正当防衛について

相談者イワサコ
例えば高校生が凶器を持っている男に襲われたとします。
そこで高校生が男から取り上げた凶器、もしくは所持していた凶器となりうる物で男を殺します。これは正当防衛ですか?
そして高校生が過去に同様な行為多数行っていた場合も正当防衛あたりますか?

弁護士の回答一覧



回答日:
回答弁護士
木村 哲司 弁護士
回答いたします|木村哲司法律事務所
これだけの事情で判断するのは困難です。
 ただ、凶器を取り上げた後、相手が逃げ出したのに後ろから追いかけて殺した場合、正当防衛は成立しないでしょう。これに対して、凶器を取り上げても相手が攻撃し続けてきた場合には正当防衛が成立する可能性が生じると思います。
 過去に同様の行為が多数あるからと言って、正当防衛が成立しなくなるわけではありません。ただ、そのようなケースは稀であり、警察はその高校生を厳しく追求することでしょう。

より詳細なアドバイスをご希望の場合は、
直接問い合わせください。
定休日:月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日
※現在は営業時間外です。お問い合わせフォームのご利用をオススメします。

法律ガイドを見る


あなたの弁護士で
法律に関する悩みを解決する


弁護士を探す

弁護士に相談する

法律について調べる
あなたの弁護士は法律に関する記事を多数掲載!