吉田 大輔 弁護士

( 吉田大輔法律事務所 )

  • 住所
    宮城県仙台市青葉区五橋1-1-58ダイアパレス仙台中央720

得意分野

  • 離婚
  • 交通事故
  • 借金・債務整理
  • 相続
  • インターネット
  • 消費者被害
  • 刑事事件
  • 労働問題
  • 債権回収
  • 不動産トラブル
  • 外国人問題
  • 医療問題
  • 企業法務
  • 税務訴訟
  • 行政事件
  • その他民事事件
取扱分野:借金・債務整理

【土日祝・夜間対応可】借金問題から解放されたい方はご相談ください。督促を止めて欲しい、家を残して借金を整理したいなど悩みに合わせて解決策を提示します。

ご要望に沿った借金問題の解決へと導きます

借金問題の解決のために、どの方法が最適かは人によって異なります。当事務所は初回の相談料は無料ですので、まずは依頼者様のお悩みをお聞かせください。

あなたが抱えている借金の状況やご要望などから適切な解決案を提示し、相手との交渉に臨みます。一人で抱え込まず、一緒に頑張りましょう。

初回面談相談無料|面談相談が必要な理由

最近では、電話相談を行う事務所が増えてきたこともあり「電話で簡単に答えてもらえませんか?」というお問い合わせをいただくことがあります。

もちろん電話相談は、弁護士に困ったことをすぐに聞けるとても身近で便利な方法です。

しかし法律が絡む問題は非常に複雑で、小さな見落としが大きな問題へ発展しまうことが多いのです。

そのため電話でお話を聞くだけでは限界があり、解決策ではない一般論としてお答えすることしかできず、その結果放置された問題が悪化することも少なくありません。

当事務所ではご予約時にある程度のお話をお伺いし、その内容をもとに必要な資料や事前準備をお伝えしております。

実際にご来所いただいた際は、お持ち頂いた資料を見ながら今後の進め方をご提案させていただきますので、まずはお電話にて面談予約をお待ちしております。

下記のような解決方法があります

任意整理

任意整理をすると、借金の額を減らせる可能性があります。また、利息制限法に違反する利息を取っていた場合、過払い金が返ってくる事もあります。

さらに借入先からの取り立てが止まりますので、精神的にも落ち着いて返済を続けられるでしょう。ほどんどの場合、
将来的な利息をゼロにできます。

自己破産

自己破産をすると、借入先への支払いを止める事になります。また、免責決定が確定すれば、借金の支払い義務がなくなります

しかし、自宅や車などの資産を手放さなければならなくなることもあるため、十分検討した上での実行がおすすめです。

個人再生

借金を減らしたいが、破産はしたくないという方に向いています。

メリットは、住宅ローンの返済が残っている自宅を手放さなくて済む事などが挙げられます。また、個人再生は自己破産のように職業制限や資格制限はありません。

過払金返還請求

「20%を超える金利で借金をした事がある」という方は過払い金が発生している可能性があります。

万が一、「20%を超える利率で借金をしていたがすでに返済は終えている」「数年間、規定の利率を超える借入をしていた」などの場合には過払い金が発生しているかもしれません


自分が該当しているか調べるためにも、まずはお気軽に相談ください。

土日祝・夜間も対応可能

当事務所は事前予約して頂ければ土日祝、夜間のご対応も可能です。依頼者様のご都合に合わせて、まずはお気軽にご相談ください。

借金・債務整理の弁護士費用

下記に掲載中の弁護士費用は2020年05月25日現在のものです。実際の依頼時にどれくらいの費用がかかるかについては直接弁護士にご確認ください。

初回相談料

0円

着手金

〇過払金返還請求
  着手金  既に返済を終えている業者との関係では、無料

〇任意整理手続 
  着手金  1社あたり、25,000円。分割払も可能です。

〇自己破産手続(個人の場合)
  着手金
 20万円(債権者5社まで)
 25万円(債権者6社以上)
 30万円(債権者10社以上の場合)

 分割払も可能です。

〇個人再生手続
 着手金
 30万円(住宅ローン特則を利用する場合も同額です。)

 分割払も可能です。

報酬金

〇過払金返還請求
報酬金    返還を受けた額の20%
 
〇任意整理手続
報酬金
・交渉の結果、借金額が減った場合には、減った金額の10%とします。
・借金がなくなっただけでなく、さらに過払金が発生したときは、取り戻せた額の20%とします(この場合、減った金額に対する10%の報酬は、いただきません)。

〇自己破産手続(個人の場合)
報酬金
報酬はいただきません。
ただし、特定の債権者との間で過払金が発生したときは返還を受けた額の20%とします。

*法人の破産手続の場合の着手金は、債権者の数などの事情によって、依頼者の方との協議の上で、50万円から100万円の範囲でお支払いいただきます。

〇個人再生手続
報酬金
 報酬はいただきません。

 ただし、特定の債権者との間で過払金が発生したときは返還を受けた額の20%とします。