契約書の名前を撮影した写真の有効性について

企業法務
取引・契約

ある会社と技術顧問契約を結ぶかどうかと言う話があります。
ただ、その契約書が、あまりにも相手方に有利になりすぎている契約書であるため、契約を結ぶのを保留にしているのですが、その会社が、ひとまず名前を書いた部分だけを写真に撮っておくってほしいと言われております。

技術顧問契約を結ぼうとしてる会社が、さらに技術提供しようとしてる会社に対して、顧問契約してますよということを示す目的で写真が必要というのが、相手の言い分です。
(この時点で、そもそも、契約がまだ成立していないので、筋が通らないのですが。)

名前の書いた部分の写真を送ることで、契約は成立してしまうのでしょうか?

いったん送られてきている契約書には、相手方のサインはまだありません。

また、こちらとしては、今のままの契約書では、契約するつもりはないので、写真を送ることで契約したことになる、もしくは、不利になるのであれば、送りたくはないのですが、どうなのでしょうか?

ご回答いただければ幸いです。

よろしくお願いします

相談者(ID:18449)さん

2020年07月12日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
白波瀬 文吾
弁護士(白波瀬法律事務所)

名前が書いた部分を写真に撮影して送ることは、確定的に契約が成立したとの証拠にはなりませんが、契...

名前が書いた部分を写真に撮影して送ることは、確定的に契約が成立したとの証拠にはなりませんが、契約が成立したとの推定が働くことにはなりますし、それを示された第三者が関係する契約をした場合などは、本当は契約はなかったのだ、とはいえない可能性が高いです。そのため、あまり勧められる対応ではないかと思います。
もし相手に協力してあげるなら、せめて契約は合意していないがサインだけ送るということをメールなどで明文化しておくべきでしょう。なお、相手が急いでサインを欲しいという事情を利用して、せめてその前にここだけは修正するように、と求めるのも1案だと思います。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
白波瀬 文吾
弁護士(白波瀬法律事務所)
住所大阪府大阪市中央区北浜2-1-21つねなりビル7階
対応地域三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県

【無料初回面談30分】【ビデオ相談対応】離婚・刑事・労働・不動産トラブル等幅広く対応。少しでも楽になっていただけるよう、あなたに合った解決策をご提案!

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon keiji刑事事件
Icon fudousan不動産トラブル
Icon houmu企業法務
Icon kotsujiko交通事故
Icon roudou労働問題
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る
前原 一輝
弁護士(麹町パートナーズ法律事務所)

契約を締結するのを留保している状態であるのに、名前を書いた写真を送るのは控えるべきだと思います...

契約を締結するのを留保している状態であるのに、名前を書いた写真を送るのは控えるべきだと思います。
逆に、急いでいるのであれば、こちらの言い分を聞いて内容を修正するようにと迫る方がいいのではないでしょうか。

契約は契約書が無くても成立するものです。
契約を成立させる意思が無いのに、契約書に名前を書いてしまった場合に、相手方から、契約の成立を
主張されてしまう心配があります。(本来は、相手もそのことを知っていれば、心裡留保として、契約は
成立しませんが、相手がどの様な主張をしてくるかわかりません。)
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
前原 一輝
弁護士(麹町パートナーズ法律事務所)
住所東京都千代田区麹町4-2-1MK麹町ビル8・9階
対応地域全国

【設立30年以上】【休日/メール相談歓迎】【交通事故/誹謗中傷の削除/写真の無断使用】研鑽を積んだ弁護士へお任せ下さい●お問い合わせは詳細ページへ●

注力分野
Icon rikon離婚
Icon souzoku相続
Icon keiji刑事事件
Icon fudousan不動産トラブル
Icon houmu企業法務
Icon kotsujiko交通事故
Icon internetインターネット
Icon saimu借金・債務整理
Icon saiken債権回収
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

現場でのミスに対するペナルティが大き過ぎると思います。

 商業施設内装の施工管理を生業としている者です。
 ロフト付きの区画での内装を行う際に 天井が高い為 区画内に足場を組む必要が有り その部材を搬入する方法として建物の吹き抜けを利用して滑車とロープで吊り上げるという手法を取りました。当初は階段で手揚げす...

1
0
相談日:2020年03月31日
ホームページデータを削除された場合

初めての投稿です。
当方制作会社です。
業務委託したフリーランスの方が、当方のサーバに接続してデータをすべて削除して営業ができない状態になりました。
このような件では働き手(委託先のフリーランス)には、ホームページの消滅した復元する費用、営業できな...

1
0
相談日:2019年07月30日
違反行為に関する誓約書のサインについて

業務委託契約社員として個別指導型のカルチャー教室で働いています。今回、業務委託契約書内に記載のある「受講者との連絡先交換の禁止」に反してしまい、会社側から誓約書のサインを求められています。その誓約書には、連絡先交換に対する損害賠償額が明示されており、また...

1
0
相談日:2019年06月21日
契約

フリーランスで仕事をしています。これから取引するパートナー企業から外部委託契約書が送られてきたのですが、その契約書に書かれている内容が気になっています。

第10条(競業禁止)
乙は、甲の事前の承諾なく、本契約の有効期間中及び本契約終了後2年間は、...

1
0
相談日:2020年02月18日
企業間トラブル

土木工事をする前に
許可申請をしてもらわないといけないため
地元で有名な大手企業に依頼し
申請書の作成等
電気工事を依頼しました

許可締切日までに
書類を提出しておらず
期限が切れてしまい
許可がおりませんでした

単価の計算や...

1
0
相談日:2019年02月20日
業務委託契約書について

個人でネット販売をしております。
今回、出品作業を外注化するにあたり、契約書を交わしたいとおもっております。
そこで、契約期間に関して、いつからいつまで、、と設けず、契約期間はこちらの判断で決めます。。。みたいな事を記載したいのですが、どのような文面...

1
0
相談日:2019年11月15日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

企業法務に関する法律ガイドを見る