従業員の悪質な不正打刻について。

企業法務
人事・労務

FCコンビニのオーナーをしております。
先日退職する従業員の悪質な不正打刻が発覚しました。
ストアコンピューターに従業員自身で勤怠を登録していただくようになっており、休憩時間についてもご自身で登録して頂く形となっております。
この従業員は30分と休憩を登録しながらも、実際は2時間休憩していました。(1時間半分の時給を多くもらえる)
防犯カメラで確認し、証拠として残っているのは10時間程ですが、親子で働いていた事もあり、2人で協力してやっているので、過去にはもっとあるとと思われます。
問題の従業員は他の従業員に対して、タバコを吸う5分でも休憩に登録しないといけないと指導していたにもかかわらず、自分はしていないので、悪質と捉えました。
わざと仕事を長引かせ残業したり、お金が多く欲しいのだと思います。

退職の理由は、新しく入る従業員が気に入らないとの事です。また廃棄の商品を食べたり、店内で寝ていたり、問題行動が多々あります。退職が決まってからの勤務態度がとても悪く困っています。

退職は決まっているので、有給消化を請求されていて、その分払うのは構いませんが、過去に不正に搾取されてお給料を返還頂く事は可能でしょうか。
また会社としての制裁は退職が決まっているので、特にないかもしれませんが、刑事事件として扱ってもらう事はできるのでしょうか?

相談者(ID:18599)さん

2020年07月28日

弁護士の回答一覧

藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)

お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答は...

お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

>過去に不正に搾取されてお給料を返還頂く事は可能でしょうか。
労働時間と申告している時間の内、相談者さんが休憩時間だと思う時間について、本件では、子細な分析と慎重な対応が必要です。客観的証拠が不可欠です。なお、5分の喫煙時間、トイレの時間を労働時間でないと登録する扱いの方が違法である可能性があります・・・

>会社としての制裁は退職が決まっているので、特にないかもしれません
退職日までの期間に懲戒処分が可能です。

>刑事事件として扱ってもらう事はできるのでしょうか?
難しいです・・・

ただ、何らかの手立てはあるかもしれません。弁護士への直接相談・直接面談によって、良い知恵が得られる可能性が高いと思います。ご検討くださいね。

弊所は、ここ=ネットでは、回答を終えさせて頂き、さらなるご質問は、希望される場合にのみ、有料相談でお受けいたします。応援しています!! お力になりたいと思います。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
藤川 久昭
弁護士(クラウンズ法律事務所)
住所東京都新宿区四谷4-28-20パレ・エテルネル205A
対応地域全国

債務の相談、残業代請求、解雇通知書/理由書のある解雇、怪我の労災の案件については、原則無料相談です。それ以外についてもお電話で有料無料を判断します。

注力分野
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

適性検査の替え玉。懲戒解雇にできるのか?

学歴詐称に準ずるとして、就活時の適性検査を代行業者に依頼して通過した新入社員を懲戒解雇にしようと考えています。

そこで、学歴詐称について調べていたら背信行為であると共に「真実を告知していたならば採用しなかったであろう程の重大な詐称」で無ければ解雇で...

1
0
相談日:2020年11月13日
名誉毀損について

いつもお世話になっております。


さて、大変申し上げにくいのですが
当社工場で勤務してくださっている御社スタッフの○○についてご相談申し上げます。

実は、○○さんの態度によりいささか職場環境に支障が出ております。

先月20日から、男...

1
0
相談日:2019年05月21日
取締役解任についての任期変更問題

現在弊社には、代表取締役の他4名の取締役がいます。
登記では、全て令和1年5月27日重任、令和1年6月12日登記。任期は2年です。
代表取締役(社長)は、この中の1名を、今年6月に任期満了として解任させたいため、登記(定款)の内容変更を司法書士に依頼...

1
0
相談日:2020年04月10日
不採用にした求職者からの暴言メール

開業医です。ある大手の求人サイトと通じて医療事務員を募集しコロナの影響もあり多くの応募がありました。コロナの影響で電話面接のみで、結果が出るまで2週間かかりました。法律上履歴書の返却義務がないのは知ってますが、履歴書の返却はについては各応募者に確認し、返...

1
0
相談日:2020年06月29日
LINEの内容より不正が発覚。そのLINEに証拠力はあるか。

従業員Aの不正について、外部から匿名で告発メールが届きました。

その内容が従業員AのLINEのスクショで、従業員Aが悪徳業者Bに対して会社にとって不都合な情報漏洩をしたといった内容でした。

実際に従業員Aに確認を取ったところ、そのような事実は...

1
0
相談日:2020年11月18日
委託契約書における禁止条項の妥当性

大手企業を定年退職し、ちょうど一年前に人材斡旋会社の紹介で、ある企業の顧問として販路開拓などのお手伝いを始めました。
今、その企業から「今はその人材斡旋会社からのフォローなどは殆どないのに、毎月の顧問(小生)が受け取っている顧問料の約倍額を人材斡旋会社...

1
0
相談日:2019年04月27日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

企業法務に関する法律ガイドを見る