不適切な降格処分

2017年03月16日まるう

入社して1年ですが、この12月のうちに50万円と来月から100万円の年俸ダウンを言い渡されました。
もともとは、当社取締役と結託している外注ITベンダーとの癒着を私が解明したことに発端があります。
このことをきっかけに言われない理由をつけて降と年俸ダウンに無理やりに同意の署名をさせられております。
同意書にサインしているからと言って無理やりの年俸操作はいかがなものかと思います。
癒着の解明点は確たる証拠がないところが弱いとは思いますが、解決に向けて何度も申し入れましたが私の力ではコントーロールできません。素直に退職するのも方法とは思いますが、何か他の方法がないかご教授をお願い申し上げます。

回答一覧

  • 回答日:2017年03月16日
    回答弁護士
    藤川 久昭 弁護士
    対応地域

    全国

    ご回答します

    同意書にサインしてしまえば、裁判で勝つ見込みはi低いと思われます。もともとの賃金に関する文書、ダウンの合意書などを拝見するとともに、癒着の実態等の事情を細かくお伺いし、方策を検討する必要があります。

    法的責任をきちんと追及されたい場合には、労働法にかなり詳しく、賃金減額法理などにも通じた弁護士に、有料であっても相談に行かれて、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。

    ※クラウンズ法律事務所 https://www.crownslawoffice.com

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    05035191880

    営業時間:10:00〜22:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日)
    年中無休

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間外です。お問い合わせフォームのご利用をオススメします。

労働問題問題に関する法律ガイドを見る

弁護士を探す