインしなくてはならないという雰囲気の中での説明だけを受けました。

内定通知書受領: 2...

1
0
相談日:2016年03月23日
不当解雇でしょうか?

3/14、解雇されました。
病院に行ってから遅刻で出勤。
社長→病院どうだった?
私→前から通っている精神科です。
社長→AのGPS見てるんだろ?
私→Aは外出先から帰ってくるのが遅いので不審に思って見ました。
社長→それはマナー違反だ。やっ...

1
0
相談日:2017年03月29日
解雇に準ずる自己都合退職 本人の意思不要、予告不要、産育介護休は無効

地方公務員の医療職で任用され公的病院の三交代制勤務看護師で正規職員、終身雇用での雇用契約書。平成17年4月1日から勤務して正月もなく救急医療に従事しました。

タイトルの理由をもって職を失う辞令書が送られ、散々連絡をとって給付もなく、保険料の免除も受...

1
0
相談日:2016年08月06日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る