子どもがイジメにあったらどうすればいいの?弁護士に聞いてみた

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
子どもがイジメにあったらどうすればいいの?弁護士に聞いてみた

常に問題視される、子どものいじめ問題。国は子どものいじめをなくすべく『いじめ防止対策推進法』を施行しましたが、善悪の判断がしっかりとつかない子どもたちにどれだけの効果があるかはわかりません。今日も日本のどこかでいじめが行われているでしょう。

例えば自分の子どもがいじめにあってしまったとき、その責任は誰がとってくれるのでしょうか。法的手段にでることはできないのか、弁護士法人プラム綜合事務所の梅澤弁護士に聞いてみました。

子どもがいじめにあったら、親はどのような手段をとるべきか

Q.あなたの弁護士編集部

自分の子どもがいじめにあったとき、泣き寝入りすることなく法的手段にでたり、加害者の少年、もしくは加害者の少年の親に何らかの処分を与えたりするにはどのような行動をとればよいですか?

A.梅澤弁護士

いじめ行為は暴力や恐喝が伴うものや、相手の物を壊したり、名誉を毀損したりするものであれば犯罪行為(暴行罪、傷害罪、恐喝罪、強要罪、器物損壊罪、名誉棄損罪など)として処罰の対象となります。また、無視をする、悪口を言う、仲間外れにするなどであっても度が過ぎれば相手の人格権を侵害する不法行為として損害賠償請求の対象となります。

したがって、これらの行為について加害者(ら)の法的責任を追及することは可能です。

  • 刑事責任を追及したいのであれば警察に被害届を提出したり、告訴したりする
  • 民事責任(慰謝料請求など)を追及したいのであれば、弁護士を通じて請求の文書を送付する

また、実際に法的責任を追及せずとも犯罪行為又は不法行為に該当するので直ちに止めるよう加害者(ら)に求め、同時に学校側にもしかるべく対応するよう求めることも考えられます。

具体的に行動を起こす際に心がけておきたいこと

いじめに対する対応を取るとき、もっとも重要となるのが証拠です。証拠がなければ法的責任追及は困難ですし(やったやらない、言った言わないの水掛け論になります)、学校側も適切な対応が困難となる可能性があります。

そのため、上記対応を取るためには、いじめ行為を具体的に証明できる証拠の確保が最優先事項となろうかと思われます。したがって、以下のような方法でいじめの事実(日時、場所、態様等)を客観的証拠により可視化することが大切でしょう。

  1. いじめ行為がなされている状況を録音する(スマホなどで)
  2. いじめの被害状況を撮影する(壊れた物品、身体の傷等)
  3. いじめの被害態様を明確にする(壊れた物品の修理見積書を取る、お金を渡した場合は渡した日付や金額を記録化する、ケガをした場合は医師診断を受ける)
  4. いじめにあった事実を逐次報告させると共に、日記等の記録をつけさせる


あなたの弁護士編集部:
子どものいじめであっても、きちんと法的手段をとることができるのですね。親はこの事実をしっかりと理解して、いざとなったらきちんと自分の子どもを守れるようにしたいものです。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • 子供の冤罪といじめ
    先日、母である私の元に担任の教師より お子様がネットパトロールにひっ...
  • いじめ問題に対する市教委の対応
    私の孫娘のいじめ問題の市教委の対応についてご相談します。 孫娘は現在小学...
  • 教育長と校長のパワハラ、いじめ長年です。
    主人は教師です。2年前教育長に「お前未だ教師やってたのか。もう(精神的な病...
この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

刑事事件が得意な弁護士を探す