解雇される可能性はありますか?

労働問題
その他

私は現在強迫性障害の治療中です。この症状は現在在籍中のバス会社に入社する前から症状がありました。ただ当時は私だけかとまさか精神症状だとは思わず何もせず、入社時に会社にも伝えていませんでした。そして今私は適応障害で休職中なのですが、その際にふとこのことを思い出し調べてみると強迫性障害かもしれないと思い先日精神科に相談したところ強迫性障害かもしれないと言われました。その際にバスの運転について聞いたところできればやめたほうがいいと言われました。私は将来バスの運転士になる職についています。強迫性障害のことを会社に言ったほうがいいと思うのですが、入社時に伝えていないことなのでクビになるのではないかととても不安です。解雇される可能性はありますか?どなたかよろしくお願い致します。

相談者(ID:20323)さん

2021年07月23日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
伊藤 悠理
弁護士(静岡・市民法律事務所)

強迫性障害の内容によるのではないでしょうか。 障害の内容が,バス運転手になるにあたり重大な障...

強迫性障害の内容によるのではないでしょうか。
障害の内容が,バス運転手になるにあたり重大な障害となるものかどうか,という点がまず問題となるように思います。
仮に,これが肯定された場合,勤務先があなたの採否を検討するにあたり,あなたが重要な事実を意図的に隠匿したとみなせば,あなたに対する信頼は揺らぐことにはなるでしょう。

もっとも,それが直ちに解雇に直結するかと言えば,そうではないと思います。
バス運転手になる以外にも,勤務先における担当業務があり,その業務を行うにあたりあなたの障害が問題とならないのであれば,担当業務を変更してもらうべきでしょう。いきなり解雇をするのは,不当なように思います。

あなたのことをよく知る医師と相談すべきではないかと思います。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
伊藤 悠理
弁護士(静岡・市民法律事務所)
住所静岡県静岡市葵区伝馬町9-10NTビル601
対応地域静岡県

【休日対応可能】【面談時間無制限】相談者が納得いくまで膝を突き合わせてご相談にのります。 離婚・相続問題のお悩みは何でもご相談ください。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

この休憩の仕方は違法では?

朝5時前から11時頃で作業が終わり午後から15時から16時まで作業して終わります。
昼休憩は朝の作業が終わり次第休憩に入ります。
会社側は間に休憩があるから違法では無いと言います。
この休憩の取り方は違法では?

1
0
相談日:2020年05月22日
退職時の社食代について

この度約2年勤めた会社を辞めたのですが辞めた会社には寮があり朝から夜まで社食が食べられるところでした。
部署が変わり社食を食べることができる時間に全てシフトが組まれており一切社食を食べることはありませんでした。
ですが辞めてから今までにかかった表題な...

1
0
相談日:2020年02月09日
会社からの強制的な呼び出しについて

お世話になります。

現在、会社から「会社に対して悪い影響を与えている」という云われなき理由で呼び出しを受けています。呼び出している相手方は社長以外の上司を含めて4名です。そのうち3名は直属の上司ではありません。また、上記以外の具体的な理由を伝えられ...

1
0
相談日:2019年09月15日
これは裁かれる事象でしょうか?

ある外資系の企業に勤めている営業(50歳既婚)です。ある飲み会での出来事で人事から処分されることがあるかをお伺いしたいです。
私と、同じ会社の別の部署の営業の女子(30歳独身)と、お客座の懇親会(飲み会)に行きました。場所は遠隔地で、私と彼女とは個人的...

1
0
相談日:2019年07月31日
レジ誤差の調整の犯人探し

違算がオーバーで出たら閉店時お店で保管し、不足で出たらそこから補てんしていたのですが、上司に見つかり、最初は何のためのお金か?を特定すると言っていただけでした。

聞き取り調査が始まって、『目的は分からない』を従業員が繰り返していたら、『これは犯罪だ...

1
0
相談日:2019年04月09日
アルバイトから社員になった時の有給について

社保付きで4年以上バイトとして飲食店で働いていました。今年の1月から同じ飲食店で社員として働くことになったのですが、アルバイトから社員になる際に雇用形態が変わるため有給が引き継がないと言われました。アルバイトの最後には20日もあったのにそれが全てないと言...

2
0
相談日:2020年04月10日
フリーワード検索で法律相談を見つける

労働問題に関する法律ガイドを見る