裁判で、相手方と和解したが、第3者が提出した、誹謗中傷が書かれた陳述書にたいして訴訟はできるか?

刑事事件
その他

名誉毀損の損害賠償請求事件で、原告です。
被告と和解したのですが、
和解内容
・今後相互に誹謗中傷しない。
・原告と被告(A)とのあいだには、本件に関し、和解条項に定める以外には債権債務がない。
ただ、被告側が証人2人(X、Y)の陳述書を提出してきました。
陳述書には、私に対する一方的な誹謗中傷的内容が書かれておりました。
そこで質問です。
①X、Yに対して、陳述書を証拠として、訴訟可能ですか?
②和解内容は私とAとの条項なので、X、Yに対してはこの条項は範囲外の解釈ででいいでしょうか?

相談者(ID:2937)さん

2021年04月03日

弁護士の回答一覧

依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)

誹謗中傷が書かれていたのが裁判所に提出された陳述書であるということですと、訴訟をすることは難し...

誹謗中傷が書かれていたのが裁判所に提出された陳述書であるということですと、訴訟をすることは難しいと思います。
というのは、名誉毀損であろうと侮辱・誹謗中傷であろうと、不特定又は多数の人の耳目に触れる言動であるので不法行為として認められるのです。
この点、陳述書における記述ですと、訴訟の当事者及び裁判官の間でしか内容を確認することができません。
いわば、限られた部屋の中で一方的に悪口をいわれたというのと全く変わらないわけで、それをいちいち慰謝料請求の対象にすることは認められていないのです。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)
住所東京都豊島区西池袋5-1-6第2矢島ビル4階A室
対応地域茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 静岡県

【まずはメールでご相談ください!】弁護士歴25年以上●離婚・不動産などご相談ください。あなたの事情に合わせたベストな解決を目指します

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon shohisha消費者被害
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

国選弁護人の選任 その他の理由

私は過失運転致傷で起訴状が届きました。
国選弁護人を選任したいと思うのですが、資力50万以下ではない時の、その他の理由を具体的に書いて下さい。とは例えばどういった理由を書けばいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

1
0
相談日:2020年03月07日
未成年同士の性行為

同じ歳の男性とお付き合いをさせていただいていてら付き合って3ヶ月くらいのとき性行為をしました。お互い真剣なお付き合いをしていますし、もちろん同意のうえです。避妊などもちゃんとしています。真剣なお付き合いをしていて同意のもとなら違反にはならないのでしょうか...

1
3
相談日:2019年11月08日
職場の金銭の着服について

職場のお金着服してしまいました。
外部へ払う前に私の部署で一時預かる形で管理していた金銭です。2年程前、私生活にて自己の貯金を友人に借り逃げされてしまって以降生活が苦しくなってしまい、それから預かり金を借りては返すを繰り返していました。
その行為を始...

1
0
相談日:2019年07月11日
建造物侵入罪になりますか?

先週の昼過ぎ、私はとある弁護士事務所に無断で立ち入ってしまいました。そこは無料電話相談をしていた所です。お金のこととがが心配になり電話をしたのですが繋がらなかったので、直接お金を持って立ち入ったところ不在でした。いらっしゃるのを待つため周辺をウロウロして...

2
1
相談日:2020年08月17日
雨宿りと不法侵入について

外出中雨が降ってきて、閉まっている店の前や
、倉庫の角など少し屋根があり外とつながっているが敷地内である場所に雨宿りした場合、不法侵入として逮捕されるのでしょうか?

1
1
相談日:2020年06月22日
処分保留後の処分決定はどうやってわかる?

交通事故での過失運転致死・道路交通法違反で逮捕されました。
見に覚えのない逮捕だったため勾留期間満期まで勾留され2/1に処分保留で釈放されました。
検察官の方には、DNA採取等の成分結果がまだ出ないため処分保留での釈放ですので事件は続くものと思ってく...

1
0
相談日:2021年02月19日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

刑事事件に関する法律ガイドを見る