労災隠し隠蔽と労災隠し

2016年12月19日労災隠し常習犯

試用期間中の右足ふくらはぎ肉離れ全治約1ヶ月~3ヶ月(実際には完治約1年掛かりました)その後、本採用になってから労災申請、ここでも嫌がらせ、恫喝、労災隠し隠蔽工作と労災隠し
現在民事訴訟提訴しています。
厚木労基署の労災欠点及び労災隠しとの見解が
なされました。裁判所へ提出する証拠書類で、労災決定通知書では証拠不十分になり不利であります。厚木労基署の安全係から【労災隠し】該当するとの見解が口頭で言われました。が再三問い合わせると、個人的にそのような対応する事はないと、逃げてまわる対応に怒り心頭である。

回答一覧

  • 回答日:2016年12月19日
    回答弁護士
    藤川 久昭 弁護士
    対応地域

    全国

    ご回答いたします

    損害賠償請求をなさっておられるのでしょうか? お話の様子ですと、どうやら本人でおやりになっておられるようですが、弁護士の助力が必要な事案だと思われます。法的責任をきちんと追及したければ、労働法にかなり詳しく、労災法理、安全配慮義務法理にも通じた弁護士に相談に行かれて、法的に正確に分析してもらい、この後の対応を検討するべきです。なお、民事訴訟において、監督書及び監督官が、片方に協力することはまずはありえないことです。

    より詳細なアドバイスをご希望の場合は、直接問い合わせください。

    05035191880

    営業時間:10:00〜22:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜/土曜/日曜/祝日)
    年中無休

    メールで問い合わせする

    ※現在は営業時間中です。

労働問題問題に関する法律ガイドを見る

弁護士を探す