アダルトサイト請求画面を消す方法と無視をして良い2つの理由

( 48件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
監修記事
アダルトサイト請求画面を消す方法と無視をして良い2つの理由

アダルトサイトを見ると突如として「会員登録」や「利用規約に同意した」など、なんの契約にも同意していないにも係わらず請求画面が表示されることがあります。

これをワンクリック詐欺といい、メールや手紙でありもしない請求をするのと同じ、架空請求に当たります。ご存知の方も多いと思いますが、請求画面が現れても彼ら架空請求業者にすることなどなにもありません。無視をするだけで事は収まります。

しかしながら、はじめて請求画面を見た方であれば、詐欺だとわかっていても穏やかな気持ちではいられないこともあるでしょう。

結論から言えば無視すればなにも怖くないワンクリック詐欺ですが、初めて見る前に架空請求画面がどんなものかを確認してみましょう。また請求画面を消しても消しても、出てきてしまうことがあります。そういう状況になったときの対処方法についてもご紹介いたします。

誹謗中傷リスクに弁護士費用保険という備え

弁護士費用を補償

ネットの誹謗中傷問題を弁護士に依頼した場合、投稿削除・開示請求・損害賠償で弁護士費用は100万円前後になることが多いです。

月額2,500円の保険料で、依頼したときにかかる弁護士費用(着手金・報酬金)の補償が受けられます。

ネットの誹謗中傷問題だけでなく、労働問題、自転車事故、刑事事件被害、離婚や相続など様々なトラブルで使うことができます。

弁護士費用保険について詳しく見る

KL2021・OD・164

アダルトサイトの請求画面を無視して良い理由

既に見たことがある方もいると思いますが、架空請求画面にはたいがい以下のようなことが記載されています。

  • 登録完了などの文言
  • 登録ID
  • 請求額
  • 振込期日
  • 脅し文句(勤務先に報告・期日までの支払が無ければ延滞料を加算する等)
  • 閲覧者が使用している端末の情報(IPアドレス・機種名など)
  • 相談窓口と称した業者の電話番号
  • メール相談・サポートと称した業者のメールアドレス
  • 「あなたは規約に同意したよ!」という嘘の事実の提示(利用規約同意済み~など)

インターネット上での取引を電子取引契約といいますが、消費者(サイト閲覧者)の意思に反して無理やり「登録完了!」などといっても契約は成立しません。

一方的な通知で取引は成立しないから

契約は申込みと承諾により成立しますが、ワンクリック詐欺の請求の場合、当該申込と承諾が成立していない場合がほとんどと思われます(業者からの一方的な通知は申込みでも承諾でもありません。)。

また、仮に申込みと承諾が合致していても、有料サービスであることを知らなかったとか、料金が高額であることを知らなかったとか、サービス内容を知らなかったといった錯誤による無効主張が可能な場合がほとんどです(電子取引については、電子消費者契約法第3条で錯誤要件が緩和されています。)。

要するに、事前にサービスの内容や対価の説明もない状態で、単にクリックしただけでは、契約が有効に成立しないのです。

個人の特定はされていないから

スマホの端末情報に関しては事実であることが多いですが、アダルトサイトの架空請求画面に記載しているような情報というのは、そもそもどんなサイトを見ても管理者側に送られるものです。

プロバイダであれば確かにIPアドレスから個人を辿ることはできますが、仮に架空請求をしていたのが信頼性の高い法人だったとしても、プロバイダが個人情報を教えることはありません。

裁判所を通し開示請求を受けたときしかプロバイダは開示しませんから安心してください。売買契約が成立していない上に、個人を特定することもできない、ここまでわかれば「払わなくていい」ということがわかるでしょう。

アダルトサイトで架空請求画面が出るのはどんなときか

ワンクリック詐欺というからには「一回のクリックで請求画面が出るのか?」という話ですが、実際には何度も何度もリンクを飛びまくり、その結果、架空請求画面が出現するページに飛ぶケースもあるので、「ワンクリック」とは限りません。

実際には何回クリックしたかなどはあまり関係ないことなのですが、架空請求画面が出て来るタイミングはおおむね以下の2つです。

  • 動画再生アイコンをクリックしたとき
  • サイトにアクセスしたとき

アダルトコンテンツを見たい人にとっては、絶対に「そういった画像・動画」を見てやるんだ!という強い意思があります。

ワンクリック詐欺の存在を知っていても、後述するワンクリックウェアの危険性を知っていても、野心の下にはなぜかその判断能力が落ちるようです。

したがってどうみても怪しいリンクであっても、クリックしてしまう人が多いのです。

ワンクリック詐欺における架空請求業者へのベストな対応について

ワンクリック詐欺は、サイト閲覧者の意図に反し、登録した、契約したと思わせる方法です。

暗に、あるいは露骨に閲覧者を不安にし、焦らせてこちらから連絡をさせようとしてきますが、そこで連絡をしてしまうと、向こうはなんとかして払わせようと催促するのです。

こういった「架空請求業者」に対して有効な手段は無視です。法的に契約は成立していませんので、いくら相手がそれらしい理由をつけてきても気にせずに無視してしまいましょう。それだけで終わります。

しかし、犯罪行為というのは巧妙化していくものです。「架空請求は無視すればいい」ということが一般化した結果、架空請求、ワンクリック詐欺においても変化がありました。

なんとか閲覧者側から連絡させようと、「請求画面が消えない」というパターンを生み出したのです。

関連:アダルトサイトの請求は無視してOK|架空請求の対処法

PCのアダルトサイト請求画面を消す方法

PCで架空請求の画面が何度も何度も出現する場合、まずは端末を再起動してみましょう。それでも請求画面が出てきてしまう場合は、ワンクリックウェアというマルウェアに感染していると思われます。

このワンクリックウェアは、アダルトサイトにアクセスがあったとき閲覧者に気づかない内に巧みにダウンロードさせ、PCに侵入するプログラムです。

一度感染しプログラムが実行されてしまうと、トレンドマイクロが提供しているセキュリティソフト「ウイルスバスター」でも対応できなくなります。したがって実行前にプログラムをはじけるよう、日頃から最新のセキュリティソフトを入れておきましょう。

既にプログラムを実行してしまっている場合は、ワンクリックウェア駆除ツールというものがネット上で公開されているのでこれを使ってみましょう。無料・有料のものがありますが、まずは無料のもので試してダメだったら有料のものを検討すると良いかもしれません。

またウイルスバスターで有名なトレンドマイクロからは有料のサービスとして以下のようなものがあります。

参照元:TRENDMICRO おまかせ!不正請求クリンナップサービス

PC1台8,210円と少しお値段がしますが、全くの使い物にならない状態から復帰できるならいいでしょう。

スマートフォンの架空請求画面を消す方法について

ワンクリック詐欺の請求画面は、スマートフォンでは下の画像のような感じで出てきます。

スマートフォンの架空請求画面を消す方法について

場合によっては請求画面を閉じても再度開いた時に請求画面が出てくるように仕組まれています。

面倒ですが請求画面をずっと出しておくわけにもいかないので消しましょう。

こちらではiPhoneとAndroid、それぞれの端末における消せない請求画面の対処法についてお伝えいたします。

iPhoneで架空請求画面を消す場合について

普通にタブを消す方法 | iPhone

ブラウザの画面の下に2つの四角が重なっているタブボタンをタップしましょう。

そうするとタブの一覧が表示されるので、消したいタブの左上にある×マークをタップすれば、タブを消すことができます。

iPhoneで架空請求画面を消す場合について

iPhoneで架空請求画面を消す場合について

「そんなの普通に使ってる時もやってるよ!それでも今回は消せない」という場合もあるでしょう。もちろん今の方法で消せればそれでいいのですが……

「設定」から履歴とWebサイトデータを消す方法 | iPhone

消しても何度でも請求画面が復活してしまう場合は、履歴を消去すれば回復します。

したがってここではiPhoneにおける「履歴を消す方法」をお伝えします。

はじめにホーム画面に行き、設定をタップしましょう。

iPhoneで架空請求画面を消す場合について

次に「設定」に入るとSafariがあるので、Safariをタップ。

iPhoneで架空請求画面を消す場合について

下のほうに履歴とWebサイトデータを消去というのがあるのでタップ

iPhoneで架空請求画面を消す場合について

最後に「履歴とデータを消去」をタップするとcookie・履歴・ブラウザデータの消去に成功します。こうすることで再度、請求画面がでないようになります。

iPhoneで架空請求画面を消す場合について

Androidで架空請求画面を消す場合について

Androidの場合のブラウザの消し方です。

普通にタブを消す方法 | Android

Androidで普通にブラウザのタブを消す方法です。使用している方ならわかると思いますが念のため。

ブラウザはGoogle Chromeです。

下の画像のようにタブボタンを押すと出ているタブが少し引っ込んですべてのタブが表示されます。

Androidで架空請求画面を消す場合について

そうしたら右上の×ボタンをタップするかスワイプをすれば消すことができます。

Androidで架空請求画面を消す場合について

アプリケーションを強制停止する | Android

何度も請求画面が出るとき、Androidの場合はブラウザアプリを強制停止すれば再度表示されることはありません。

まずはホームボタンで戻りましょう。

戻れない場合は端末を再起動します。

Androidで架空請求画面を消す場合について

ホームに戻ったら「設定」をタップし、アプリケーションを選択します。

そうすると使用しているアプリの一覧が現れるので、対象のブラウザのアイコンを選択しましょう。

Androidで架空請求画面を消す場合について

今回はGoogle Chromeを例にしていますので、Google Chromeのアイコンを選択します。

Chromeのアイコンを見つけたらタップし、「強制停止」ボタンをタップすれば完了です。

Androidで架空請求画面を消す場合について

アダルトサイトの利用料などを支払ってしまった場合の相談先

既にアダルトサイトの利用料をすでに支払ってしまった方は、専門機関に相談をしてこれからどうすべきかの指示を仰ぐようにしましょう。

国民生活センター

自分が料金を支払った相手は詐欺業者なのかもわからない場合、まず国民生活センターに相談して、似たような詐欺被害が過去にないかや、詐欺だった場合は今後どうすべきかなどのアドバイスをもらいましょう。

国民生活センター

警察

もし被害額が大きい、詐欺業者から脅迫を受けたと言う事実があれば警察への相談がおすすめです。詐欺師の実態を掴むのはそう簡単なことではありませんが、警察も親身に取り合ってくれるはずです。

警察相談窓口

まとめ | ワンクリック詐欺において心得ておくこと

最後に、このように架空請求画面が出てきてしまった場合について心得ておくこととはなんでしょうか。

  • 架空請求業者からの支払に応じない
  • 架空請求業者に連絡しない
  • あなたの端末情報が向こうに知られるのは当たり前
  • 個人情報を相手に与えないandこれ以上与えない

とにかくワンクリック詐欺において大切なことは架空請求業者に対し「無視をすること」。

直面したとて決して弱気になる必要性はありません。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

数十万~数百万の弁護士費用、用意できますか?

決して安くない弁護士費用。いざという時に備えて弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

離婚、相続、労働問題、刑事事件被害、ネット誹謗中傷など、幅広い事件で弁護士費用の補償が受けられます。

【弁護士費用保険メルシーが選ばれる3のポイント】

  • 保険料は1日あたり82円
  • 通算支払限度額1,000万円
  • 追加保険料0円で家族も補償

保険内容について詳しく知りたい方は、WEBから資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事を監修した弁護士
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤 康二
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。第二東京弁護士会所属。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • アダルトサイト
    色々調べていたらアダルトサイトのサイトにいってしまって登録完了となってしま...
  • アダルトサイトの有料会員登録
    とあるサイトを見ていたら、急に登録完了の文字が出てきて、1日以内に多額のお...
  • アダルトサイトの契約
    最初のページには無料動画と書いていたのに、利用規約に同意をすると年間20万...
  • ワンクリック詐欺かもしれないのに連絡してしまいました
    全く関係ないまとめサイトのようなものを閲覧している時、間違って広告のような...

関連記事

編集部

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。