ダブル不倫で相手から高額な慰謝料を獲得するポイントと請求手順まとめ

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
ダブル不倫で相手から高額な慰謝料を獲得するポイントと請求手順まとめ

ダブル不倫という言葉を聞いたことありませんか。これは、配偶者がいるもの同士が不倫を行うことで、「あなたのことはそれほど」というドラマで世間の注目を集めました。

ダブル不倫で相手から高額な慰謝料を獲得するポイントと請求手順まとめ図を見ると分かると思いますが、ダブル不倫と普通の不倫の大きな違いは、被害者が2人ということです。そのため、慰謝料請求をするとこちらが損をする可能性があります。

ですが、不倫された挙句に慰謝料請求もできないのは悔しいですよね。自分の配偶者にも、不倫相手にも責任を取ってもらいたいものです。

なのでこの記事では、ダブル不倫をされた場合の慰謝料について損をせずに獲得する方法について紹介します。

【無料】浮気診断シミュレーター!3つの質問に答えるだけ!【PR】

HAL探偵社

「夫の浮気メールを発見したがいつ会っているか分からない…」「妻の週末の帰りが遅く浮気が心配だ…」「交際相手が浮気してるかも…」「浮気調査費用っていくらぐらいだろう…」
そんなときは浮気診断シミュレーターをご利用ください。裁判でも使える浮気の証拠集めはプロにお任せ。確かな証拠を掴むことが解決への第一歩となります。

交際相手の浮気診断をする ≫ダブル不倫で相手から高額な慰謝料を獲得するポイントと請求手順まとめ

 ダブル不倫で慰謝料を請求する際の注意点

 ダブル不倫で慰謝料を請求する際の注意点ダブル不倫は慰謝料を請求することができますが、一般的な不倫と違うため注意しなければいけないことがいくつかあります。

誰に請求できるのかを確認する

ダブル不倫で慰謝料を請求できる相手は、自分の配偶者と不倫相手です。

(例)

誰に請求できるのかを確認する

上の図で慰謝料を請求することができるのはA子とB夫です。誰に請求できるのかというと、

  • A子→A夫・B子
  • B夫→A夫・B子

要するに不倫の当事者に請求が可能になるということです。A子やB夫に直接慰謝料を請求できませんが、A子とA夫・B子とB夫が夫婦である限り、被害者であるA子とB夫も経済的なダメージを受けることになります。

慰謝料を請求しても損をする可能性がある

不倫相手の配偶者も被害者になるので、慰謝料をお互いに請求し合う形になります。

夫がダブル不倫し、慰謝料を請求されました。弁護士費用も含め250万円程です。このお金は、どこから出すべきでしょうか?私の方も女性に請求中です。もし、取れた場合にそのお金で助けていいのかも迷っています。

(引用:発言小町)

このように、請求されたお金を慰謝料としてもらったお金で返すことになる可能性もあるのです。また、自分の配偶者に慰謝料請求しても離婚しないのであれば、夫婦間をお金が行き来するだけになるので、メリットが全くありません。

ダブル不倫による慰謝料の相場

https://bengoshiportal-prod.s3.amazonaws.com/system/wp-content/uploads/2017/04/pixta_279291_S-1.jpg

ダブル不倫による慰謝料の相場は、一般的に100~300万円といわれています。慰謝料が事案によって幅があるということですね。

慰謝料が高額となりやすいケース

以下の項目に当てはまる数が多いほど、配偶者や不倫相手に高い慰謝料を請求できる可能性が高いと言われています。

  • 不倫相手の年収が高い
  • 不倫相手の年齢が高く、あなたの配偶者との年齢差が大きい
  • ダブル不倫に及ぶ前は夫婦円満だった
  • 不貞行為に及ぶ期間が長く回数が多い
  • ダブル不倫で受けた苦痛によりあなたが精神病を患った
  • あなたと配偶者の婚姻期間が長い
  • あなたに子どもがいる など

慰謝料請求に有効な証拠

ダブル不倫を理由に慰謝料請求するのに有効な証拠は、具体的に以下のことが分かる証拠が有効と言えます。

  • 相手が既婚者と知りながらダブル不倫(不貞行為)に及んでいたこと
  • 当人の意思でダブル不倫(不貞行為)に及んだこと
  • 肉体関係があること
  • 不貞行為をしていると分かるメールのやりとりを印刷したもの
  • 相手の行動と自分の心情を綴った日記
  • 不貞行為と判断できる写真や音声などの記録
  • 調査会社からのダブル不倫に関する報告書

不貞行為の証拠につてくわしく知りたい場合はこちら「不貞行為とは|立証するために必要な5つの証拠と慰謝料相場」をご覧ください。

また証拠を集める場合は探偵に相談することをおすすめします。

HAL探偵社慰謝料請求に有効な証拠

ダブル不倫で慰謝料請求をする手順

ダブル不倫で慰謝料請求をする手順ダブル不倫を理由に慰謝料請求する際の手順について確認していきましょう。

配偶者の不倫相手に慰謝料請求をする場合

まず、配偶者の不倫相手に慰謝料請求をする場合、配偶者と不倫相手を交え、慰謝料請求について話し合いの場を設けましょう。当事者だけでも問題ありませんが、冷静な対応をするために、弁護士に仲介を依頼する方法もあります。

話に応じない場合は内容証明を送る

もしも配偶者の不倫相手が話し合いに応じない場合、内容証明郵便を慰謝料請求したい相手に送りましょう。請求したことを裏づける証拠にもなり得るため、裁判を行った場合相手は白を切ることができなくなります。

解決しない場合は裁判をする

話し合いでまとまらない場合は、「民事訴訟」を起こす必要があります。不倫相手の住所地で行いますので、素性を把握することが必要です。

訴訟を行う場合は離婚問題の解決に注力している弁護士に相談・依頼することで有利に進めることができます。

配偶者に慰謝料・離婚の請求をする場合

配偶者に慰謝料請求をする場合、離婚する話し合いも同時に行うこととなるでしょう。この場合、当事者同士で話し合う(正確には協議離婚といって、離婚・慰謝料請求・財産分与・親権などの話し合い)までは上記と同じです。

離婚について話すのであれば離婚調停へ

慰謝料請求とは別の話ですが、離婚について第三者を交えて話し合いたいのであれば離婚調停を行います。家庭裁判所の調停委員2名に間に入ってもらい、話し合いによって離婚するかどうかを決めていきます。

慰謝料請求に関して話すことも可能ですので、上記でお伝えした不倫の証拠をご用意ください。

離婚調停でも解決しなければ裁判も検討

離婚調停は配偶者の合意がなければ、離婚も慰謝料請求も成立しません。どうしても離婚して慰謝料請求をしたいのであれば、離婚裁判を行いましょう。

配偶者が拒否をしていても、裁判所が離婚や慰謝料請求を認めたのであれば、判決結果に従わなければなりません。

もちろん、裁判所に認められるために、客観的な証拠や法的知識が必要になりますし手続きが増えてきますので、離婚裁判では弁護士に依頼することをおすすめします。

HAL探偵社配偶者に慰謝料・離婚の請求をする場合

ダブル不倫で慰謝料請求をしない方が良いケース

https://bengoshiportal-prod.s3.amazonaws.com/system/wp-content/uploads/2017/04/pixta_25820123_S.jpg

ダブル不倫が発覚しても以下のような場合、慰謝料請求してしまうと損をしてしまう可能性があります。

あなたに離婚の意思がない場合

あなたに離婚の意思がない場合、配偶者の不倫相手に慰謝料請求しても、不倫相手の配偶者から慰謝料請求されて実質的に何も得られないか、あなたの方が損をする可能性もあります。

不倫相手の夫婦より婚姻期間が短い場合

不倫相手の夫婦より婚姻期間が短いと、認められる慰謝料が低い可能性があります。そのため、慰謝料請求に使った労力や経費も加味して考えた場合、被害者のあなたが損してしまう可能性が高いのです。

この場合、配偶者の不倫相手に慰謝料請求をするのではなく、和解を前提とした話し合いを行うことで穏便な解決おすすめします。

HAL探偵社不倫相手の夫婦より婚姻期間が短い場合

まとめ

ダブル不倫の場合、離婚を前提として慰謝料請求するならば、離婚しない場合よりもリスクは少ないかもしれません(ただし、夫の財産が減少した結果、得られるはずの財産分与額が減少することはあり得ます。)。

離婚せずに慰謝料請求する場合、状況によってはあなたが損する可能性も否定できないので、できる限り不利な状況を作らないためにも、弁護士などに相談することをおすすめします。あなたが一番良いと思う結果が得られるよう応援しています。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 夫のダブル不倫の慰謝料について。
    2度目のご相談です。前回はご返答ありがとうございました。勉強になりました。...
  • 不倫相手方への慰謝料請求
    私自身の浮気が原因で、妻側が相手方へ慰謝料を出しました。 私自身は、離婚...
  • 不倫の慰謝料を出来るだけ高くするには
    二年前から単身赴任の旦那が、赴任先の会社上司と不倫中、半同棲状態です。結婚...
  • 不倫慰謝料
    数年前ですが、それぞれ結婚していたとき不倫してしまい、相手(以下 Mさん)...
この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

離婚が得意な弁護士を探す