離婚を得意とする弁護士を検索して法律相談

離婚の法律相談可能な弁護士一覧

102名の「離婚」弁護士(1-10名を表示)弁護士の並び順について※弁護士の並び順について

あなたの弁護士では有償登録弁護士を優先的に表示しています。
「有償登録弁護士」とは、有償登録契約に基づき掲載している弁護士を指しています。

また、サイト内で最適な検索および選択ができるよう、以下条件などを総合的に加味して並び順を決定しています。
・ページ内テキスト量、費用・事例の掲載、問合せ数の多寡
・営業日、営業時間内の弁護士を優先表示

離婚を得意とする弁護士を地域で絞り込む


検索条件を変更して弁護士を探す

地域・分野で検索

地域
分野
検索

どんな弁護士に相談すればいいの?

相談者の中には、「弁護士がたくさんいて、どの方に相談すればいいのかわからない」という方もいます。弁護士を選ぶ際は、次にお伝えする内容を参考にしてみてください。

解決実績が豊富である

同じ相談であっても、依頼する弁護士次第で別の結果になることがあります。

弁護士としての経験に加え、どの分野に力を入れてきたのか、プロフィールを確認しましょう。

さまざまな解決策を提示してくれる

あなたの要望等をヒアリングした上で、さまざまな解決策を提示してくれるかどうか確認しましょう。

離婚問題では、裁判や調停のみならず、話し合いや示談などあらゆる解決手段があります。依頼者にとって負担が少ない方法を提示してくれるかどうか、確認してみてください。

料金体系が明確である

弁護士費用の主な内訳は次のとおりです。

  • 相談料
  • 着手金
  • 成功報酬
  • 実費

何をお願いしたらいくらかかるのか、依頼をする前に必ず確認しましょう。ここが明確に理解できていないと、トラブルにもなりかねません。

リスクに関しても説明してくれる

弁護士に相談したからといって、すべてがうまくいくわけではありません。問題に対してどんなアプローチを取ろうとしているのか、どんなメリットがあり、どんなリスクがあるのか、明快な説明があるかチェックしてみてください。

話しやすいかどうか

上記の条件を満たした上で、話しやすいかどうかを確認しましょう。離婚問題解決までに、時間を要する場合があります。

弁護士とのコミュニケーションがうまく行かなければ、どこかでうまく行かなくなる恐れもあります。

離婚問題で弁護士に相談するべきタイミング

弁護士に依頼せずに離婚問題を解決できるのであればそうするに越したことはありませんが、話がある程度こじれてきた場合は、弁護士へ相談をすることで、解決への糸口が見えてくる場合もあります。弁護士に相談するべきタイミングを見ていきましょう。

協議離婚ができそうにないとき

慰謝料や養育費、財産分与などに関して、まずは当人同士での解決ができそうかどうか確認しましょう。とはいえお金やお子さんなどが関わることではありますので、話がまとまらないことも珍しくはありません。

話が堂々巡りになりまとまる気配がないようであれば、弁護士への相談を検討しましょう。

離婚後の生活が不安なとき

お子さんがいらっしゃる方であれば、離婚後の生活について不安を感じていることでしょう。弁護士に依頼すると、相手方と条件面で話をまとめてくれたり、解決までのアドバイスをもらえたりします。

慰謝料を請求したいとき

慰謝料の金額は双方の合意できまります。慰謝料を請求し合意を得るためには、金額が妥当である根拠を提示しなければなりません。

弁護士に依頼をすることで、適切な金額を請求できる上に、離婚後のトラブルも防止しやすくなります。

相手側に弁護士がついたとき

この場合は、こちらも迷わず弁護士をつけた方がいいでしょう。相手方の弁護士は、相手にとって都合が良くなるように話し合いをまとめようとするからです。

相手方が提示してくる条件が妥当かどうか、判断できるのは離婚問題の経験がある弁護士です。不利な条件で話し合いがまとまらないよう、こちらも弁護士をつけましょう。

離婚問題でよくあるご相談内容

参考までに、当サイトの無料Q&Aコーナーに寄せられた質問を一部ご紹介します。

検索条件を変更する

エリアを絞り込む

得意分野で絞り込む

料金表・解決事例

対応体制

費用・お支払い方法

弁護士の特徴

性別

年齢

弁護士歴