安藤 秀樹 弁護士

( 安藤法律事務所 )

  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談料無料
  • 法テラス利用可能
  • 住所
    宮城県仙台市青葉区片平1-1-3片平ホワイトレジデンス505
  • 最寄駅
    仙台駅、青葉通一番町駅

現在営業時間外

営業時間
09:00〜18:00
備考:事前予約で時間外、土日祝のご相談も承ります。

得意分野

取扱分野:相続

宮城の地元密着型●オンライン面談可●駅から5分●登記など一括サポート●財産の取り分を巡る問題、土地の絡む相続などお任せください

「不安・納得がいかない…」など、相続に関するこんなお悩みはありませんか?

  • 親族で、遺産を独り占めしている人がいて、納得がいかない
  • 財産に土地や建物が含まれて、どう分けていいかわからない
  • 遺産の分け方をめぐって、話がまとまらないので間に入ってほしい
  • 納得がいかないのに、遺産分割協議書に押印を迫られている など

私 安藤は、これまで宮城の地域に密着して、数多くの相続問題のご相談をお受けして、参りました。

また財産の取り分を巡るお悩み以外にも、将来を見据えて、遺言書作成から、交渉・調停・放棄などにご対応します。

また、私は農学部出身であるため、相続に農地が絡んでいるようなケースには通じております。

あなたにとって、悔いのない、納得のいく解決を一緒に目指しましょう。
 

不動産の相続は登記まで一括サポート

当事務所は、司法書士などと連携しております。

不動産が絡む相続でも、他の士業を探す手間もなく、登記まで一括サポートが可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

※ページ下部には解決事例がありますので、よろしければご覧ください。
 

初回面談相談30分無料|オンライン面談可

当事務所では、初回の面談相談は30分無料です。

お電話では5分程度簡単な事情をお伺いさせていただきますが、詳細を把握した上で、あなたの気持ちを汲み取った、解決策をご提案させていただきたいので、面談を重視しております。

プライバシーに配慮して対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。
 

外出不要でのご面談にも対応しております。

『新型コロナウィルス』の影響を鑑み、当事務所では、無料のzoom、Skypeを利用したオンライン面談にも対応しております。

面談はしたいけど、外出は避けたい…そんな方もどうぞ安心してご相談ください。

まずはお電話かメールにて、ご希望の面談日時をご予約いただき、通常の面談か、オンライン面談をお選びください。


通常の面談・オンライン面談は初回30分無料
(※)以降30分ごとに5,000円(税別)をいただいております。

 

メール相談もおすすめです

 

※営業時間外や別件対応中だった場合は、折り返しご連絡させていただきます。

メールでのご予約ですと、営業時間外や出先でも内容が確認できスムーズですので、おすすめです。

※弁護士費用に関しましては、明朗会計でご対応しております。
下部に詳細な費用を記載しておりますので、ご覧ください。また、費用面に関するご不安も、ご面談時にお伝えください。

相続の弁護士費用

下記に掲載中の弁護士費用は2020年07月27日現在のものです。実際の依頼時にどれくらいの費用がかかるかについては直接弁護士にご確認ください。

初回相談料

初回面談料無料。以降30分ごとに5,000円(税別)いただいております。

着手金

調停・訴訟:10万円~(税別)
※財産の総額や、事案によって異なりますので、一度ご相談ください。

報酬金

得られた金額に対して16%
※財産の総額や、事案によって異なりますので、一度ご相談ください。

相続の解決事例

  • 弟が使用した使途不明金を半分返金してもらった実例

    60代

    依頼前の状況

    母の預金口座から約1,500万円以上引き出されていることを知りました。
    母は生前一人で出歩くことができず、高額な金銭を使う予定もなかったため、同居していた弟が使用したのではないかと思い、ご相談させていただきました。

    依頼後の結果

    ご相談者様から、詳細をお聞きして、弟に対して引き出した金額の返還を求める裁判を申し立てました。
    弟は、母の入院時に使用した金銭もあるとしたうえで、それ以外の部分は自分が使用したことを認めました。結果、約半額が返金されました。

    相続される財産について、多額な不明金がある場合は、お気軽にご相談ください。

  • 偏った遺言書の無効が確認できた実例

    男性 50代

    依頼前の状況

    母が亡くなり、家と土地、預金などが相続財産となりました。しかし、見つかった遺言書には、「妹に全てを譲る」という内容でした。
    検認という手続きには、一人で参加しましたが、今後の流れもわからず、不安があったため、ご相談させていただきました。

    依頼後の結果

    検認時に裁判所で作成された書類を拝見した所、遺言書の形式にあっておらず、遺言書は無効の可能性がありました。
    また、無効とならなかったとしても、遺留分として、最低限遺産の4分の1について、権利があることをお伝えしました。
    その後、ご依頼をいただき、遺言の無効確認調停を申し立て、ご依頼者様と妹で半分ずつ分けることで解決に至りました。

    突然遺言書が見つかったからといって、必ずしも有効とは限らず、また遺留分といった権利が発生している場合もあります。遺言書を見つけて、手続きに不安がある方は、お気軽にご相談ください。

  • 納得のいく遺言書を作成できた実例

    男性 60代

    依頼前の状況

    最近テレビなどでも、『終活』が話題となっており、定年退職を契機に、遺言書を作成しようと思い立ちました。
    自分で書いても有効ですが、どういった内容にすべきか、法律の専門家に聞きたく、安藤先生へご相談させていただきました。

    依頼後の結果

    ご相談者様には、公正証書にすると、手続きや有効性に問題がない点や、内容に関して、どのような財産があるのか、誰にわけるのか、付言というものを付け加えられるなどわかりやすくご説明させていただきました。
    遺言書は何度も作り直すことも可能です。こうしたお話から、現状を前提とした自筆の遺言書を作成したいとのことで、遺言の案を作成させていただきました。

    ご自身の財産について事前に遺言書を作成しておくことで、親族間の紛争を予防することも可能です。お気軽にご相談ください。

安藤秀樹弁護士に問い合わせする
電話での問合わせはこちら

050-5267-7775

営業時間

09:00〜18:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜)

定休日

土曜/日曜/祝日

備考

事前予約で時間外、土日祝のご相談も承ります。

問い合わせはコチラへ

まずはお気軽にお問い合せください

只今の時間は営業時間外です

050-5267-7775

対応体制

  • 全国へ出張可能
  • 当日相談可能
  • 土曜日の相談可能
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談料無料
  • 法テラス利用可能
  • 分割払い対応可能