ネット詐欺は懲役刑となる重罪|逮捕時の示談交渉と裁判までの流れ

( 3件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
ネット詐欺は懲役刑となる重罪|逮捕時の示談交渉と裁判までの流れ

ネット詐欺は「オークション詐欺」「ワンクリック詐欺」「チケット詐欺」など、手口が多様化・巧妙化しています。ネット詐欺は「詐欺罪」を問われる犯罪行為ですので、有罪になった際懲役刑が科される重罪です。

この記事では、ネット詐欺で逮捕されてしまった場合の流れや対処方法、逮捕される前にできる解決方法などをご紹介します。

ネット詐欺逮捕について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

ネット詐欺にあたる主な行為と逮捕事例

ネット詐欺はスマートフォンやSNSの普及により、手口の多様化・巧妙化が年々増しています。この項目では、ネット詐欺の体表的な例として話題になった詐欺被害をいくつかご紹介します。

芸能人も関与が疑われたオークション詐欺

「ペニーオークション」で逮捕 詐欺容疑、入札ごとに手数料

入札のたびに手数料が取られる「ペニーオークション」と呼ばれるインターネットオークションで手数料をだまし取ったとして、京都、大阪両府警は7日、詐欺の疑いで、大阪市中央区の会社役員の男=不正指令電磁的記録保管罪などで起訴=を再逮捕、同市浪速区の会社員の男(30)ら3人を逮捕した。
引用元:日本経済新聞|「ペニーオークション」で逮捕 詐欺容疑、入札ごとに手数料

オークション詐欺として有名になったのがペニーオークションです。ペニーオークションは、入札できそうになるとシステム上他社が再入札したかのように装って、ユーザーから過大な手数料を騙し取ったとして逮捕者も出ました。

また、芸能人など影響力がある人物が入札をしていないのに「入札した」旨をブログで紹介し、その謝礼として金銭を受け取っていたことがわかり問題となりました。

年々手口が複雑になっているチケット詐欺

徳島県警が女性を誤認逮捕 19日勾留 成り済まし中3書類送検

 会員制交流サイト(SNS)で人気アイドルグループ「関(かん)ジャニ(エイト)」のコンサートチケットを売るとうそをつき、現金をだまし取ったとして、徳島県警が五月に詐欺容疑で逮捕した愛知県豊田市の専門学校生の女性(21)について、県警は十一日、誤認逮捕だったと明らかにした。女性は容疑を否認しており、十九日間勾留された後、処分保留で釈放されていた。
引用元:東京新聞|徳島県警が女性を誤認逮捕 19日勾留 成り済まし中3書類送検

人気アイドルなどのチケットを「購入することができなかった人」と「行けなくなってしまった人」などがやりとりをするチケット売買サイトでは、料金を支払ったのにチケットが届かなかったりチケットを転売目的で購入したりする人などが続出して問題になっています。

未成年逮捕の扱い

この項目でご紹介したチケット詐欺の事例では、未成年が誤認逮捕された女性になりすまして詐欺行為を行ったことで話題となりました。

未成年が逮捕された場合は、成人が逮捕された場合と若干違います。

巨額の被害を出したワンクリック詐欺

被害額6億円超かクリック詐欺 容疑で男6人逮捕、京都府

アダルト動画サイトの退会料名目でアマゾンのギフト券を15万円分だまし取ったとして、京都府警は23日、詐欺容疑で、東京都港区、会社役員(33)ら男6人を逮捕した。容疑者が運営するアダルト動画サイトの閲覧者に画面を何度かクリックさせ、有料会員登録されたと信じ込ませて退会料金を請求する「クリック詐欺」の手口で、野沢容疑者が運営する2サイトでは平成27年8月以降、被害額は計約6億2200万円とみられる。
引用元:産経WEST|被害額6億円超かクリック詐欺 容疑で男6人逮捕、京都府警

ワンクリック詐欺は、サイトなどをクリックした際にポップアップが表示され、個人情報を入力させたり手数料などを振り込ませたりする詐欺です。ワンクリック詐欺は大規模な被害も出ており、知名度も高まっている一方で、SNSの普及によって手口が巧妙化した上に証拠を探すことが難しくなっています。

ネット詐欺で逮捕されてから逮捕までの流れと対処方法

ネット詐欺で問われる「詐欺罪」は法定刑が懲役刑のみの重罪です。ネット詐欺によって逮捕されてしまった場合は、無罪を主張したり被疑者との示談交渉を行ったりするために弁護士に依頼する必要があります。

この項目では、ネット詐欺で逮捕されてから裁判までの流れ、対処方法についてご紹介します。

詐欺容疑での逮捕から裁判までの流れ

ネット詐欺の容疑で逮捕されてから裁判に至るまでは以下のような流れとなります。

逮捕されてしまった場合、検察に送検されるまでの48時間は基本的に外部との連絡が制限されます(警察に頼めば逮捕された事実を家族に知らせることは可能です。)。

詐欺容疑での逮捕から裁判までの流れ

詐欺による逮捕は早めに弁護士に相談して対処する

刑事時事件で身体拘束がされる場合は、スピードが非常に重要です。身体拘束がある場合、捜査機関には時間的な制限が設けられるため、手続はどんどん進みます。あなた自身や家族がネット詐欺によって逮捕されていしまった場合は、早急に弁護士に相談することを考えてください。

勾留~起訴の期間は被害者との示談交渉を目指す

警察に逮捕され取調べ後、検察官へ送検されると検察官は被疑者を勾留する必要があるかどうか判断し、裁判所が認めれば勾留されます。勾留期間中に接見禁止の処分を受けた場合、弁護士以外と面会することができません。この場合、弁護士を通じて以下のことができます。

  • 身に覚えのない容疑であった場合は無罪主張の方法を考える
  • 詐欺被害者と示談交渉を行う

なお、詐欺被害者との示談交渉は加害者家族などが行うと被害者の感情を逆撫でしてしまい、状況が悪くなることもあります。示談交渉は弁護士を通じて行うことが最良といえます。

起訴~判決の期間は減刑・執行猶予付き判決を目指す

検察に起訴と判断され、裁判となった場合、統計上、99.9%の確率で有罪となります。起訴となった場合は、刑期を短くするための減刑や執行猶予付き判決を目指し、弁護士に弁護を依頼することになります。

起訴後も示談交渉が可能

起訴後であっても弁護士を通じ被害者と示談交渉を行うことが可能です。起訴後であっても示談交渉を行い被害者との間で折り合いがついていれば、実刑判決ではなく執行猶予付き判決となる可能性もあります。

ネット詐欺で逮捕された場合の罪

ネット詐欺で逮捕された場合の罪

ネット詐欺により逮捕された場合、刑事事件では「詐欺罪」として裁かれる可能性があります。その一方、騙した詐欺被害者以外にも迷惑となる行為を行なった場合は関係者から損害賠償として訴えられる場合もあります。

被害者から「詐欺罪」として訴えられる

ネット詐欺は、詐欺罪の容疑により逮捕されます。詐欺罪は10年以下の懲役刑となる重罪のため、罰金などで解決することはできません。

第二百四十六条 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。
引用元:刑法

サイト運営者などから「損害賠償」として訴えられる

サイトを利用して詐欺行為を行った場合は、サイト運営会社などから損害賠償請求をされる場合もあります。詐欺行為によって「あのサイトは詐欺があった」と、ユーザーが減ってしまい会社側に不利益が発生するためです。

第七百九条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
引用元:民法

この場合、刑事裁判とは別に民事裁判で裁かれることになります。

ネット詐欺で逮捕される前に知っておきたい詐欺罪と示談のこと

TwitterやFacebookなどの普及によって、ネット詐欺は知らない間に巻き込まれていたということもあります。この項目では、ネット詐欺に加担しないために知っておきたい詐欺罪と示談についてご紹介します。

詐欺罪の重さと成立する4つの要件

詐欺罪が成立するには以下の4つの要件があります。

  •  欺罔(ぎもう):人を騙す行為
  • 錯誤:事実とは異なることを事実と誤信すること
  •  交付:財産を処分させる行為
  • (財産)移転:財産が被害者から移転する行為 

これらの行為が一連の流れで行われたことが証明された場合、詐欺罪が成立したとされます。

また、主犯者に対して上記詐欺行為が成立する場合に、これら行為を手伝ってしまったという場合でも、詐欺に加担したとみなされ逮捕される可能性があるのです。

相手との示談交渉を行って解決させることが重要

詐欺は逮捕される前、または逮捕後も被害者との示談交渉が重要となります。詐欺は被害者との間で解決がされているかということが重要になります。

逮捕前に示談交渉が行われ、示談金の支払いが完了している場合は詐欺として立件されない可能性もあります。また、逮捕後に示談が成立した場合、処分保留、不起訴、執行猶予付き判決となる可能性もあります。なお、示談交渉で支払われる示談金の相場は「被害額+30万円~50万円」と考えておきましょう。

示談交渉は弁護士に相談する

示談交渉は、逮捕前・後関係なく、当事者同士で行うと問題が複雑化してしまいます。そのため、なるべく弁護士などの第三者を間に入れて交渉を行うことが重要です。

まとめ

ネット詐欺は手口が多様化し、また、一連の詐欺行為も巧妙化しているため事件の全容がわかりにくいものです。その一方で、警察や検察は可能な限りの捜査を行い逮捕・起訴を行います。そのため、起訴された後、告訴を取り下げたり判決を覆したりすることはとても難しいのです。

詐欺行為を行ってしまった・加担してしまったという方は、逮捕前に弁護士を通じて被害者との示談交渉を行い、早急に解決を図りましょう。

この記事で、ネット詐欺で逮捕されてしまった方やその家族の方の手助けができれば幸いです。

ネット詐欺逮捕について弁護士に相談する

電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道青森岩手宮城秋田山形福島
関東 東京神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木
北陸・甲信越 山梨新潟長野富山石川福井
東海 愛知岐阜静岡三重
関西 大阪兵庫京都滋賀奈良和歌山
中国・四国 鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知
九州・沖縄 福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えてベンナビ弁護士保険への加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【ベンナビ弁護士保険が選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり約96円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

ベンナビ弁護士保険に無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • ネットビジネス、YouTube
    2週間ほど前にYouTubeで知り合った方にネットビジネスを教わろうと思い...
  • ネット副業での詐欺被害
    サイト上で相手の悩みを聞いて数十万〜数百万円の報酬が得られる副業があると知...
  • 逮捕された場合どうしたらいいでしょうか。
    金曜日泥酔し駅で寝てしまい、終電が無くなり駅警備員に起こされたところ自分が...
  • 逮捕されたら、どうしたらいいですか
    昨年の6月に今一緒に暮らしてる人と出会い今現在一緒にくらしてます。私が嘘を...

new犯罪の種類の新着コラム

もっと見る

犯罪の種類の人気コラム

もっと見る

犯罪の種類の関連コラム

編集部

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。