盗撮の後日逮捕、任意同行

2017年03月15日たなかありあ

初めまして。

ご相談させていただきます。

実は二週間ほど前に盗撮をしてしまいました。

具体的には、ショッピングモールの店頭で女子高生が一瞬だけ身を屈めたところを予め起動していたスマートフォンを一瞬だけ差し入れた、というような内容です。

本人は気づいていないでしょうが、近くにいた女子高生が気付いたらしく隣に話しかけていました。

それに気付いた私は全速力で逃げ出し、動画は見ずに削除しました。

そのため、下着や足が写っていたかは不明です。

被害者と発見者は知り合いではないようでしたが、同じ高校のようでした。

犯行現場をピンポイントで撮している防犯カメラはなかったと思いますが、はっきりとは言えませんし現場近くにはあったため顔は映っている可能性が高いです。 

後日逮捕の可能性は低いと聞きましたが、仮に警察が調査に乗り出して家にまで来たとなると、証拠を処分していたとしてもおそらく自白すると思います。

恥ずかしながら四年前にも同様の事件で逮捕されており、その際は二十万の罰金刑でした。

今回のケースで後日逮捕される可能性、また逮捕には至らなくとも後日警察が家にまで来て任意同行を求められる可能性はどのくらいありますでしょうか。

また、実際に同じようなケースで逮捕や任意同行に至った事件を実際に受け持ったことはありますでしょうか。

深く反省しており、自首まで含めて検討しております。
ご回答いただけると幸いです。


回答一覧

  • 回答日:2017年03月16日
    回答弁護士
    大山 滋郎 弁護士

    同様のケースを担当したことがあります

    横浜パートナー法律事務所の弁護士の杉浦と申します。

    後日の逮捕の可能性は低いとはいえますが、ゼロではありません。
    任意同行の可能性が極めて高いかと思われます。仮に削除したとしても、迷惑行為防止条例違反とはなりますので、犯罪の成立とは関係ありません。

    自首をして罰金刑を避けられたパターンや、被害者と示談をして罰金刑を避けられたパターンもございます。

    リスクの程度の分析をして、より具体的なアドバイスをするためには、事務所まで来所していただくのがよいかと思います。
    ご検討よろしくお願いします。

刑事事件問題に関する法律ガイドを見る

新しく相談する


弁護士を探す