離婚協議書の作成を弁護士に依頼するメリットと費用相場

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
離婚協議書の作成を弁護士に依頼するメリットと費用相場

離婚協議書の作成を弁護士に依頼した場合の費用相場はいくらぐらいなのでしょうか。今回、弁護士費用の相場と費用を抑えるコツについてまとめました。

そもそも離婚協議書(りこんきょうぎしょ)とは、離婚する際に夫婦で決めた慰謝料や親権などの条件をまとめた契約書のことを言います。この協議書は、離婚届を出す前までに作成し締結するのが一般的です。

離婚する際に、離婚協議書を作成する理由やメリットは何でしょうか。それは、離婚協議書には法的な効力が備わっているため、いざというとき自分を守る証明書となることです。

万が一、離婚成立後に慰謝料が支払われないなどのトラブルがあった場合、離婚協議書があることにより「○○万円の慰謝料を支払うことにお互い合意していた」と立証する証拠になります。

もし、離婚に向けた準備を進めているならば、法律のプロである弁護士監修の元、離婚協議書の作成をしておくことをおすすめします。これからご紹介する内容を見た上で、ぜひ検討してみてください。

◆不安な方は弁護士に依頼しよう


離婚協議書の作成を弁護士に依頼することで以下のようなメリットがあります。

・法律の観点から適切な協議書の作成が見込める
・調停や裁判などに発展したときも頼れる
・夫(妻)との交渉が必要となったとき代理対応してくれる
・依頼者の状況を踏まえた上で有利に離婚するためのアドバイスをくれる

作成の依頼をしたい方は、お近くの地域から弁護士を探して相談してみましょう。

離婚問題について相談できる弁護士を探す

離婚協議書の作成を依頼する弁護士の選び方と費用相場

まず始めに、離婚協議書の作成依頼をする際の弁護士の選び方と、かかる費用の相場について確認していきましょう。

離婚手続きも含めて弁護士に依頼した場合の費用などについて知りたい方は、「離婚の弁護士費用相場と出来るだけ費用を抑える5つの方法」や「離婚弁護士の選び方|賢く離婚するための7つの心構え」をご覧ください。

弁護士の選び方

離婚協議書の作成依頼を安心して任せられる弁護士の選び方は、以下に挙げた特徴を持っているかどうかをひとつの判断基準にすると良いでしょう。

  • 離婚問題に精通した弁護士
  • 離婚問題の解決実績が豊富な弁護士
  • 話を親身に聞いてくれる弁護士

 

【関連記事】

離婚弁護士の選び方|賢く離婚するための7つの心構え 

弁護士と行政書士の違い

離婚協議書の作成を専門家に依頼する際、弁護士以外に行政書士への依頼を検討する方もいることでしょう。そこで、下記に弁護士と行政書士の違いをまとめました。

弁護士の選び方

弁護士は、いざというとき代理交渉をしてくれることや財産分与や慰謝料が本来請求していた額より多くとれることをアドバイスしてくれるなどのメリットがあります。

弁護士と行政書士に依頼するメリットデメリット

弁護士

メリット

  • 法律の観点から適切な協議書の作成が見込める
  • 調停や裁判などに発展したときも頼れる
  • 夫(妻)との交渉が必要となったとき代理対応してくれる
  • 依頼者の状況を踏まえた上で有利に離婚するためのアドバイスをくれる

デメリット

  • 行政書士に依頼するよりも費用が高い
  • 敷居が高いイメージがある

行政書士

メリット

  • 書類作成の専門家なので安心して任せられる
  • 弁護士に依頼するより費用が安い
  • 敷居が低いイメージがある

デメリット

  • トラブルに発展したときに対応ができない

弁護士費用の相場|離婚協議書の作成費用

離婚協議書の作成でかかる費用の相場をまとめました。離婚協議書の作成だけであれば、5~10万円ほどで依頼可能です。

ただし、離婚協議書の署名をトラブルなく済ませるために弁護士を同席させる、弁護士が公正役場に行くことになった場合は別途費用がかかるため注意が必要です。

費用項目

費用

離婚協議書の作成

5万円~10万円程度

日当(弁護士が公証役場に行く費用など)

5万円程度

離婚協議書への署名を行うときの同席

5万円程度

弁護士費用を抑えるコツ|離婚協議書の内容チェックのみ依頼する

手持ちがないため、できる限り弁護士費用を抑えたいという方は、離婚協議書を自分で作成し、弁護士にチェックのみしてもらうと良いでしょう。この場合、1万5千円~5万円程度が相場となります。

離婚協議書の作成に必要なものと弁護士費用以外に必要な費用項目

次に、離婚協議書の作成に必要なものと、弁護士費用以外にかかる経費の項目について確認していきましょう。

必要書類

離婚協議書の作成に必要な書類は以下の通りです。証明書などは基本的に夫婦両名の分を用意します。

  • 発行から3ヶ月以内の印鑑証明書(夫婦分)
  • 戸籍謄本(夫婦分)
  • 免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 実印(夫婦両方分)
  • 公証人手数料
  • その他(財産に関する書類など)

弁護士費用以外にかかるもの

離婚協議書の作成は、弁護士に依頼する費用の他に以下の手数料がかかります。公証人手数料に関しては、慰謝料や財産分与などの金額によって異なるため注意が必要です。

なお、公証人手数料とは公正証書の作成に必要な費用のことです。詳しい内容は「離婚協議書を公正証書にすべき理由」にて解説いたします。

  • 印鑑証明書の発行料金:200~400円(1通あたり)
  • 戸籍謄本の発行料金:450円(1通あたり)
  • 公証人手数料

離婚問題について相談できる弁護士を探す

離婚協議書を公正証書にすべき理由

離婚協議書を作成するときは、公正証書にした方が良いとされています。その理由についてまとめました。さらに、離婚協議書と公正証書の違いについても解説しています。

公正証書とは

公正証書とは、法務大臣が任命する公務員の公証人が法律に基づいて作成する公文書のことです。公正証書に執行受諾文言が付されていれば、慰謝料や養育費の支払いが滞ったときは、裁判をしなくても強制的に支払いをさせることができます。

公正証書は、公証役場に行って作成することとなるため、公証人手数料というものがかかります。この手数料は、慰謝料や財産分与の金額によって変動するため、以下の表を参考にしてみてください。

公証人手数料

慰謝料や財産分の金額

公証人手数料

100万円以下

5,000円

100~200万円以下

7,000円

200~500万円以下

11,000円

500~1,000万円以下

17,000円

1,000~3,000万円以下

23,000円

3,000~5,000万円以下

29,000円

5,000~1億円以下

43,000円

引用:日本公証人連合会

(法律行為に係る証書の作成の手数料の原則)

第九条  法律行為に係る証書の作成についての手数料の額は、この政令に特別の定めがある場合を除き、別表の中欄に掲げる法律行為の目的の価額の区分に応じ、同表の下欄に定めるとおりとする。

引用:公証人手数料令

離婚協議書の作成を弁護士に依頼すべき理由

離婚協議書の作成を弁護士に依頼すべき理由

離婚協議書の作成を弁護士に依頼すべき理由とは一体何でしょうか。主に3つの理由が挙げられます。

法律的な観点から書類作成をしてくれる

弁護士に依頼するメリットは、なんといっても法律的な観点から離婚協議書を作成してくれることでしょう。あなたが不利にならないよう、的確な文言で書類をまとめてくれます。

依頼者の状況に合わせた離婚協議書が作れる

最近では、インターネット上に離婚協議書の無料テンプレがあるため、個人でも気軽に作成できます。しかし、弁護士に依頼することでよりあなたの状況に合わせた内容の協議書が作成できるため、後に不要なトラブルを防ぐことに繋がります。

財産分与で得られる金額が上がるなどの可能性がある

離婚協議書の作成で弁護士に依頼した場合、あなたが置かれている状況にもよりますが、さらに高額な財産分与や慰謝料が得られる可能性があるといったアドバイスが貰えます。

より高額な慰謝料や財産分与を得るためにすべきことを教えてくれる、手続きのサポートしてもらうこともできるでしょう。

離婚問題について相談できる弁護士を探す

離婚協議書の作成時に役立つ知識

離婚協議書の作成に役立つ知識をまとめました。弁護士に依頼した場合の手続きの流れや自分で協議書を作成することのメリットデメリット、夫(妻)から公正証書にすることを拒否された場合の対処法について解説しています。

離婚協議書作成依頼の流れ

離婚協議書の作成を弁護士に依頼したときの流れを下図にまとめました。依頼後、あなたの状況や要望などをヒアリングした上で弁護士が協議書案を作成し、内容をすり合わせていくことになります。

離婚協議書作成依頼の流れ

離婚協議書を自分で作った場合のメリットデメリット

離婚協議書は自分で作成することもできます。その場合、弁護士費用を節約することはできますが、作成の手間がかかる、法的な観点からみたときに効力のない協議書となる可能性があります。トラブルとなったときにかかるコストからみても、弁護士に依頼するのが得策でしょう。

メリット

  • 費用が安く抑えられる

デメリット

  • 法的な観点から見て効力のない書面となるリスクがある
  • 作成の手間がかかる

公正証書にすることを夫(妻)が拒否した場合

万が一、夫(妻)が公正証書にすることを拒否した場合どうすれば良いのでしょうか。この場合、相手は財産分与や慰謝料の取り決めに納得していないまたは支払う気がない可能性があります。

財産分与や慰謝料の分割支払いをみとめないなどの対処法がありますが、弁護士に相談して適切に対処していくことが最も望ましいと言えます。

まとめ

離婚協議書は、離婚時に夫婦で決めた約束ごとを記録に残し、証明するための書類です。公正証書にしておけば、いざ財産分与や慰謝料の支払いが途絶えたときに迅速に強制執行手続に移ることができるため、あなたの盾となること間違いないでしょう。

多少の費用はかかりますが、離婚後トラブルに巻き込まれないためにも離婚協議書は弁護士に依頼して作成してもらうことをおすすめします。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚が得意な弁護士を探す