個人との取引における不良率について

企業法務
取引・契約

今現在開発中のゲームに使用するイラストを個人の方に発注しているのですが不良率が4-5割で困っています。
もちろん改善要求をしましたが、相手側からは努力している、手を抜いているつもりは無いとこちらで確認出来ない事柄を主張してくるだけで一切進展しませんでした、なのでご相談させてください。

1.不良率の高さで何かしらの金銭の保証をお願いする事は可能でしょうか?
2.このまま話し合いが進展しない場合弁護士様に依頼するしか無いのでしょうか?

相談者(ID:17059)さん

2020年03月27日

弁護士の回答一覧

ベストアンサーに選ばれた回答
過去掲載の弁護士

1 こちらから満たすべき具体的な基準を提示した上で、納品されても基準を満たさなければ再度修正を...

1 こちらから満たすべき具体的な基準を提示した上で、納品されても基準を満たさなければ再度修正を求める、基準を満たした場合に初めて納品が完了したこととし、納品完了後に料金を支払う
といった内容を契約に含めることが考えられます。
2 こちらの要望は、不良のないイラスト作成の履行を求めるというものなので、そもそも能力がない場合やまともに納品する気がない場合、弁護士から依頼しても相手が改善するとは考えにくいです。1のように一定水準以上のイラストが納品された場合にのみ代金を支払う仕組みにするか、そもそも発注先を変更するかによって対応されるべきかと思います。

弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
松田 昌明
弁護士(六甲法律事務所)

前提として、 どのような契約・合意をしているのか、契約書はあるのかによっても変わるところです...

前提として、
どのような契約・合意をしているのか、契約書はあるのかによっても変わるところです。

そもそもイラストの依頼は業務委託契約と考えられますが、
契約書を作成する場合、何をもって納品と言えるのかも明記します。

イラストの不良というものがどういう状態を指しているのかよくわからない部分がありますが、
納品の約束の仕方によっては、その不良品を納品と認めず、受け取らずに対価を払わないという対応も考えられるかもしれません。

ただ、イラストの不良というのが、あくまで発注者の主観的な判断であれば、判断基準が不明確なため、なかなかぞれを理由に何かをいうのは難しいでしょう。

不良かどうかについて、客観的な基準で判断するようにはすべきでしょう、

1について、金銭の保証という意味合いがよくわかりませんが、不良の判断基準を客観的に明確なものとしつつ、不良であれば納品と認めず、対価を支払わないとか、不良率によって支払い対価を変動させるようなん合意をすることは可能でしょう。
逆に相手に保証金として先にお金を出させるというのは、相手が応じれば可能ですが、現実的には難しいでしょう。

2について、話し合いが進展しなければ依頼するしかないでしょうが、まだそこまでの紛争でなく、これからも依頼が続くのであrベア、契約書や合意書の作成のみを弁護士に依頼する方法(紛争解決を代理人として委任するよりははるかに低額)も考えられるとは思います。

内容的に複雑ですし、相談の前提として情報の正確性が必要ですので、
一度弁護士と面談相談された方がいいかもしれません。
弁護士回答の続きを読む
役に立った
0
回答した弁護士のご紹介
松田 昌明
弁護士(六甲法律事務所)
住所兵庫県神戸市中央区明石町48神戸ダイヤモンドビル8階
対応地域滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県

メール相談歓迎●弁護士歴10年●解決事例は写真をタップ●相続を始めとしたお悩みに寄り添い、経験を活かし明快な方針をお示しいたします!

注力分野
Icon souzoku相続
Icon kotsujiko交通事故
Icon roudou労働問題
Icon houmu企業法務
Icon saiken債権回収
Icon fudousan不動産トラブル
この弁護士の詳細を見る

この質問に関連する法律相談

販売者責任等について

個人事業主です。8月16日、仕事で利用する機械を15台約450万円で契約書を交わしました。その前に内金として250万円を渡してありました。9月1日、とりあえず在庫品として5台搬入(5台で約132万円)されましたが、そのうちの2台に不具合が見つかり修理依頼...

1
1
相談日:2019年10月25日
現場でのミスに対するペナルティが大き過ぎると思います。

 商業施設内装の施工管理を生業としている者です。
 ロフト付きの区画での内装を行う際に 天井が高い為 区画内に足場を組む必要が有り その部材を搬入する方法として建物の吹き抜けを利用して滑車とロープで吊り上げるという手法を取りました。当初は階段で手揚げす...

1
0
相談日:2020年03月31日
契約書の名前を撮影した写真の有効性について

ある会社と技術顧問契約を結ぶかどうかと言う話があります。
ただ、その契約書が、あまりにも相手方に有利になりすぎている契約書であるため、契約を結ぶのを保留にしているのですが、その会社が、ひとまず名前を書いた部分だけを写真に撮っておくってほしいと言われてお...

2
0
相談日:2020年07月12日
企業間トラブル

土木工事をする前に
許可申請をしてもらわないといけないため
地元で有名な大手企業に依頼し
申請書の作成等
電気工事を依頼しました

許可締切日までに
書類を提出しておらず
期限が切れてしまい
許可がおりませんでした

単価の計算や...

1
0
相談日:2019年02月20日
ホームページデータを削除された場合

初めての投稿です。
当方制作会社です。
業務委託したフリーランスの方が、当方のサーバに接続してデータをすべて削除して営業ができない状態になりました。
このような件では働き手(委託先のフリーランス)には、ホームページの消滅した復元する費用、営業できな...

1
0
相談日:2019年07月30日
業務委託契約について

フリーランスの語学講師としてある語学学校と新たに業務委託契約を交わすにあたり、一部の条文に同意できないものがあります。オンラインのみのレッスンを提供している語学学校なのですが、<契約期間中は、第三者の語学学校でのオンライン授業を行ってはならない>というも...

2
0
相談日:2020年05月12日

検索しても答えが見つからない方は…

あなたの弁護士に登録されている弁護士たちが、
法律に関するトラブルを抱えた方々のお悩みを
無料でアドバイスいたします。

あなたの悩みを質問してみる

弁護士への相談の投稿には会員登録が必要となります。

フリーワード検索で法律相談を見つける

企業法務に関する法律ガイドを見る