サービス残業及び始業はアルバイトでも強制

2016年03月11日

某最大手小売チェーンで一日3時間のアルバイトとして、働いてました。(期間は5年半前から~3ヶ月前まで)
異変は働き始めてすぐでした。兄弟で受けて、僕だけ希望した部門に慣れず早朝の部門にすぐ移されました。
その時点での店長は、目の前でタバコを吸いながらパワハラやセクハラ(シモネタ)発言が多く。
自分が店内の声で整髪料の匂いを注意された翌日に、僕の体臭がひどい病院で診断してこいと(夏場大きなに荷台を動かすので気をつけてました)言い放ちました。
他にも諸々あるのですが。

本題はここからです。
震災の起きる直前、1人で間に合わない作業量を2人でローテーションしなければならなくなり。
先輩の他の仕事もあったので。1人でやる作業ではないところを1人でやることになったのです。
朝6時始業のはずが朝4時に出てきて、鍵を開けて
暗い中仕事。
朝6時にスキャンするよう命じられ
朝9時までに終わらなければ(荷物が来る時間があるのでムリですが)怒られるというのが人員増加まで続きました。その後店長が変わったりしても
売上の指標になる商品を買え。と週1以上に言われる時や
サービス残業が多く。サービス出勤は有給でもあたりまえ
一度上告した際は、監査が来て忙しくなっただけで終わり。

色々とあまりに酷く辞めようとしても
辞めようとすると止められ、説教を最悪受けるのがつづき。
家が近所のため向こうも強気に出てきました。

僕としては、延滞料を含め不当に支払われてない給与を払って頂きたい
当時の店長などに会わずに話を進めたいです。
会社に

弁護士の回答一覧

  • 回答弁護士藤川 久昭
    対応地域全国

    ご回答

    「まこさん」さん
    悔しい思いをされたのですね・・・ 残業代請求の時効は2年ですし、パワハラなどの損害賠償請求の時効は3年(債務不履行構成にして10年にすることも可能です)、可能な範囲での請求をなさるべきだと思います。是非お近くの監督署、労働局、弁護士に相談に行かれて下さい! ちなみに、「当時の店長などに会わ」ない解決は、100%保障できない可能性が高いです。

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    050-3519-1964

    営業時間:10:00〜22:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日)
    年中無休

    メールで問い合わせする

    現在は営業時間中です。
    お気軽にお問合わせください。

Q&Aを探す

この質問に関連するQ&A

  • 残業代相談日:2017年05月27日

    勤めている会社では残業分を別の相手いる時間帯に休めとなっているのですが実際のところ実際のところ100日(8時間労働として)ほど、会社の言うところの時間給が貯まっていますこの度会社業績不振のためリストラ対象となりましたがこれを残業代として請求できますか?ち...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 残業代請求相談日:2016年07月29日

    先日こちらでアドバイスをいただいた者です。
    日当12000円の残業だと1875円と教えて頂き1650円で計算されていたので請求しようと思っています。
    会社に提出するには自分で遡って2年分を計算して出すのか会社に言えばいいのかアドバイスをお願いします。

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • タイムカードがない会社です相談日:2017年02月22日

    仕事のボリュームが多く、毎日残業し半年で休みが取れたのが10日程度です。
    それでも仕事が滞ることで、無責任・いい加減と叱責を受けます。

    心身ともに疲れて退職を希望しましたが、その場で退職届と金銭の請求をしない旨の誓約書を書かされました。

    な...

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る
  • 店長手当と残業代相談日:2014年08月08日

    携帯販売の会社に勤務しています。(27歳 入社3年目)
    会社には正社員として入社しましたが、3ヶ月後には店長になり、仕事内容も
    過酷になると同時に労働時間も長くなりました。
    会社からは店長になる前に残業代は支払われていたのですが、店長になると店長
    ...

    弁護士回答数 /2回答
    質問を見る
  • バイトについて相談日:2018年06月29日

    週4日から5日で平均7時間〜10時間バイトをしています。一日休憩時間が賄いを食べる15分ほどしかありません。人手不足なのですが休憩を増やしてもらうことは可能ですか?

    弁護士回答数 /1回答
    質問を見る

労働問題問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す