交通事故を得意とする弁護士を検索して法律相談

交通事故の法律相談可能な弁護士一覧

100名の「交通事故」弁護士(1-10名を表示)弁護士の並び順について※弁護士の並び順について

あなたの弁護士では有償登録弁護士を優先的に表示しています。
「有償登録弁護士」とは、有償登録契約に基づき掲載している弁護士を指しています。

また、サイト内で最適な検索および選択ができるよう、以下条件などを総合的に加味して並び順を決定しています。
・ページ内テキスト量、費用・事例の掲載、問合せ数の多寡
・営業日、営業時間内の弁護士を優先表示

交通事故を得意とする弁護士を地域で絞り込む


検索条件を変更して弁護士を探す

地域・分野で検索

地域
分野
検索

どんな弁護士に相談すればいいの?

相談者の中には、「弁護士がたくさんいて、どの方に相談すればいいのかわからない」という方もいます。交通事故に遭った際は、次の点を頭に入れた上で、弁護士を比較検討してみてください。

交通事故問題の取扱実績が豊富

特に重視するべき部分です。弁護士であれば一通りの法的知識は持っていますが、事件ごとに手続きの方法や解決するためにやるべきことが異なります。

経験がある弁護士に依頼をすることで、よりスピーディーで負担が少ない方法を提示してもらえます。

当サイトでは、交通事故問題を積極的に扱っている弁護士に絞り込んで検索できます。より詳細な条件での検索もできるので、お試しください。

医療・保険の知識も持っている

弁護士に医療と保険の知識もあればベターです。

後遺症が残った場合は後遺障害等級認定をします。等級によって賠償金の額が上下するので、医療の知識がある弁護士に適切な等級を判断してもらった上で、審査に通るよう対応してもらいましょう。

料金体系が明快か

何をしてもらえば費用がいくら発生するのか、依頼をする前に理解しておきましょう。事前に料金に関して理解しておくことで、トラブルを未然に防いだり、予想外の出費を回避したりしやすくなります。

馬が合うか

事故で怪我などを負った場合、精神的・肉体的な負担を抱えながら相手方と交渉をしていくことになります。

万全の状態ではないからこそ、「この先生であれば安心して相談できる」と思える先生を選びましょう。

交通事故で弁護士に依頼するべきタイミング

次の条件に当てはまる場合は、弁護士への相談・依頼を検討しましょう。

事故にあったあとすぐに

事故で重傷を負った場合は、できるだけ早めに相談をしましょう。比べ費用倒れになるリスクが少ないですし、弁護士に慰謝料請求を代理してもらうことで、慰謝料金額が上がる可能性があるためです。

後遺障害の慰謝料には次の3つの相場がありますが、最も高額な弁護士基準での請求は、弁護士にしかできません

【後遺障害等級第2級の慰謝料相場】
・自賠責基準|958万円~1,163万円
・任意保険基準|1,120万円
・弁護士基準|2,370万円

参考:後遺障害等級2級の認定を受ける方法と慰謝料の相場まとめ

相手側の保険会社に症状固定を持ちかけられたとき

症状固定とは、これ以上治療しても症状が良くならない状態のことを指します。症状固定をすると、その後の治療と交通事故の因果関係がなくなるので、保険会社に治療費を請求できなくなります。

主治医が治療の効果があると言っているうちは、保険会社に症状固定を持ちかけられても応じないようにしましょう。治療の意味があるにもかかわらず、治療費が支払われなくなるためです。

「このタイミングでの症状固定は適切なのか?」などの疑問がある場合などは、弁護士への相談を検討してもいいでしょう。

相手側の保険会社が示談を持ちかけてきたとき

先ほど軽く触れましたが、示談が一度成立してしまうと、後から追加で示談金を請求することはできません。

示談金の額を少なくするために、相手方の保険会社の職員が示談交渉を申し出てくる場合もありますが、今後の生活に必要なお金を確保するためにも、安易に交渉に応じないのが得策です。

後遺障害認定されたとき

傷害の程度が比較的軽い場合は、後遺障害認定されたタイミングで依頼をしましょう。早いタイミングで依頼をすると、弁護士費用が賠償金額よりも高額になる恐れがあるためです。

このとき、症状固定をするまで示談交渉をしないように注意してください。1度示談が成立してしまうと、後遺障害が出たからといって追加で請求をすることはできません。

今後の見通しがつかないとき

請求可能な慰謝料額と弁護士費用を比較した上で依頼ができればよいですが、怪我の度合いに対してどのくらいの慰謝料が期待できるのか、検討がつかない方もいらっしゃいます。

そんな場合は、一度弁護士に相談をし、現実的にいくらぐらいの慰謝料額が期待できそうか聞いてみるのがおすすめです。

目安として、次の点に当てはまるようであれば、後遺障害等級認定される可能性があるので、

弁護士への相談を検討した方がいいでしょう。

【弁護士に相談をする目安】
・入院した
・通院をしていて会社に行くのも難しい

交通事故問題に精通していなければ、慰謝料額を想定するのは難しいでしょう。

相談だけであれば、費用は1時間あたり0円~10,000円程度となります。事故での怪我や傷害と付き合っていくためにも、適切な慰謝料額を理解し、きちんと請求することが大切です。

交通事故でよくあるご相談内容

当サイトの無料Q&Aコーナーに寄せられた質問を、一部ご紹介します。

検索条件を変更する

エリアを絞り込む

得意分野で絞り込む

料金表・解決事例

対応体制

費用・お支払い方法

弁護士の特徴

性別

年齢

弁護士歴