ワンクリック詐欺にあったら慌てずに試してほしい対処法まとめ

( 4件 )
分かりやすさ
役に立った
この記事を評価する
この記事を評価しませんか?
分かりやすさ
役に立った
弁護士法人ネクスパート法律事務所
寺垣 俊介
監修記事
ワンクリック詐欺にあったら慌てずに試してほしい対処法まとめ

ワンクリック詐欺とは、サイトにクリックしただけなのに、突然料金を請求する画面が現れて支払を促す悪質な詐欺のことをいいます。サイトを閲覧していただけなのに、突然料金を請求されることはよくある話ですが、閲覧をしていたのがアダルトサイトの場合、焦って本当に支払いをしてしまう方もいるようです。

実際にワンクリック詐欺にあったらどのような対処法を行うべきか適切な方法を紹介しながら、ワンクリック詐欺の背景についても考えてみましょう。

ワンクリック詐欺のよくあるきっかけと手口

携帯電話やパソコンを利用している最中に、ワンクリック詐欺に巻き込まれることがほとんどですが、ここでは携帯電話とパソコンを利用中にワンクリック詐欺にあうきっかけと悪質な手口をまとめました。

パソコンでよくあるワンクリック詐欺の手口

まずは、パソコンでワンクリック詐欺にあう手口を紹介します。

 きっかけは広告メールや無料○○サイト

よくあるのがパソコン上で無料動画、無料音楽ダウンロードなどを検索した際に、ダウンロードページに誘導するURLが表示されたり、「ダウンロードはこちら」といった表示画面が出てきます。大抵はこれら外部サイトへの誘導の際にワンクリック詐欺にあうようです。

また、メールやSNSのコメント欄に「無料ダウンロードできます!」などといった言葉と共に、URLを貼ってきて、クリックした瞬間に料金請求ページに誘導する方法もよくある手口の一つです。

携帯電話でワンクリック詐欺にあう手口

携帯電話もパソコン同様に無料ダウンロードサイトから詐欺に繋がるケースが多いですが、近年では携帯電話特有の機能を使い、詐欺を行う手口が流行っているようです。これは、情報処理推進機構でも注意喚起が促されたワンクリック詐欺の手口です。

請求画面を開いたと同時にシャッター音を鳴らして不安にさせる

これは遠隔でシャッター音のような音を再生して、請求画面を開いたあなたの姿を撮影しましたと思わせ、身元が特定されることを恐れてお金を支払わせる手口です。これは遠隔で音を鳴らすことができる不正アプリが動いているだけで、本当にあなたの写真を撮影できているわけではありません。

仮に「あなたの写真が届いていますよ」と言われても嘘ですので信じないでください。

参考:ワンクリック詐欺のシャッター音の仕組みと業者側の狙いとは

 自動的に電話を発信させるサイト

なんらかのサイトに突然登録完了のポップアップが出現し、OKボタンなどを押すと自動的に電話発信画面になる手口も確認されています。これは電話番号を取得し、しつこく連絡するためのものと思われます。

電話発信をキャンセルしても、登録画面完了に戻る画面が出現し無限ループを繰返すため、電話をかけるしかないと思わせることが狙いのようです。

【関連記事】
ワンクリック詐欺で電話をした方が取るべき業者への対処方法
ワンクリック詐欺と思われるメールが送られてきた時の対処法
ワンクリック詐欺の手口と対処方法【スマホユーザー編】

ワンクリック詐欺にあったら慌てずに行う対処法

ワンクリック詐欺にあったら、的確に対処する必要があります。慌てずに冷静に対処することでトラブルに巻き込まれなくなる可能性が上がるでしょう。

とにかく無視する!料金を払わない

ワンクリック詐欺にあっても、料金を支払う必要はありません。料金決済ボタンを押したわけではないのに勝手に請求画面が出ただけの場合は、ただの悪質な詐欺行為ですので、料金は支払わずに、無視してください。

IPアドレスが表示されても気にしない

請求画面にあなたのIPアドレスや携帯電話のキャリアが表示されることがあります。これにより、個人情報がばれている!と不安になる方も多いようですが、IPアドレスとキャリアだけで個人情報を特定することは不可能です。

個人の特定をするには警察や弁護士などの限られたごく一部の人物の手続きが必要になりますので、IPアドレスが表示されても心配なさらないでくださいね。

請求画面をスクリーンショットで保存する

今後、何かのトラブルに発展した際に警察や弁護士に頼ることがあるかもしれません。念のため、料金請求ページ部分をスクリーンショットで保存しておきましょう。

閲覧履歴を削除する

携帯電話の場合、請求画面が出たときに、ブラウザの戻るボタンを押すだけではまたすぐに同じページが出てきます。この場合はアプリやブラウザを完全に閉じて、閲覧履歴の削除を行いましょう。

システムの復元をする

パソコンの場合は、システムの復元を行いましょう。情報処理推進機構では、システムの復元方法を紹介していますので以下からご確認ください。

Windows 7用「システムの復元」実施手順書
Windows 8.1用「システムの復元」実施手順書
Windows 10の「システムの復元」手順(PDFファイル)

参考:情報処置推進機構

どんな脅し文句にも応じない

料金の支払いをせずに無視した場合、もしかしたらメールなどで支払を促す連絡がくるかもしれません。不安に思うかもしれませんが、相手の脅し文句には応じずに、放っておきましょう。あまりにメールが多い場合は、アドレスを変更したり、迷惑メール設定等を行ってください。

連絡がひどい場合は専門機関に相談する

料金の支払いを促す連絡があまりに多い場合や、脅しととれる発言が繰返し行われている場合は、国民生活センターか警察庁が設置したサイバー犯罪窓口で相談しましょう。

法テラス

法テラスでは状況に応じて、無料で弁護士を紹介してくれます。弁護士に依頼する費用については一旦法テラスが立て替えてくれますので、まとまったお金を用意できない方でも後から分割で法テラスに費用を返していくことが可能です。

法的処置を検討している、相手から必要以上に連絡が来て困っている場合は弁護士に相談することで、悪徳業者の違法行為をやめさせたり、脅しが酷い場合は恐喝罪で訴えることも可能です。

またこれらの悪質な手口のせいで損害が生じた場合は、慰謝料を請求することもできますので、まずは一度弁護士に相談してみてください。

法テラス

弁護士

また、法テラスを利用しなくても、知人の紹介やポータルサイトから弁護士を探して相談することもできます。インターネット関連の詐欺事件が得意な弁護士もいますので、まずはインターネットなどで検索することをおすすめします。

【関連記事】

ワンクリック詐欺の相談可能な公的機関とよくある相談事例
ワンクリック詐欺の手口に引っかからないための知識のまとめ
ワンクリック詐欺への警察の対応と被害が知っておくべき対処方法

ワンクリック詐欺にあったら絶対にやってはいけないこと

ワンクリック詐欺にあったら絶対にやってはいけないこと

実際にワンクリック詐欺にあったときは上記で説明した対処法を試してほしいのですが、一方で詐欺にあったときに絶対にやってはいけないことがいくつか存在します。

ここで紹介することは、焦っているが故に間違った対処を行い、結果的にトラブルに巻き込まれることを避けることに繋がりますので、しっかり覚えておいてくださいね。

業者への連絡

何があっても業者へ連絡することは絶対にやめましょう。サイトから誘導して料金請求画面を表示させた場合、この時点で悪質業者側は、あなたの電話番号やメールアドレスなどの個人情報は把握できていません。

しかし、あなたがメールや電話で悪質業者に連絡をすることで、個人情報を入手することに繋がってしまいますので、たとえ不安を覚えても問い合わせの連絡をすることは絶対にやめましょう。

請求に応じる

身に覚えの無い利用料金を支払う必要はありません。相手の思うつぼになるだけですので、不正な請求は応じないようにしましょう。

場合によってはそのままにすると危険

請求は無視するようにと伝えてきましたが、場合によっては無視すべきではない状況もあります。例えば、すでに個人情報を提供してしまい、裁判を起こされた場合などです。

裁判所から書類が届いた際は無視せず必ず目を通してください。その後、裁判に進んだとしても、ワンクリック詐欺による不正請求は裁判で認められることはないでしょう。

詳しくはこちらをご覧ください。参考:ワンクリック詐欺における裁判の実態と提訴された際の対処法

無料サイトをむやみやたらにクリックすることはやめましょう

いくら無料サイトとはいえ、安全性が確立されていないようなサイトをクリックすることはやめましょう。大手レコード会社が配信している無料サービス等ではない限り、無料サイトは怪しいと警戒するべきです。

また、アダルトサイトの無料動画による被害も多いようですので、広告メールや広告ページによるサイトの勧誘には十分気をつけてください。

まとめ

実際にワンクリック詐欺にあい、お金を支払ってしまった場合、お金を取り戻すことは大変難しいです。トラブルを未然に防ぐためにも、こちらでお伝えしたことに気をつけながらインターネットを閲覧していただければと思います。

もし、ワンクリック詐欺にあってしまった場合は、慌てずに対処してくださいね。

Q弁護士に無料で簡単に質問できるって本当?

CTA QAテスト A 「ズバリ、本当です!」
あなたの弁護士では質問を投稿することで弁護士にどんなことでも簡単に質問できます。

この記事を監修した弁護士
弁護士法人ネクスパート法律事務所
寺垣 俊介
2016年1月に寺垣弁護士(第二東京弁護士会所属)、佐藤弁護士(東京弁護士会所属)の2名により設立。遺産相続、交通事故、離婚などの民事事件や刑事事件、企業法務まで幅広い分野を取り扱っている。

この記事を見た人におすすめの記事

この記事を見た人におすすめの法律相談

  • ワンクリック詐欺かもしれないのに連絡してしまいました
    全く関係ないまとめサイトのようなものを閲覧している時、間違って広告のような...
  • ワンクリック詐欺
    無料動画と書かれていた動画を再生しようとしたら、有料会員登録完了とでてきて...
  • ワンクリック詐欺
    ワンクリック詐欺に引っかかり、焦って電話をしたが回線が混みあっていて、繋が...
  • ワンクリック詐欺について
    ワンクリック詐欺と思われるものから請求が来ています。年齢確認の次に進むと、...

関連記事

あなたの弁護士

本記事はあなたの弁護士を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。

※あなたの弁護士に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。
 詳しくはあなたの弁護士の理念と信頼できる情報提供に向けた執筆体制をご覧ください。

※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

インターネットが得意な弁護士を探す