損害賠償責任について

刑事事件
傷害罪

ある人Aが打ち合わせの席で、Bに乱暴をし、Bが救急車で運ばれた。BはAの行動が原因で脳梗塞となり、右脳の2/3が死んでしまった。なんとか回復して歩けるようになったが、Bの今後の仕事の可否は怪しい。
Aは個人で複数の会社と外注契約により、仕事を受託している。
この場合、Aの起こした事件により、BおよびBの仕事関係者に対する損害賠償は誰がどこまで負うべきなのか。
Aと外注契約を結んでいる企業の責任や、権利はどのような範囲か。
ということを教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

相談者(ID:15028)さん

2020年01月23日

弁護士の回答一覧

依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)

Aは個人事業主であるとのことですので、損害賠償責任はAが負うことになります。 Aに対して発注...

Aは個人事業主であるとのことですので、損害賠償責任はAが負うことになります。
Aに対して発注している企業は、別にAを雇用しているわけではなく、どのように仕事をするのかについていちいち指示監督するべき権限もなければ、責任もありません。もちろん個人事業主でしかないAと発注主である企業との間は対等とはいえず圧倒的な力関係に相違はありますけれども、法的にAと取引関係にあるというだけの企業がAと連帯責任を負うことはありません。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
依田 敏泰
弁護士(池袋中央法律事務所)
住所東京都豊島区西池袋5-1-6第2矢島ビル4階A室
対応地域茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 静岡県

【まずはメールでご相談ください!】弁護士歴25年以上●離婚・不動産などご相談ください。あなたの事情に合わせたベストな解決を目指します

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon fudousan不動産トラブル
Icon shohisha消費者被害
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

傷害事件 被害者です。

今年8月の終わり、夜道を友人と歩いていると酔っ払いに友人が絡まれその仲裁に入ったときその酔っ払いに顔を頭突き、殴る等やられました。

警察に連絡し、駆けつけてくれた時には犯人は逃げていました。病院にいくと鼻骨骨折と診断され入院し全身麻酔で手術を行いま...

1
1
相談日:2018年11月04日
建造物侵入未遂

酔っぱらっていて記憶にないのですが、事件の数日後警察に連行され、現場に自分の紛失物と防犯カメラに侵入するところが映っているそうです。結局、建物の中には侵入していないです。
建造物侵入未遂で警察から聴書を1回聴き取りしました。
今後、どうなるのですか?...

1
0
相談日:2016年11月17日
控訴検討中

児童福祉法違反にて相手側指示通りの示談金を了承してきて3度
示談金をつりあげてきて、最終3回目は、相手側が弁護士依頼して
当方の弁護士に、相手側弁護士から200万なら示談しますとの事
お金準備でき当方弁護士から現金書留で郵送、相手側示談しません
...

1
0
相談日:2017年02月27日
言い争いによるトラブル

先日の話ですが、とある事情で女性と言い争いになってしまいました。
その際相手はタバコを吸っておりしきりにタバコの灰を私に飛ばしてきました。
私は止めるよう伝えましたが、一向に止めることもなく相手の腕をつかんでしまいました。
このような状況でも私は傷...

1
0
相談日:2020年06月27日
自宅に元会社の友人が、不法進入し、窃盗の被害を受けました。

自分は部屋で寝ていたのですが、被疑者が不法進入、母親が確認済。

起きると、貴金属4点が無くなっていました。几帳面な正確ですぐに、気づきました。携帯電話の着信をみると、一月程連絡無き前会社の友人から不在着信が3回あり、母親が特徴と自転車、不審な行為(...

1
1
相談日:2017年05月04日
罪も無いのに、警察署で長時間調書を作成され、内容を確認させない

交通事故を起こしていないのに、起こしたと思わせ、気を失っていたにもかかわらず、家族にも連絡をせず、所有物を押収され、携帯電話を本人の意思を確認もせず、勝手に使用され、本人と思わせ電話した、相手に嘘の報告をして、長時間身柄を確保され、全治3週間の怪我と自分...

1
0
相談日:2016年09月28日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

刑事事件に関する法律ガイドを見る