カルテ(看護記録)開示請求についてと…どうかアドバイスを下さい。

医療問題
医療過誤

看護士のミスが重なり6月に母が亡くなりました。私は24時間付き添っていたのに、廊下で待たされている間に亡くなりました。母が亡くなるまでの状況を何も説明してもらっていません。9月初旬になり初めて病棟婦長と事務の男性と3人で話をしました。私の希望は担当看護士と関わった看護士に直接会って説明してほしい、説明責任を果たしてほしいとお願いしました。何も返事はもらえず、事務の男性が「連絡しますので」と言われてから1ヶ月経っても何の連絡もありません。不誠実な対応と、このままでは何も話が進まないので、今は訴訟も考えています。弁護士さんにお願いするにはカルテ開示請求をしてカルテを用意して下さいとあったので、その病院の開示請求方法を調べていたら、院長・担当医・事務の数人立ち会いの元、口頭で説明となっていました。私は看護記録がほしいかったのですが。口頭での説明の場合でも訴訟の証拠になるでしょうか?
もしカルテがなくても引き受けてもえるのでしょうか?
母が亡くなってからずっと悩んでいます。アドバイスを頂きたいです。よろしくお願い致します。

相談者(ID:10660)さん

2019年10月10日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
早坂 英雄
弁護士(早坂法律事務所)

 お母様がお亡くなりになられたとのこと、ご愁傷様です。それが看護士のミスということであれば、是...

 お母様がお亡くなりになられたとのこと、ご愁傷様です。それが看護士のミスということであれば、是非真相究明がなされ、お母様の無念を晴らされることを祈念しております。口頭での説明でも、ICレコーダーに録音などをしていれば一定の証拠にはなりますが、病院側がカルテを見ながら、自分たちに都合が悪いことを伏せ、問題がないところだけを掻い摘んで説明して終わりとされる危険があります。ですので、是非カルテや看護記録そのものを書面で入手したいところです。医療訴訟の場合、提訴の準備段階として、裁判所に証拠保全の申立てを行い、医療記録全部のコピーを入手することになります。証拠保全の申立ては、専門性が高いので、弁護士に委任して行ってもらったほうがよいと思います。ということで、医療訴訟に精通した弁護士に、証拠保全の段階から引き受けてもらうのがよろしいものと考えます。弁護士回答の続きを読む
役に立った
1
回答した弁護士のご紹介
早坂 英雄
弁護士(早坂法律事務所)
住所埼玉県さいたま市浦和区高砂3-5-7高砂建物ビル504
対応地域全国

【ご相談無料】【さいたま地裁・家裁至近】【全国対応】長年の経験と実績に基づき、高品質のリーガルサービスのご提供に努めております。安心していただけるよう笑顔での接客を心掛けております。

注力分野
Icon rikon離婚
Icon saimu借金・債務整理
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

医療過誤ではないのか。

0歳の子供がファロー四徴症でシャント手術を受けたのですが、術後の薬の調整に難渋し、入院期間も長くなり、低酸素脳症に陥りました。病院側は尿路感染症による心不全の悪化でやれることはすべてやり落ち度はないと説明しましたが、急変したのが、号泣中の採血後であり、納...

1
0
相談日:2019年09月28日
医療裁判 刑事責任はないと言われました。

整形外科にて骨折の治療の為、局所麻酔をされ母を亡くしました。警察が入り先日調査の結果を聞かされましたが、その麻酔を打った行為などには刑事責任が無いとのことです。死因は麻酔によるショック死のようなもので誰にでもありうるらしく、高齢の為麻酔の量は子供に使用す...

1
0
相談日:2018年08月18日
医業類以行為の施術事故

治療室(カイロプラクティック)(按摩、マッサージ、指圧師国家資格取得済)で、施術後、起き上がらない程の痛みがあり、施術者に連絡、予約が取れず、5日後に、治療室で診てもらいました。
痛みを取るため耳に電気なようなものあて終了。
痛みで起き上がらないので...

2
0
相談日:2020年04月07日
損害賠償は請求できますか?

初めて相談しますのでよろしくお願いします。
私は60代の男性で後縦靭帯骨化症という神経の通り道が骨化して頸椎が圧迫される難病持ちです。
ある日足がもつれ頭から転倒したため念のため某病院の緊急外来で診察を受けることになりました。担当医から「何故今まで手...

1
2
相談日:2020年03月01日
医療

私の父が、今年2月23日風邪と診断され薬を処方されました。同月26日、容態が急変し、救急車をお願いした際、救急隊の方が、父が飲んでた薬を見て、この薬とこの薬は、処方したらあかんと思うんやけど…と言ったそうです。病院に到着した際にも、看護師さんか先生に、こ...

1
7
相談日:2019年10月28日
多発性嚢胞腎の夫の死亡における主治医の過失

お世話になります。

夫は5年前に腎移植を受け、以来ずっと同じ病院に通っていました。ここ2,3年は高コレステロール血症でしたが本人が食事療法を希望し、投薬はありませんでした。今回、夫の病状がクモ膜下になる可能性が高いと知りました。夫はクモ膜下を起こし...

1
0
相談日:2018年10月27日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

あなたに合った医療問題の悩みで絞り込む
フリーワード検索で法律相談を見つける

医療問題に関する法律ガイドを見る