給与形態について

2017年10月10日ふう

文具や雑貨を製造販売するメーカーに裁量労働制で勤めています。
私の所属部署は商品部開発課で、主に商品の企画、進行管理、見積もり管理、在庫管理を行なっています。

出退勤時間は決められており、遅刻は遅れる時間によって半休扱いになります。
半休は2回で1回の有休消化となります。

年間の残業時間が260時間と決められており、出勤日で割ると1日1時間〜2時間となり、これを下回ると上長から指摘を受けます。

超過した分の残業代は出ない事となっています。

このような働き方を裁量労働制といいますか?
ネットで検索した限り当てはまらないと思うのですが…

また、自分は年俸制で、基本給は年俸を月割りした金額となっています。


回答一覧

  • 回答日:2017年10月10日
    回答弁護士
    藤川 久昭 弁護士
    対応地域

    全国

    ご回答いたします

    労働基準法上の裁量労働制の適用のためには、労働基準法38条の3あるいは同条の4の要件充足が必要です。ご質問だけでは、裁量労働制の適用の有無・有効性はわからないです・・・ 

    労働基準法上の裁量労働制でない場合でも、類似の効果を導くことは不可能ではないです。この点についても検討が必要です。

    法的責任をきちんと追及されたい場合には、労働法にかなり詳しく、労働時間法理にも通じた弁護士に、相談に行かれて、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。

    弊所は本件については有料でご相談をお受けします(電話も可能)。お力になりたいと思います。
    クラウンズ法律事務所https://www.crownslawoffice.com

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    050-3519-1964

    営業時間:10:00〜22:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日)
    年中無休

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間中です。

労働問題問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す