小宮山 優樹 弁護士

( 虎ノ門法律経済事務所 船橋支店 )

  • 初回の面談相談料無料
  • 住所
    千葉県船橋市本町6-4-23 船橋ケイウッドビル302

現在営業時間外

営業時間
09:00〜19:00
備考:事前にご予約を頂ければ休日のご相談も対応可能です。

得意分野

取扱分野:相続

【初回面談無料】【事前予約で休日対応可】土地・不動産絡みの相続トラブルから遺言書作成、財産や戸籍の調査などもフットワーク軽く対応します

◆このような相続のお悩みはございませんか?

  • 財産の中に土地や不動産が含まれていて、分け方に困っている
  • 遺言書に「すべての財産を長男に譲る」などとあり、親族間で揉めている
  • 相続財産に借金もあった…相続放棄できないの?
  • すでに相続人が亡くなっている…別の人間が相続することはできる?
  • 遺言書も財産情報もないので、調査を依頼したい
  • 家族が将来揉めないよう、遺言書を準備しておきたい


これまで良好だった親族との関係が、相続をきっかけにこじれてしてしまった…

このようなトラブルは、残念ながら今も昔も変わらず起きています。

弁護士が間に入って交渉・調整をすることで、問題が長期化するのを防いだり、負担を最低限に抑えたりしやすくなります。

「当事者同士で全て解決しなければならない」ということはありません。

ぜひお気軽に、当事務所までご相談にいらしてください。
 

【虎ノ門法律経済事務所 船橋支店】人気の理由

【初回面談1時間無料】まずはお気軽にご相談ください

当事務所では、初回面談相談1時間無料としております。

・「法律用語に自信がない…」

・「平日や日中に相談に行けない…」

このようなお声もよくいただきますが、ご安心ください。

・難しい法律用語も丁寧に説明いたします

・事前予約で休日・夜間も面談可能です

 

【ご相談者様との向き合い方】お互いの信頼感を大切に

 

私は、ご相談者様とお話をするなかで、「法律的にはそれはできません」とお伝えすることがあります。

法的観点から、このように率直にお伝えすることは必要です。しかし一方で、信頼関係がなければ、ご相談者様はモヤモヤしてしまうでしょう。

問題解決のパートナーとして信頼していただけるよう、ご相談者様が納得できるまでとことんご説明するなど、誠意を持って接しております。

そうして向き合ってきた方々がお悩みから無事に解放された際は非常に嬉しく、やりがいを感じます。

「法律は難しい」
「何から相談すればいいかわからない」

このようなお考えをお持ちの方は非常に多いですが、ぜひ一歩踏み出してみてください。

あなたが1日も早くトラブルから解放されるよう、最善を尽くしサポートさせていただきます。

相続の弁護士費用

下記に掲載中の弁護士費用(税込)は2020年01月18日現在のものです。実際の依頼時にどれくらいの費用がかかるかについては直接弁護士にご確認ください。

初回相談料

初回相談無料

着手金

事案によって異なるため、まずは弁護士にお問い合わせください

報酬金

事案によって異なるため、まずは弁護士にお問い合わせください

相続の解決事例

  • 弁護士が調査から入ることで、気づかなかった多額の財産が発覚!

    女性 50代

    依頼前の状況

    遠縁の親戚がなくなり、「自分が相続人になるかもしれない」という方からの相談。

    依頼後の結果

    まず、ぎりぎり相続人になれるか否か(再転相続、代襲相続も発生)という程度の遠縁であることもあり、他に相続人が存在すれば相談者自身が相続人でなくなることも考えられたため戸籍を丁寧に精査した。

    次に、被相続人が会社経営者であったことから、債務が存在している可能性があったため、相続放棄の熟慮期間(相続を知ってから3か月)の延長を求める申立をし、延長の許可決定を得る。

    その後、各種財産調査により、およそ1億円の預貯金と有価証券があることが判明し、それぞれ相続の手続きを進め、無事遺産相続を完了させる。

  • 【顔も知らない親戚の借金を相続!?】億単位の借金を相続放棄

    男性 40代

    依頼前の状況

    あるとき突然、弁護士から内容証明が届き、会ったこともない遠い親戚(死亡は10年以上前)の相続人であるから、その相続人の数億円の債務を支払えと要求された。

    依頼後の結果

    すぐに相続放棄の手続きをとり、巨額の債務から逃れることに成功。

    なお、この被相続人の遺産の中には不動産も含まれていたところ、債務それ自体が時効にかかっており、相続したうえで、時効を援用して、不動産を取得(抵当権が設定されていたが,主債務が時効消滅すれば抵当権も消滅するため何らの制約もない不動産を取得することができた)するといったことも考えられたが、欲をかいてリスクを負いたくないとの相談者の意向で、端的に放棄の手続きを選択した。

  • 【2000万円の請求を阻止】預金の使い込みを指摘されたケース

    女性 40代

    依頼前の状況

    相談者自身は相続人ではなかったものの、亡くなる前から正式な委任を受けて報酬を受け取りつつ、身の回りの世話や財産の管理をしていた。

    やがて、亡くなって相続が発生した直後、相続人らから、報酬や財産管理について根拠・権限がないとして2000万円近い請求がされたケース。

    依頼後の結果

    遺産の全容を根拠に基づき把握し、不正な着服および使途不明部分がないことを文章や表に整理して明らかにした書面を相続人らに送付したうえで、相続人らと交渉に臨む。

    納得しない相続人とは激しいやり取りも発生したが、結局、請求を断念した。

    相手方が諦めてしまったため合意書の作成には至らなかったものの、事実上、遺産に含まれるべきとされた報酬等の全額の請求を阻止することに成功した。

小宮山優樹弁護士に問い合わせする
電話での問合わせはこちら

050-5267-8065

営業時間

09:00〜19:00(月曜/火曜/水曜/木曜/金曜)

定休日

土曜/日曜/祝日

備考

事前にご予約を頂ければ休日のご相談も対応可能です。

問い合わせはコチラへ

まずはお気軽にお問い合せください

只今の時間は営業時間外です

050-5267-8065

当事務所は本ページに掲載中の弁護士のほか、複数の弁護士が在籍しており、お問い合わせには所属の弁護士が対応する場合がございます

対応体制

  • 当日相談可能
  • 土曜日の相談可能
  • 日曜・祝日の相談可能
  • 女性スタッフ在籍中
  • 24時間面接予約受付
  • 初回の面談相談料無料