アダルトサイトの請求電話が来ても出てはダメ!電話してしまった場合の対処法とは?

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
アダルトサイトの請求電話が来ても出てはダメ!電話してしまった場合の対処法とは?

アダルトサイトを見ていると、「アダルトサイトを利用した」「会員登録をした」などという理由で請求をしてくる輩がいます。登録した覚えもなにも無いにも関わらず高額な請求を受けることもあるでしょう。

いくつかの方法を用いて請求をしてきますが、中には請求書を提示するわけでもなく、電話を直接こちらにかけてくることがあります。基本的には何を言われても無視していれば問題ありません。

ただ、何度も電話をかけられると不安な気持ちになることもあるかと思いますので、電話における架空請求が来た場合、私達はなにをすべきなのか、その対策を考えていきましょう。

ネットのトラブルについて相談できる弁護士を探す

アダルトサイトの閲覧で費用の請求を求められた時に知っておくべきこと

アダルトサイトの閲覧で費用の請求を求められた時に知っておくべきこと

アダルトサイトを利用したことを理由に「利用料」「登録料」「退会料」などという名目で請求が来ることがあります。架空請求と言いますが、これらはどのような方法で請求してくるのでしょうか。

架空請求とは

当然ですが、アダルトサイトからの請求がなんでもかんでも架空請求というわけではありません。架空請求とは、実際には契約が成立していないのに、これが成立したかのように装い対価の支払を求める行為全般を言います。

例えばワンクリック詐欺のように、契約締結の意思が無いのにも関わらずクリック一つで契約が締結されたものと思い込ませて登録料や利用料を請求することを架空請求というのです。

架空請求の方法

紙媒体であるハガキや封書、また電子メールやSMSを利用して架空請求の文面を送りつけてくることが多いようです。

文書内には連絡先としての電話番号や振込先の口座番号が記載されていることが多いですが、文書を送るだけでなく、直接電話を向こうからかけてくることもあります。

ワンクリック詐欺

アダルトサイト等にアクセスしたり、あるいはサイト内のサムネイル画像や動画再生アイコンをクリックしたときに以下のような画面が出現することがあります。

このようにサイト閲覧者の意思に反して「契約をした」ことにする方法をワンクリック詐欺と言います。こういうサイトをいろいろ見ている人ならば、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

登録完了を表示している画面には、閲覧者の端末情報(IPアドレスなど)を表示するパターンや支払いがない場合は閲覧者の勤務先に連絡するパターンといった

閲覧者を脅したり、慌てさせるような文章を記載していることもあります。

電話がかかってくることもある

以上のように請求書・請求画面という形で身に覚えのない請求をしてくるわけですが中には電話で架空請求をふっかけてくることもあるのです。

以降では架空請求の電話がかかってきたときにできることをご紹介いたします。

 

電話やメールで業者に連絡してしまった場合の対処法

電話やメールで業者に連絡してしまった場合の対処法

通常であればアダルトサイトを見たからといって相手に連絡先が行くことはありませんが、なんらかのきっかけで伝わってしまうこともあります。

その場合、電話やメールにて後から支払の催促が来ることがありますが、支払う必要はもちろんありません。本来、電話をかけるべきではありませんし、かけてしまったら業者間で電話番号が売買される危険性があります。

しかし、もしもかけてしまった場合、相手と話すとしたらこういうことを聞いておくといいかもしれません。

電話番号を照会サイトで確認する

東京くらしWEBというサイトで、架空請求被害を未然に防ぐために架空請求業者の内容を情報提供しています。この中にはもしかしたら、あなたの元にかかってきた電話番号が含まれているかもしれません。

電話番号から事業者を検索することができるので、名前がわからなくても調べることができます。

ただし、すべての架空請求業者が網羅されているわけではないので、こちらで検索して結果が出ないからといって架空請求業者ではないとは言い切れません。

参考:東京くらしWEB

会社名と担当者を聞いておく

架空請求業者ですから、一定の会社名や担当者名ではないこともありますが、使いまわしていることもあるので、今後同じ名前のところからかかってきた時の参考程度にでも

メモをしておきましょう。

請求額の根拠を聞く

だいたい10万円ぐらいの請求をしてくるのですが、会員登録料や退会費用としては高すぎますよね(実際は登録そのものもしてないはずですが)。

提示された金額が実際にどういう根拠をもって出されたものであるのかを確認してみましょう。

会話の録音をしておく

後述しますが、場合によっては架空請求ながら業者側が裁判を起こすことがあります。基本的に対応すれば負けることはないですが、万が一のために録音しておくのもいいかもしれません。

ネットのトラブルについて相談できる弁護士を探す

 

架空請求の画面が表示されたときの対処法

架空請求の画面が表示されたときの対処法

ワンクリック詐欺で請求画面が表示された時、私達はなにができるでしょうか。

基本的に無視していい

架空請求会社からの請求に応じる必要はありませんし、電話は無視して大丈夫です。

You Tubeなどで架空請求業者に連絡する動画などがアップされていることがありますが、好奇心やいたずら心で電話をかけてもいけません。

相手が悪質な業者だからと言ってイタズラ電話が許容されるわけではないですし、自分からトラブルに足を突っ込む必要もないでしょう。

可能な限り相手に個人情報を与えない

ワンクリック詐欺以外で通知が来た場合は、電話番号・メールアドレス・住所がなんらかの手段によってバレている可能性が高いです。かといって、連絡をしてしまうと更にあなたの個人情報を与えてしまうことになります。

できるだけ傷を広げないように、相手に対してはなにもしないことが懸命です。

 

アダルトサイトの架空請求で無視できないこと

アダルトサイトの架空請求で無視できないこと

基本的に業者に対しては無視でいいのですが、そうもいかない場合もあります。どのようなことが架空請求で無視できないことであるか確認しましょう。

ワンクリックウェアに感染している可能性がある

ワンクリック詐欺のひとつの形態として、ワンクリックウェアという悪質なソフトウェア(不正なプログラム)を私達が使用しているPCやスマートフォンに感染させる手口があります。

通常のワンクリックウェアと同じようにサイトにアクセスしたり、サイト内のどこかをクリックしたりしたときなどにダウンロード、インストールさせ、閲覧者の知らぬ間に端末のプログラムが変更させられてしまいます。

ワンクリックウェアに感染してしまうと、端末にポップアップで繰り返し請求画面が表示されます。

不正なプログラムによってPCの設定を変更させられるので、通常のワンクリック詐欺とは異なり何度画面を消しても、シャットダウンしても定期的(5分おきとか)に請求画面が出現するようになります。

「ワンクリック詐欺は無視すればいい」ということを知っている人も多いと思いますが、ワンクリックウェアに関しては「どうにかして請求画面を消す」という面倒な作業をしなければいけないという特徴があります。

詐欺というよりは悪質なイタズラという性質でしょうか。

スマートフォンに感染している場合は電話番号が漏れているかもしれない

ワンクリックウェアがスマートフォンに感染してしまうと、場合によってはPCよりもまずいことになります。

それは相手に電話番号が伝わってしまっているかもしれないということです。

画面に突如として請求画面が現れる点では、よくあるワンクリック詐欺と同じですが、それだけでなくスマホの持ち主の電話番号やメールアドレスが表示されるのです。

実際にその情報が相手に伝わっているという確信は持てないものの、伝わっている可能性は考慮すべきでしょう。

対策

ワンクリックウェアへの対策としては、事前にウイルス対策ソフト(セキュリティソフト)を入れておくことです。

例えばトレンドマイクロのウイルスバスターであれば、ワンクリックウェアがダウンロードされる前に検出されブロックすることができます。

Android版のウイルスバスターもあります。ウイルス対策ソフトはPCにはいれるけどスマートフォンには入れたことないという人も多いのではないでしょうか。

「アダルトサイトなんか見ないから」という人でも、スマートフォン用ゲームのインストールとみせかけてワンクリックウェアだった…という事例もあるので入れておいたほうがいいかもしれません。

ただし、すでにワンクリックウェアが端末に入ってしまってからでは市販のウイルス対策ソフトでは対策になりません。

ワンクリックウェア駆除ツールを使用したり、あるいは端末を修理に出さざるを得なくなります。

参考:ウイルスバスターモバイル

裁判所から通知が来ている場合

裁判所名義で書類が送られてくることがあります。

支払督促状、または少額訴訟呼出状というもので、もし本当に裁判所から送られてきたものであると、対応しないと相手の請求がそのまま認められてしまう可能性があります。

本物かどうかはわかりやすく、いくつか特徴があります。

本当に裁判所から書類が来た場合の特徴

裁判所から公式な書類が送られてくる場合は「特別送達」という方法で送られてきます。

これには以下の特徴があります。

  • 郵便職員の手渡しによって送達が完了する
  • 受け取り時に署名と捺印をする
  • 受け取りを拒否した場合はその場に置くことになっている
  • 郵便受けには入れていかない
  • 書類は封書
  • 封筒に特別送達という表記が記載されている
  • 裁判所名が記載されている
  • 事件番号・事件名が記載されている

どうせ偽物だろうと思っても、実際に架空請求業者が裁判所に申し立てをしている場合もあるので、消費生活センターで書類を持参して確認するのもいいと思います。

参考:独立行政法人国民生活センター

まとめ

原則的には「無視」という行動が架空請求に遭わないためのかなり有効な手段です。業者側はあらゆる文言を使いますが、結局はネットリテラシーの低さにつけこんだ「脅し」でしかありません。

命に関わるものでもないので、落ち着いて対処すればなにも怖いものではないのです。


「利用したこともないアダルトサイトの請求電話がきて、どうすればいいか分からない」

「自分の場合もアダルトサイトの請求は無視してもいいんだろうか?」

と不安な方はインターネット案件が得意な弁護士へサイト上から気軽に無料で質問できます。

不安なまま放置せずに、一度下のボタンから弁護士にアドバイスをもらってすっきりした方がいいでしょう。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • アダルトサイト
    色々調べていたらアダルトサイトのサイトにいってしまって登録完了となってしま...
  • アダルトサイトの有料会員登録
    とあるサイトを見ていたら、急に登録完了の文字が出てきて、1日以内に多額のお...
  • アダルトサイトの契約
    最初のページには無料動画と書いていたのに、利用規約に同意をすると年間20万...
  • ワンクリック詐欺かもしれないのに連絡してしまいました
    全く関係ないまとめサイトのようなものを閲覧している時、間違って広告のような...
この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

インターネットが得意な弁護士を探す