治療対応の有無と医療過誤

医療問題
医療過誤

人工透析をしている父が先日急性冠症候群で亡くなりました。

亡くなった日は午前中透析のため病院に到着後意識が遠のき、心筋虚血の症状が現れ、また同時に高カリウム血症の症状(心電図でテント状T波)も見られたため直ちに人工透析を開始し意識は戻り症状は治まりました。

その後自宅へ戻りその晩急性冠症候群で亡くなりました。病院で心筋虚血の症状が現れてから18時間後のことですがこの症状に対しては特に何ら治療対応はされませんでした。もしその場で治療対応をしていただいていれば助かったのではという思いがあり、そのような対応をしていただけなかったことが医療過誤にあたらないかどうかお伺いします。

担当された医師も認識不足であったと非を認めています。

相談者(ID:1758)さん

2018年07月10日

弁護士の回答一覧

髙梨 滋雄
弁護士(髙梨滋雄法律事務所)

御相談いただき有り難うございます。 急性冠症候群は、不安定狭心症と心筋梗塞と合わせた疾患概念...

御相談いただき有り難うございます。
急性冠症候群は、不安定狭心症と心筋梗塞と合わせた疾患概念です。両者の違いは冠状動脈の狭窄の程度の違いです。完全に狭窄すると心筋梗塞となります。
心筋梗塞を発症すると、その後は急激に状態が悪化しますので、亡くなられた日の午前、意識レベルが低下したときに、まだ、不安定狭心症の状態だったのではないかと推測されます。
このときに十二誘導心電図を測定したようですが、このときに心筋虚血を示唆するST上昇が表れていたのではないかと思います。
この時点で、お父様について急性冠症候群(のうちの不安定狭心症)と診断でき、かつ、その治療としては、抗血小板薬などの薬物療法、血栓溶解療法の適応があるときは、血栓溶解剤の投与、カテーテル療法(経皮的冠動脈インターべーション:PCI)、CABG(冠動脈バイパス手術)などが考えられますが、治療を実施していれば、救命が可能であったと判断できる事情があれば、御相談でご指摘なさっているとおり、治療対応の無かったことは医療過誤ということになります。
ただ、恐縮ですが、お父様は、人工透析を受けていらっしゃたということは慢性腎不全の状態だったとみられ、耐術能から治療に限界があった可能性もあります。
カルテを拝見できれば、もう少し詳しいご回答ができます。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
髙梨 滋雄
弁護士(髙梨滋雄法律事務所)
住所東京都港区虎ノ門3-10-4 虎ノ門ガーデン809
対応地域埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

【解決実績多数】【神谷町駅より徒歩3分】交通事故、医療事故に関するお悩み、ぜひご相談ください。損害賠償請求の経験実績多数。幅広い知識と豊富な経験で問題解決のお手伝いをします。

注力分野
Icon kotsujiko交通事故
Icon iryou医療問題
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

病院に医療過誤だと認めさせるのは難しいですか?

一般的に、病院に医療過誤だと認めさせることは、弁護士を介入させたとしても難しいですか?

また、協力医が見つからないとか、見つかったとしても医療過誤とは言えないと判断されてしまったとかの場合、訴訟を提起することが不可能になりますか?

1
0
相談日:2021年03月04日
医療事故時の示談金

皮膚クリニックで顔のニキビを治療中、看護師が医療器具を目蓋の上を通過する際、目蓋に当たり切れてしまいました。その際傷の治療は当たり前ですが慰謝料としてどの位が相当でしょうか?
よろしくお願いします。

1
0
相談日:2019年09月27日
医療ミスによる損害賠償

右肩が痛く近くの総合病院に行き(H31/2)診察結果は、四十肩と診断されました。痛みが酷いので相談したところ、注射を射ってもらいましたが、特に変わりありませんでした。その時ですが、注射を射った時に、針を刺してる辺りで「ポコン」と音がしましたが、その時は...

1
1
相談日:2019年10月30日
icl(フェイキック)治療の失敗

iclの治療を行いました。レンズを挿入したところ、当日は問題ないと言われたものの、翌日の再検査でレンズが大きすぎて虹彩を圧迫しているので、一旦取り外すことになりました。左目のレンズが中々取り出せず、やっと取り出せたが眼球のむくみや出血、虹彩のゆがみが出て...

1
2
相談日:2019年10月25日
整骨院での施術についての相談

妻のことですが以前より整骨院に通院しておりましたが1か月前のことで通院時施術を受けていた時に足の付け根がコキという音がして痛みが走りました。その後帰宅時にあまりの痛みに動くことが非常につらくなりなんとか家に帰れましたがその後も痛みが引かず困っていたため整...

1
2
相談日:2020年06月21日
医療過誤ではないのか。

0歳の子供がファロー四徴症でシャント手術を受けたのですが、術後の薬の調整に難渋し、入院期間も長くなり、低酸素脳症に陥りました。病院側は尿路感染症による心不全の悪化でやれることはすべてやり落ち度はないと説明しましたが、急変したのが、号泣中の採血後であり、納...

1
0
相談日:2019年09月28日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

あなたに合った医療問題の悩みで絞り込む
フリーワード検索で法律相談を見つける

医療問題に関する法律ガイドを見る