パワハラにあたりますか.

2017年04月19日WIN2

同じ部署の女性のことです.
彼女には小学生のお子さんが2人いて、主婦業と子育て、高齢の両親の介護などもありながら、フルタイムでがんばっています。
効率的に作業し、定時で仕事を片付け、期末などの繁忙期には早出や残業、休出などで対応しています。毎年4月に上司と面談があるのですが,そのときに「残業が他のメンバーより少ない」「仕事が少ないのでは?」「今後もっと残業するよう仕事を増やしていくように」と言われたそうです。追い打ちに「他の人も君が定時で帰っているのをおかしいと思っている」と言われ、ショックやら、疑心暗鬼にかられてしまっているとのことでした。
これはパワハラにあたるのでしょうか.

回答一覧

  • 回答日:2017年04月20日
    回答弁護士
    藤川 久昭 弁護士
    対応地域

    全国

    回答いたします|クラウンズ法律事務所

    職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上 の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

    上記行為に該当するかどうか、証拠などをもとに、検討する必要があります。

    育児介護責任を有していらっしゃるということで、特に残業については、育児介護休業法・労働契約上の配慮が必要になる可能性が高いので、上司の方の対応は、それに違反している可能性があります。

    法的責任をきちんと追及されたい場合には、労働法にかなり詳しく、パワハラ法理・育児介護休業法・配慮義務にも通じた弁護士に、有料であっても相談に行かれて、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。https://www.crownslawoffice.com(弊所は、ご遺族の方を除き、ご本人さまご相談が原則です)

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    05035191880

    営業時間:10:00〜22:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日)
    年中無休

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間中です。

労働問題問題に関する法律ガイドを見る

弁護士を探す