企業法務を得意とする弁護士を検索して法律相談

企業法務の法律相談可能な弁護士一覧

100名の「企業法務」弁護士(1-10名を表示)弁護士の並び順について※弁護士の並び順について

あなたの弁護士では有償登録弁護士を優先的に表示しています。
「有償登録弁護士」とは、有償登録契約に基づき掲載している弁護士を指しています。

また、サイト内で最適な検索および選択ができるよう、以下条件などを総合的に加味して並び順を決定しています。
・ページ内テキスト量、費用・事例の掲載、問合せ数の多寡
・営業日、営業時間内の弁護士を優先表示

企業法務を得意とする弁護士を地域で絞り込む


検索条件を変更して弁護士を探す

地域・分野で検索

地域
分野
検索

どんな弁護士に相談すればいいの?

世の中にはたくさんの弁護士がいます。慣れている人でもないかぎり、その中から一人を選び出して相談をするというのは難しいのではないのでしょうか。

一度きりの相談になるか、今後何でも相談できる弁護士を探しているかなどで、弁護士の選び方は変わります。以下を参考にしてみてください。

企業法務に関するトラブルを解決した実績で選ぶ

企業と企業、もしくは企業と従業員の間でトラブルが起こったときは、『企業法務に関するトラブルを解決した実績のある』弁護士を選ぶのが一番です。

特に、損害賠償請求をするときや、損害賠償請求をされたときは、弁護士の行動によって結果が大きく変わります。

裁判を回避し、示談でトラブルを解決できる可能性もあります。そうなれば結果として弁護士費用も安く済む可能性があります。

人柄や性格で弁護士を選ぶ

企業を経営していく上でのちょっとした気になることや、各種助成金の申請の仕方、従業員の待遇が労働基準法に違反していないかなどを相談したい場合には、人柄や性格で弁護士を選ぶのがおすすめです。

『なんでも相談できる人』として長い付き合いを望むのであれば、やはり人柄は大切です。

事務所の所在地で選ぶ

相談の内容はさておき、『何度も事務所に足を運ぶ必要がある』場合には、職場近くに事務所を構えている弁護士がいいでしょう。

ただ、本当に『事務所が近いだけ』の理由で選んでしまうのは若干不安があるので、一度相談してみて、『信頼できる人かどうか』しっかり見極めましょう。

費用の安さで選ぶ

会社の経営が傾いてしまい、『従業員に対する賃金の支払いが遅延している』場合などは、『弁護士費用の安さ』で選んでしまっても良いでしょう。

『料金を安くしている弁護士 = 腕のない弁護士』というわけではありませんし、『料金の高くしている弁護士 = 腕のある弁護士』でもありません。誤解をしないようにしましょう。

企業法務で弁護士に相談すべきタイミング

弁護士に相談するタイミングは、『早いに越したことはない』のですが、ただ相談をするだけでもお金がかかります。闇雲に相談すればいいというものではないでしょう。

また、『弁護士に相談する = 敷居が高い』というイメージもあるせいか、本当に必要な場面で弁護士相談に踏み込めない可能性もあります。

上記をふまえて、『弁護士に相談すべきタイミング』を紹介します。

従業員からクレームを受けたとき

労働条件や待遇、残業代の支払いなどに関する問題で、従業員からクレームを受けたときはその場でひとまず弁護士に相談した方がいいでしょう。

なぜなら、クレームを受けたにも関わらず、企業が改善の姿勢を見せなかった場合、従業員が民事訴訟を起こす可能性があるからです。そうなる前に『何が問題(法律違反)で何が問題じゃないのか』をはっきりさせる必要があります。

弁護士でないとわからないことを聞きたいとき

会社を経営しているとしても、法律に関してはなんでも知っているわけではありません。色々な場面で悩むことがあるでしょう。弁護士相談は1時間で1万円程度である場合が多いので、もっと気軽に利用しても良いのではないでしょうか。

企業と従業員、もしくは企業と企業との間でトラブルが起きたとき

  • 従業員が不正をした(会社のお金を横領した、社内の機密情報を漏えいさせた、など)
  • 従業員が突然仕事にこなくなったせいで会社に損害が生まれた
  • 取引先の企業からのお金の支払いが滞っている
  • 取引先の企業のせいで会社に損害が生まれた

上記は例ですが、法的なトラブルになってしまった場合、一般人にできることはあまりないかもしれません。弁護士に相談して、弁護士の指示に従うのがベストな選択です。

企業法務でよくあるご相談内容

検索条件を変更する

エリアを絞り込む

得意分野で絞り込む

料金表・解決事例

対応体制

費用・お支払い方法

弁護士の特徴

性別

年齢

弁護士歴